防水性ウェアや中綿入りウェアも、通常の洗濯物と同様にご家庭で洗濯いただけます。

テクニカルウェアの洗濯方法

使用中の製品には汗や皮脂、また大気中の汚れなどの目に見えない汚れが付着しており、汚れが付着していると撥水性や透湿性が低下します。さらに防水性素材の場合は、早期劣化の原因になるなど、製品の機能や耐久性を損なうことにつながります。

製品本来の機能が十分に発揮された状態でご使用いただくためには正しいメンテナンスが必要です。外でのアクティビティや雨天での使用後は、その都度洗濯していただくことをお勧めします。また市販されている衣類専用の消臭剤は、一時的ににおいの原因を固める効果はありますが、根本的な汚れは蓄積されたまま残っています。日常着としてお使いの場合でも定期的に洗濯してください。

通常の洗剤をお使いいただけます。ただし漂白剤や柔軟剤、蛍光増白剤、またこれらを含む洗剤はご使用にならないようお願いしています。せっけん洗剤をご使用になる場合は、せっけんカスが残らないよう、ぬるま湯でしっかりすすぎを行ってください。ダウン製品を洗濯する際は必要な油分を残すため、中性洗剤もしくは弱アルカリ性の洗剤をご使用ください。パタゴニア直営店およびオンラインショップでは以下の洗剤を販売しています。

テクニカルウェア(防水性ハードシェル、ソフトシェル、化繊のインサレーションなど)のお洗濯: グランジャーズ・パフォーマンスウォッシュ
ダウン製品のお洗濯: グランジャーズ・ダウンウォッシュ

グランジャーズについて詳細を見る

ファスナーやテープ留めを閉じ、通常の洗濯物と同様に洗濯機で洗ってください。とくに汚れがひどい部分は、あらかじめ手洗いしたうえで、洗濯機で洗ってください。手洗いの際は40~50℃程度のお湯をお使いいただくと、しつこい皮脂汚れに効果的です。洗剤成分がウェアに残ると撥水加工に影響を与えますので、しっかりとすすぎを行ない、成分を残さないようにしてください。なお防水性素材は水を通さないので、生地や洗濯機に負担がかかる場合があります。脱水はしないか、もしくはごく短時間のみ行ってください。

通常の洗濯物と同様に乾燥機(低温)をご使用いただくか、自然乾燥させてください。

ダウン製品については、乾燥機で十分に乾燥させることが理想的です。まんべんなく乾燥させるため、一度に乾燥させる枚数は1~2枚としてください。ダウン製品を乾燥機に詰め込み過ぎると、乾燥機内の温度が上昇し、製品にダメージを与える原因となる場合がありますので十分にご注意ください。乾燥時のコツはきれいなテニスボールを数個、乾燥機に一緒に入れ、たたきながら乾燥させるような状態を作り出すことです。ボールがウェアをたたくことによって膨らみが戻り、ロフトが戻ります。乾燥機がない場合は、平干しで乾燥させてください。
※ テニスボールが無い場合や平干しで乾燥させる場合は途中でウェアを何度かたたいてください。

吸湿発散性を備えた製品を洗濯する際は、柔軟剤を使用しないでください。柔軟剤は、吸湿発散加工を施した繊維が体からの水分を吸収して外に出す働きを妨げ、本来の機能を低下させる可能性がありますのでご注意ください。

撥水性のメンテナンス方法

弊社製品には、非常に耐久性の高い撥水加工を採用しております。ご使用時の摩擦や汚れなどで一時的に低下した撥水性も、正しいお手入れをすることにより復活します。

◇洗濯で汚れを落とし、洗剤成分が残らないようしっかりとすすぐ
◇乾燥機で乾かす

熱を加えることにより撥水性が復活しますので、乾燥機がない場合には、あて布をして低温でアイロンをかける、ドライヤーで熱風をあてる等の方法も有効です。

長期にわたって製品をご使用になった場合、本来耐久性のある撥水加工も取れてしまうことがあります。上記の方法でも撥水性がよみがえらないときは、撥水剤等をお使いになることをおすすめします。パタゴニア直営店およびオンラインショップでも撥水剤を販売しています。

