スカーフェイス・ウォールを登るブリタニー・グリフィス。ユタ州インディアンクリーク
ANDREW BURR

インタラクティブ動画を体験しよう

An Interactive Film Experience

2016年12月、オバマ前大統領は未来の世代のために、古文化財保護法令上の権限を行使してベアーズ・イヤーズを国定記念物に指定しました。 しかし議員たちは民営化と開発を支持し、この指定を取り消そうとしています。文化的に豊かでレクリエーション的に壮大な風景を守り、「公共の土地を公共の手のなかに」入れておくことが不可欠です。

探検し、行動を起こそう
(英語サイト)

マイクロ・パフ・フーディ
パタゴニアの製造史上、最も軽く、最もコンパクトに収納可能なインサレーション入りジャケット

「ノース・アメリカン・ウォール」初登中にブラック・ケーブでビバークするロイヤル・ロビンスと、(下から覗いている)イヴォン・シュイナード。カリフォルニア州ヨセミテ、エル・キャピタン。1964年。<br ?>CHUCK PRATT
「ノース・アメリカン・ウォール」初登中にブラック・ケーブでビバークするロイヤル・ロビンスと、(下から覗いている)イヴォン・シュイナード。カリフォルニア州ヨセミテ、エル・キャピタン。1964年。
CHUCK PRATT

ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで
by イヴォン・シュイナード

「ロイヤルはアメリカのロッククライミングの黄金時代の先駆者だった。私は彼のことを、クライミング・パートナーとして、親しい友として、記憶にとどめる。彼を知っていた誰もが、彼の頑固さと生涯の高潔さを思い起こすことだろう」

「シャットアイ」で寝ている場合じゃないと悟るブリッタニー・グリフィス。 SONNIE TROTTER
「シャットアイ」で寝ている場合じゃないと悟るブリッタニー・グリフィス。
SONNIE TROTTER
急勾配の学習曲線。冬のあいだのボルダリングとオーバーハングのスポーツクライミングで力をつけ、険しく容赦のないリーニング・タワー西壁をフリーで登るケイト・ラザフォード。カリフォルニア州ヨセミテ国立公園 KEN ETZEL
急勾配の学習曲線。冬のあいだのボルダリングとオーバーハングのスポーツクライミングで力をつけ、険しく容赦のないリーニング・タワー西壁をフリーで登るケイト・ラザフォード。カリフォルニア州ヨセミテ国立公園
KEN ETZEL
Patagonia Climbing Ambassador Kate Rutherford

ケイト・ラザフォード

ケイトはアラスカ遠隔地の一家のキャビンにある空中ブランコのおかげでクライミングを愛するようになった。電気も水道もない暮らしは、登ってぶら下がる時間をたくさん与えてくれた。正式にクライミングを覚えたのはコロラド大学在学中だが、ヨセミテを訪れたことがすべてを変えた。今日では、長いクラックをフリーで登ることに夢中だが、ジュエリー作りやフライフィッシングのガイドの仕事も楽しんでいる。

ケイトについて詳しく読む