ショッピングカートに追加しました

ハーベスティング・リバティ
(自由の収穫)

アパラチアの片田舎に、アメリカの土壌で産業用ヘンプの栽培を合法化するために連邦議会と戦う一人の退役軍人がいます。しかし彼の取り組みは単一の作物にかぎらず、その土地らしさを回復し、家族経営の農家に存続の危機に瀕した生活様式を維持する新しい機会を与えることです。

play icon

この映画について

繊維の栽培を再生させるために尽力する非営利団体〈Fibershed〉は、パタゴニアの環境助成金を使って、アメリカでの商品作物としての産業用ヘンプの再導入のための実質的な支援を提供しました。ダン・マロイ監督、ケンタッキー州およびワシントンD.C.での撮影による『ハーベスティング・リバティ(自由の収穫)』は、農夫であり、父親であり、退役軍人であるマイケル・ルイスを紹介し、小規模の家族経営の農場のためのより明るい未来を作る手助けになる国の過去にとって、この植物がどのくらい大切であるかを明らかにします。

農業を通じて、ふたたびつながる

by ダン・マロイ

10年前、インドネシアへ向かう17時間の飛行の直前、僕は何かためになる読み物を探そうと雑誌の並んだ巨大な壁の前に立っていた。僕の視界はきらびやかなあの世、途方もない見出し、砂糖にまみれたおやつ、そして自己啓発書で圧倒されていた。しかし後の方に追いやられていた『The Sun』という、薄く広告のない白黒の雑誌が僕の目を引いた。

そこには後に僕らの映画『ハーベスティング・リバティ(自由の収穫)』のきっかけとなった、ウェンデル・ベリーという著作家兼農夫のインタビューが掲載されていた。ベリーは工業化農業が僕らの社会に「ある種の文化の記憶喪失」を招いていることを明確に説明していた。すなわち、食物を栽培する人びとと(それを食する)僕らのあいだに作られた隔たりは計り知れないダメージをもたらしていると。

The-Future-Is-Wild

ベリーとその仲間たち(ウェス・ジャクソン、ヴァンダナ・シヴァ、ゲーリー・スナイダーなど)に、この世界における僕の居場所についての見解は変えられた、といっても過言ではない。スナイダーが言ったように、彼らは「惑星に自分の居場所を見つけ、そこに腰を据え、そこから責任を取る」ように僕に挑戦した。

いまでは健康な食事と繊維のシステムへ意図的に参加することは、何かに反対して闘うことではなく、同じ目的のために働くことを要する行動主義への関与だと見なすようになった。そしてそれにより官僚制をも削減される。

『ハーベスティング・リバティ』では、農業を通じて意義ある方法でふたたび地域と自然世界に繋がることに献身するマイケル・ルイスとレベッカ・バージェスという2人の仕事とビジョンを撮影する、素晴らしいチャンスに恵まれた。

この旅に同行し、先進的な田舎者かつ先見者であるマイケル・ルイスを紹介してくれたレベッカ・バージェスに深く感謝している。また子供を育て、農業を営み、大学を終えるという忙しい暮らしのなかに僕ら(そして僕らのカメラ)を歓迎してくれたルイス一家にもお礼を言いたい。

全写真: DONNIE HEDDEN