※ 撥水剤をご使用になる際は、あらかじめ製品全体の汚れをしっかりと落としてください。汚れが生地に残ったまま撥水剤を使用すると、汚れが落ちにくくなる場合があります。

グランジャーズ・クロージングリペルを見る

グランジャーズについて詳細を見る

シミの落とし方

シミの部分に直接洗剤をつけて洗ってください。しつこい汚れや皮脂汚れは40~50℃程度のお湯ですすいでください。それでも落ちない場合は洗剤を含ませたスポンジ等で軽くこすってください。なお、洗剤は通常のものをお使いいただけます。

ガムや樹液がウェアに付着した場合、まず氷などで冷やして固めた後、バターナイフ等のあまり尖っていないもので削り取ります。できる限り削り取ったらお酢の水溶液に浸した後、洗剤を加えたぬるま湯で洗濯機で洗ってください。

化学繊維製品に関するご注意

シンチラなどのフリース製品、キャプリ-ン加工ポリエステル、シェル素材などの化学繊維は、他の化学繊維と同じように難燃性素材ではありません。熱源や火に直接近づけると溶けたり、燃える恐れがありますのでご注意ください。

製品の保管について

製品を長期間保管する際は、洗濯をしてしっかりと乾燥させた後、湿気の少ない乾燥した場所に保管してください。汗や体脂、溶剤、油性ローション、虫除けスプレーが付いたままの状態、そして湿気のある場所での長期保管は防水透湿性シェルのバリヤーなどウェアのさまざまな機能に悪影響を与えます。製品の機能を長期間もたせるために保管する際は以下の点にご注意ください。
1) 汗や体脂、日焼け止め、ローションや虫除けをついたままにしないこと。
2) 定期的にやさしく洗うこと。
3) 直射日光のあたる場所、車内など高温になる場所、濡れた場所、湿気のある場所に保管しないこと。
4) 防虫剤などの薬品を使用する場合、製品に直接触れないようにすること。

ダウン製品や化繊綿入りのウェア等ハイロフト製品を長期間保管する際は、スタッフサックには入れずに保管してください(スタッフサックは一時的な収納にご使用ください)。

エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカの洗濯方法

エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカは非常に特別なウェアであり、これから長年にわたりその素晴らしい役目を果たすことでしょう。しかし、その卓越したロフトと撥水性を保ち、そして高めるためには、適切な洗濯と手入れが必要です。

エンカプシル・ダウン・ビレイ・パーカの洗濯について詳細を見る (PDF)

ウェーダーのお手入れと修理

度重なる酷使によりウェーダーに穴が開いたり破れてしまった場合は、「ウェーダーの取り扱いと保証」(PDF)をお読みください。簡単にできる修理方法をご紹介しています。

さらにウェアを長持ちさせるためのお手入れ方法

普段であればパタゴニア製品にはアイロンがけの必要はありません。しかしガールフレンドの両親との食事会で好印象を与えたいという場面には、ボルダリング後のパンツのしわは伸ばすべきかもしれません。そんなときはまずウェアに付いている取り扱い表示のラベルで、アイロンがけに適した製品であるかどうかを確かめましょう。アイロンの記号に×印が入っている場合は、アイロンがけはしないでください。

赤ワインをこぼしたら、なるべく早く対処してください。まずは2カップの水に大さじ1杯の酢と大さじ1杯の液体洗剤を入れ、シミを落としてみてください。乾いたきれいな布でたたき、シミが落ちたらそのウェアの取り扱い表示ラベルに従って洗濯してください。

もしそれでもシミが落ちない場合は、グラスにもう1杯赤ワインを注ぎ、シミのことは忘れましょう。

エチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコールは、石鹸や洗剤で落ちないインクや樹液などのシミを取り除くのに効果的です。どちらも多種の素材に使用できますが、アセテートやレーヨン、ウール、シルクには使用しないでください。

