ショッピングカートに追加しました

デニム

パタゴニアのデニムはGMO(遺伝子組み換え)の種子、化学肥料、殺虫剤/除草剤を一切使用していない、オーガニックコットン100%素材で作られています。それらに革新的な染色処理を採用することにより、水とエネルギーと化学薬品の使用量と二酸化炭素の排出量を、従来のデニム染色工程に比べて大幅に削減することが可能になりました。さらに縫製はフェアトレード・サーティファイドの認証済みです。

オーガニックコットン
デニム生地は天然繊維であるコットン製です。しかし一般的な農法で栽培されるコットンは地球上で最も汚れた作物のひとつです。だからパタゴニアは1996年以来、従来の合成肥料や殺虫剤や除草剤を使わない有機農法で栽培されたオーガニックコットンだけを使用してきました。従来農法のコットンに使用される化学物質は水や空気を汚染する可能性があります。オーガニックコットンの栽培にはGMOの種子は使用されず、害虫駆除には天然ベースの対策を導入して健全な土壌を育成します。パタゴニアではすべてのデニム・ジーンズに、オーガニックコットンのみを採用しています。

染色
染色工場の大半は、デニム特有の青色を出すために、大量生産の過程で多量の水とエネルギーを消費する合成インディゴを使用して生地の染色をしています。合成インディゴはデニムに付着しにくいため、染める、すすぐ、洗うといった製造の過程で、資源を過剰に使用するのです。私たちもかつては合成インディゴを使用してパタゴニアのデニムを着色していましたが、現在では硫黄を染料に含ませて色素定着を促進させる革新的な染色工程である、アークロマ社のアドバンスト・デニム・テクノロジーを採用しています。この結果、製造過程は短縮され、従来の染色工程に比べて水の使用量を84%、エネルギーの使用量を30%、二酸化炭素の排出量を25%も削減しました。そしてパタゴニアのデニムは古着に見せるためのサンドブラスト、ブリーチ、ストーンウォッシュなどはしないため、そうした加工にまつわる深刻な社会的および環境的問題も回避しています。

フェアトレード・サーティファイド・ソーイング
パタゴニアのデニム・ジーンズの縫製はフェアトレード・サーティファイド(公正取引)の認証済みです。フェアトレードUSAとの提携は、衣料製造に携わる労働者たちが生活賃金に近づくよう手助けする方法のひとつです。フェアトレード・サーティファイド製品のひとつひとつにパタゴニアは賞与を支払い、それはそれに携わった労働者たちが彼らのコミュニティと生活水準を改善するために利用されます。このお金の使い道は労働者たちが同意して決定。学校や医療センターの建設に充てたり、奨学金として使ったり、ボーナスとして支給したりとその選択はさまざまです。

アークロマ社のアドバンスト・デニム・テクノロジーの詳細はこちらをご覧ください。

素材とテクノロジー

素材とテクノロジーについてさらに見る