頑固なシミを取り除くには、脱脂綿または綿布をエチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコールは数滴で湿らせ、まずウェアの目立たない部分で試します。アルコールが乾いた時点で変色が認められなければ、別の脱脂綿を湿らせてシミの部分をこすり(その際に生地を湿らせすぎないように注意)、アルコールが乾くまで待ちます。それから食器用洗剤を少量垂らしてシミが消えるまでこすり(織り素材には歯ブラシの使用も可)、温水ですすいだらきれいなタオルで押さえて水分を吸い取ってください。

ショッキングなインクのシミはエチルアルコール(エタノール)やイソプロピルアルコール、あるいはレモン汁を使って数回試せばシミは落とせます。まずは脱脂綿または綿布をアルコールまたはレモン汁数滴で湿らせ、ウェアの目立たない部分で試します。アルコールが乾いた時点で変色が認められなければ、新しい脱脂綿を湿らせてシミの部分をこすり(その際に素材を湿らせすぎないように注意)、アルコールが乾くまで待ちます。それから食器用洗剤を少量垂らしてシミが消えるまで歯ブラシでこすり、温水ですすいだらきれいなタオルで押さえて水分を吸い取ってください。

長いロードトリップの最中に車やトラックの下に潜り込む事態に遭遇したら、好むと好まざるとに関わらずオイルシミは覚悟しなければなりません。幸いにも油シミはわりと簡単に素材から落とすことができます。液体洗剤を溶かした温水でウェアを洗濯すればたいていのシミは消えますが、消えない場合は、洗剤入りの温水で洗う前にエチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコールで頑固なシミをたたいてみてください。

中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください。

カシミアは中性洗剤を使って冷水で手洗いしてください。温水で洗剤を溶かした場合は、冷めてからカシミア製品に使用してください。洗面器などに水と洗剤を入れ、製品を静かに浸してやさしくかき回してください(激しくかき回したり、ねじったり、こすったりは不可)。よく浸したあと、水ですすいでください。すすぎ水がきれいになったら製品をやさしく絞って余分な水を切ります。それから平らな場所に乾いたタオルを敷き、その上で自然乾燥させます。乾燥させる前に、大きさと形を整えてください。

カシミアに付いたシミは、酢やレモン汁などの天然のシミ抜き剤を使って部分洗いすれば落とせます (使用前にはまず目立たない部分で試してください)。

一般のほとんどの化繊と同様、パタゴニアのシェルやフリース、キャプリーン素材は火や熱に直接さらされると熔解または燃焼を起こします。これらの素材は難燃性ではありませんので、火や熱源のそばでは絶対に使用しないでください。

外れたボルトを塞いでボートの浸水を防いだり、ウォーターボトルの穴を埋めたり、核心部のリードに集中するときに口の乾きを癒したり…ガムは何かと役立ちますが、ウェアにひとたび付着するとじつに厄介です。そんな場合は冷やして固め、ブラシをかけるか削ったりして生地から取り除いてください。必要に応じて数滴のエチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコールを染み込ませた脱脂綿または綿布で湿らせてから、洗剤を入れた温水で洗濯してください。

キャプリーン製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください (吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

油シミを落としたい場合はまず、洗濯機で洗う際に粉末洗剤ではなく液体洗剤(良質の食器用洗剤が最適)で試してみてください。それでも油シミが落ちない場合は、エチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコール数滴で湿らせた脱脂綿または綿布で、シミをこすって油脂を分解させてから通常の洗濯をしてください。

テクニカルニット製品の防臭加工はアウトドア衣料業界において、もはや常識となっています。パタゴニアが採用しているグラディオドー防臭加工は、使用前と洗濯後どちらもくまなくその機能性がテストされています。私たちのラボでのテストを合格するには、洗濯を50回したあとでも加工が有効でなければなりません。

グラディオドー防臭加工済みの製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水~温水で洗濯することをおすすめします。乾燥はできるだけ吊り干しし、乾燥機を使用する場合は低温に設定してください(吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

血液のシミは可能なかぎり、付着したらすぐに冷水ですすいでください。すすいだあとは塩水にたっぷりと浸します。血液が乾いてしまった場合は、通常の洗濯をする前にアンモニアを溶かした水に浸してみてください。お湯は逆に血液を固着させてしまうので使わないでください。

ゴアテックス素材の機能性を最大限に発揮するためには、汚れやサンスクリーン、体脂、汗などをきれいに落としてください。

ゴアテックス製ウェアは温水(40℃)と中性洗剤を使用して、洗濯機で洗濯してください。洗剤が残らないようにしっかりとすすぎ、柔軟剤は使用しないでください。

中温の乾燥機で乾燥してください(自然乾燥の場合は、日陰で吊り干し)。乾燥機の熱はウェアの表地に施したDWR(耐久性撥水)加工を復活させる効果があります。乾燥機を使わないときは、アイロンも効果的です。ウェアが完全に乾いてから、低温(80~120℃)であて布をしてアイロンをかけてください。

水滴がシェルの表面で弾かなくなったら、撥水加工を補充させるときです。DWR加工の補充はシーズン毎に1回か、使用と洗濯が頻繁に繰り返されたウェアにはそれ以上の回数をおすすめします。パタゴニアで奨励しているのはグランジャーズですが、他にも良質の撥水剤は多数市販されています。どんな撥水剤を選ぶにしても、ゴアテックス素材にはスプレー式のものを必ず使用してください。

テクニカルウェアから油脂を落とすには、シミ部分を濡らして食器用洗剤を擦り込み、中性洗剤をたっぷりと使って温水で洗濯します。それでもシミが残っている場合は、シミ抜き剤を含ませたスポンジを使ってみてください。

ウェアに付着したガムや樹液はまず氷で冷やして凍らせ、刃の丸いバターナイフなどでできるだけ削り落とします。次に酢を溶かした水に浸し、最後に温水と洗剤で洗濯します。

ゴア社のウェブサイトでもお手入れ方法の詳細をご覧いただけます。

オーガニックコットン製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水~温水で洗濯してください。乾燥はできるだけ吊り干しし、乾燥機を使用する場合は低温に設定してください(吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

夜明け前のスタートや深夜のドライブで眠気覚ましとなるコーヒーは、シャツにこぼした途端に違った意味での目覚ましとなってしまいます。コーヒーのシミを落とすには、まずきれいな布やタオルで余分な水分を吸い取ってください。約1リットル弱の温水に小さじ2分の1杯の食器用洗剤と大さじ1杯の酢を混ぜた溶液に、シミを15分間浸します。その後水でよくすすぎ、アルコールで湿らせたスポンジを使ってシミをたたいたら、洗剤を溶かした温水で洗ってください。

通常パタゴニア製品には柔軟剤の使用はおすすめしていません。オープン織り構造のウェアにおいては縫い目の滑脱の原因となったり、耐久性の低下の原因となります。

パタゴニア製品の洗濯方法は、ウェアの内側に付いた白いタグにプリントされています。これらの洗濯方法に従うことは、お手持ちの製品の実用的な寿命の延長につながります。ほとんどの場合、パタゴニア製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して冷水あるいは温水で洗濯し、吊り干しでの自然乾燥が最適な洗濯方法です。

ダウン製品は洗濯機(ドラム式ならなお可)を使用し、中性洗剤もしくは弱アルカリ性の洗剤と冷水で洗濯してください。ロフトを復元するためにきれいなテニスボールを2~3個一緒に乾燥機に入れ、低温または冷温で(必要に応じて数回)乾燥させます。ダウン製品には漂白剤、アイロン、柔軟剤は使用しないでください。

ノートラックのパウダーをたっぷり滑ったあとのチョコレートは最高に美味しく、たいてい何とでも相性がいいもののウェアとは合いません。まず余分なチョコレートをできるだけ落とし、次に牛乳または卵黄とエチルアルコール(エタノール)の混合液に数分浸します。シミがはがれはじめたら、洗剤を溶かした温水でウェアをよく洗います。

DWR(耐久性撥水)加工はウェアの表地から水分が浸透するのを防ぎます。パタゴニア独自のデリュージDWR加工は一般的なDWR加工よりも顕著に長持ちしますが、その機能性を最大限に引き出すためには正しいお手入れが必要です。

水滴がシェルの表面で弾かなくなったら、撥水加工を補充させるときです。DWR加工の補充はシーズン毎に1回か、使用と洗濯が頻繁に繰り返されたウェアにはそれ以上の回数をおすすめします。パタゴニアで奨励しているのはグランジャーズですが、他にも良質の撥水剤は多数市販されています。どんな撥水剤を選ぶにしても、2層構造のウェア(ハンギングメッシュのライナー付き)にはスプレー式のもの、3層構造のウェア(内側の素材がバリヤーを保護)には洗濯式のものを必ず使用してください。

ロードトリップではウェアがしわくちゃになることを念頭に、パタゴニアでは着用と洗濯に手のかからないウェアをデザインし、ドライクリーニングを要する製品の製造はしていません。さらにEPA(米国環境保護局)によると、アメリカの85%のドライクリーニング店がパークロロエチレンを衣料品や繊維製品の洗浄に使用しており、この化学溶剤は人体と環境に深刻なリスクをもたらします。パタゴニアはそうしたものが無用なうえ、美しい装いと機能を失わないウェアを製造しています。

ナイロン製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯機で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください。

バターはトーストには最高の組み合わせですが、ウェアには合いません。このありがちな失敗には多くのシミ抜き方法がありますが、私たちは最もシンプルな方法をおすすめします。まず余分なバターを取り除き、良質の食器用洗剤をつけてから、いつも通りに洗濯してください。あるいは洗濯用洗剤と水でペーストを作り、シミに擦り込み30分放置してから洗濯するという方法もあります。

市場のほとんどの防水性/透湿性シェルには、製造段階でDWR(耐久性撥水)加工が施されています。表地から水分が浸透するのを防ぐこのコーティングは、透湿性バリヤーの働きを促進するためにもシーズン毎に1回、あるいは使用が頻繁に繰り返されたウェアにはそれ以上の補充が必要です。水滴がシェルの表面で弾かなくなったら、撥水加工を補充させるときです。DWR加工の補充はシーズン毎に1回か、使用と洗濯が頻繁に繰り返されたウェアにはそれ以上の回数をおすすめします。パタゴニアで奨励しているのはグランジャーズですが、他にも良質の撥水剤は多数市販されています。どんな撥水剤を選ぶにしても、2層構造のウェア(ハンギングメッシュのライナー付き)にはスプレー式のもの、3層構造のウェア(内側の素材がバリヤーを保護)には洗濯式のものを必ず使用してください(ゴアテックス素材は必ずスプレー式のものを使用してください)。

ビールのシミは簡単に落とせます。酢を温水に溶かし、シミにかけてこすったあと、通常の洗濯をしてください。これでヨセミテの「アストロマン」を初めて登ったあとにじつはどんな夜を過ごしたかなど、だれも知る由もないでしょう。

プリマロフト素材を使用した製品は中性洗剤で、弱水流コースに設定した洗濯機で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください。

高山でのボルダリングの報酬のひとつは、酸味のきいたブルーベリーを道中で摘めること。ブルーベリーのシミはレモン汁に浸け、冷水でよくすすいだあとにさらに温水ですすげば落とせます。

ヘンプ製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯してください。乾燥はできるだけ吊り干しし、乾燥機を使用する場合は低温に設定してください (吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

ポーラテック・パワー・シールド・プロ素材を使用した製品は、中性洗剤を使用して常温水で洗濯してください。乾燥機で低温乾燥するとDWR(耐久性撥水)加工が向上します (吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

ポリエステル素材は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、温水で洗濯してください。乾燥はできるだけ吊り干しし、乾燥機を使用する場合は低温に設定し、しわになるのを防ぐために乾燥後はすぐに乾燥機から取り出してください。

ポリエステル素材からシミを落とすには、まずシミに食器用液体洗剤を数滴垂らし、シミが浮き上がってくるまでこすります。それからきれいな水でよくすすいでください。

ポリエステル・メッシュ素材は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、温水で洗濯してください。乾燥はできるだけ吊り干ししてください。

ポリエステル・メッシュ素材からシミを落とすには、まずシミに食器用液体洗剤を数滴垂らし、シミが浮き上がってくるまでこすります。それからきれいな水でよくすすいでください。

ポリエステル素材またはポリエステル混紡素材は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、温水で洗濯してください。乾燥は吊り干しするか、乾燥機を使用する場合は低温に設定し、しわになるのを防ぐために乾燥後はすぐに乾燥機から取り出してください。

シミを落とすには、まずシミに食器用液体洗剤を数滴垂らし、シミが浮き上がってくるまでこすります。それからきれいな水でよくすすいでください。

ポリエステル/オーガニックコットン混紡素材は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯機で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください。

オフィスで忙殺された日の終わりなどにかぎって、ボールペンからいつのまにか漏れたシミに気づいて落胆した経験のある人も多いはず。そんなときはエチルアルコール(エタノール)やイソプロピルアルコール、あるいはレモン汁を使って数回試せばシミは落とせます。まずは脱脂綿または綿布をアルコールまたはレモン汁数滴で湿らせ、ウェアの目立たない部分で試します。アルコールが乾いた時点で変色が認められなければ、新しい脱脂綿を湿らせてシミの部分をたたきます。さらに別の乾いた脱脂綿でインクが素材から吸い上げられなくなるまで押さえ、アルコールが乾くまで待ちます。それから食器用洗剤を少量垂らしてシミが消えるまで歯ブラシでこすり、温水ですすいだらきれいなタオルで押さえて水分を吸い取ってください。

ロードトリップ中にウェアやギアに松ヤニが付着しているのを発見したら、コーヒーショップなどでトーストに付くバターを余分に拝借しましょう。タールや樹脂、油脂などのシミにバターを擦り込むと、バターが生地に浸透した時点でシミを落とすことができるはずです。バターは洗剤を溶かした温水で洗い流してください。

メリノ製品はその防臭効果により洗濯までのあいだに何度も着用することが可能なため、ロードトリップにも最適です。愛犬が一緒の寝袋で寝てくれなくなったら、ついにメリノ・ベースレイヤーを洗濯するときです。洗濯機で水洗いし、乾燥機で低温乾燥するか、省エネと環境への影響の削減のためにも平干し乾燥してください。

パタゴニア製品の一部には、快適性/吸湿発散性/伸縮性/耐久性を実現するために混紡素材を使用しています。この組み合わせは長年の使用に耐えながら防臭効果も提供するので、トレイルランニングの直後でも友人を避ける心配はいりません。

洗濯機で水洗いし、乾燥機で低温乾燥するか、ドライブ中に車の窓から吊るして乾かしましょう。

作業場で働く人や毎朝自転車で通勤する人は、何らかの形で油シミが衣類に付着することは避けられません。

幸いにも油シミはわりと簡単に素材から落とすことができます。まず食器用液体洗剤を溶かした温水でウェアを洗濯すれば、たいていのシミは消えます。それが効かない場合は、温水で洗濯する前にイソプロピルアルコールまたはエチルアルコール(エタノール)でシミをたたいてみてください。

油性ペンのシミは永久に落ちそうに見えませんが、がっかりする必要はありません。数滴のエチルアルコール(エタノール)またはイソプロピルアルコールで湿らせた脱脂綿またはきれいな綿布で、シミをやさしく(こすらずに)たたいてみましょう(この方法は必要に応じて何度か繰り返してください)。アルコールはまずウェアの目立たない部分で試し、アルコールが乾いた時点で変色が認められなければ、新しい脱脂綿を湿らせてシミの部分をたたきます(その際に素材を湿らせすぎないように注意してください)。それから食器用洗剤を少量垂らしてシミが消えるまで歯ブラシでこすり、温水ですすいだあとタオルで押さえて水分を吸い取ってください。

ラムウール製品は、冷水と少量の中性洗剤を入れた洗面器などに浸して手洗いしてください(激しく水をかき回したり、ねじったり擦ったりは不可)。よくすすぎ、すすぎ水がきれいになったら製品をやさしく絞って余分な水を切ります。それから平らな場所に乾いたタオルを敷き、その上で自然乾燥させます。乾燥させる前に、大きさと形を整えてください。

ラムウールに付いたシミは、酢やレモン汁などの天然のシミ抜き剤を使って部分洗いすれば落とせます (使用前にはまず目立たない部分で試してください)。

リサイクル・ナイロン製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯機で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください。

ポリエステル素材は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、温水で洗濯してください。乾燥はできるだけ吊り干しし、乾燥機を使用する場合は低温に設定し、しわになるのを防ぐために乾燥後はすぐに乾燥機から取り出してください。

ポリエステル素材からシミを落とすには、まずシミに食器用液体洗剤を数滴垂らし、シミが浮き上がってくるまでこすります。それからきれいな水でよくすすいでください。

レギュレーター・インサレーション製品は中性洗剤(有毒物質を含まない、生物分解性ならなお可)を使用して、冷水あるいは温水で洗濯機で洗濯してください。吊り干しするか、乾燥機なら低温で使用してください (吊り干しは省エネと環境への影響の削減につながります)。

レギュレーター・インサレーション製品のポリエステル素材から油シミを落としたい場合は、洗濯機で洗う際に粉末洗剤ではなく液体洗剤で試してみてください。それでも油シミが落ちない場合は、エチルアルコール(エタノール)数滴で湿らせた脱脂綿または綿布でシミをこすって油脂を分解させてから通常の洗濯をしてください。

H2No素材の機能性を最大限に維持するためには、ウェアをきれいに保つことが重要です。H2No製ウェアは温水(40℃)と中性洗剤を使用して、洗濯機で洗濯してください。洗剤が残らないようにしっかりとすすぎ、柔軟剤は使用しないでください。

中温の乾燥機で乾燥してください(自然乾燥の場合は、日陰で吊り干し)。乾燥機の熱はウェアの表地に施したDWR(耐久性撥水)加工を復活させる効果があります。乾燥機を使わないときは、アイロンも効果的です。ウェアが完全に乾いてから、低温(80~120℃)であて布をしてアイロンをかけてください。

水滴がシェルの表面で弾かなくなったら、撥水加工を補充させるときです。DWR加工の補充はシーズン毎に1回か、使用と洗濯が頻繁に繰り返されたウェアにはそれ以上の回数をおすすめします。パタゴニアで奨励しているのはグランジャーズですが、他にも良質の撥水剤は多数市販されています。どんな撥水剤を選ぶにしても、2層構造のウェア(ハンギングメッシュのライナー付き)にはスプレー式のもの、3層構造のウェア(内側の素材がバリヤーを保護)には洗濯式のものを必ず使用してください。

テクニカルウェアから油脂を落とすには、シミ部分を濡らして食器用洗剤を擦り込み、中性洗剤をたっぷりと使って温水で洗濯します。それでもシミが残っている場合は、シミ抜き剤を含ませたスポンジを使ってみてください。

ウェアに付着したガムや樹液はまず氷で冷やして凍らせ、刃の丸いバターナイフなどでできるだけ削り落とします。次に酢を溶かした水に浸し、最後に温水と洗剤で洗濯します。

毛皮も羽毛もウロコもない私たち人間が肌を日差しから守るには、よほどの思考を凝らさなければなりません。UPF(紫外線防止指数)表示のある製品は、時間が経ってもサンブロック効果が薄れることのないUVプロテクションを備えています。

UVプロテクションを実現するためには、繊維の選択や素材構造、特殊加工(とくに明るい色の製品に対して)などのさまざまな取り組みが行われます。UPF表示を備えた素材のお手入れは、水で洗濯して乾燥機で低温乾燥するか、環境への影響の削減のために吊り干ししてください。