ジャンボを野生のままに

ローカリズムの新たなかたち

私たちは皆、ある土地に住むローカルです。そしてグローバルな世界で暮らしています。私たちはもはや人里はなれた野生の地を旅したり通りがかったりすることも、その場所がそのまま残されていると信じることもできません。私たちの友人は彼らが愛する場所が脅威にさらされているニュースをいつも持ち帰ります。パタゴニアはいたるところに存在する野生の場所への脅威に社の資源と人脈を注ぐことに尽力します。私たちの誰もに変化をもたらす機会があるのです。態度を示しましょう。

これはローカリズムの新たなかたちです

ジャンボを野生のままに
play icon

ジャンボを野生のままに

過去数十年ものあいだ、ファースト・ネーションズ、保護活動家、バックカントリー・スキーヤー/スノーボーダーといった人たちは、ブリティッシュ・コロンビアのパーセル山脈の奥地に大規模なスキーリゾートを建設するという計画に反対してきました。24年間の闘いのあとで、この先さらに何を要すれば、ジャンボを永遠に野生のままに保つことができるのでしょうか。

詳細を読み、行動を起こす

#CrudeAwakening:
(クルード・アウェイクニング:原油に目覚める)
私たちの海岸の保護にご協力ください

2015年5月19日、石油パイプラインが破裂し、53万リットルの原油が流出しました。それはカリフォルニアの海岸を汚し、野生動物を殺し、保護地区を油まみれにし、ビーチを閉鎖に追い込みました。皆様のご支援のもと、私たちはカリフォルニア州議会における4つの法案の通過を支援。うち3つが2015年10月8日、立法化されました。私たちとともに、壊れやすい私たちの海岸線での危険な石油開発に気を配り、戦いつづけてください。

詳細を読み、行動を起こす
スネークを解き放つ:アメリカ最大のサーモン・リバーの修復
play icon

スネークを解き放つ:
アメリカ最大のサーモン・リバーの修復

スネーク・リバーのサーモンは、トラックで輸送され、はしけに乗せられ、魚梯でかわされてきました。すべてはその未来を保証するのに十分な個体数のサーモンが歴史的な生息地に戻るため、4基のダムを通り抜けることを願ってのことです。けれどもそれは成功していません。いまこそダムを取り壊し、野生のサーモンをこの重要な流域に再連結するときです。

詳細を読み、行動を起こす
The Fisherman’s Son
play icon

The Fisherman’s Son:
ラモン・ナバロとプンタ・デ・ロボスの保護

プンタ・デ・ロボスで生まれ育ったラモン・ナバロは地球上で最も大きな波に乗ることに情熱を見出しました。しかしながらそのビッグウェーブでの功績は、チリの海岸線の文化や環境を保護するためのもっと大きなビジョンの一部にすぎません。

詳細を読み、行動を起こす
ラインによる定義: ベアーズ・イヤーズを保護する戦い
play icon

ラインによる定義:
ベアーズ・イヤーズを保護する戦い

ジョシュ・ユーイングはインディアン・クリークでクライミングをし、地元の考古遺跡を探索するため、ユタ州南東部のベアーズ・イヤーズ地域を訪れるようになりました。しかし、ブラフの町に移住したとき、彼が目にしたのは石油採掘、考古遺跡の略奪、不注意な訪問者などによる悪化でした。ユーイングはある場所をただ愛するだけでは不十分なことを知りました。

詳細を読み、行動を起こす
マイル・フォー・マイル
play icon

マイル・フォー・マイル:
パタゴニア公園でのランニングと環境保護

ウルトラランナーのクリッシー・モールとジェフ・ブラウニングとルーク・ネルソンは、チリに新たにオープンしたパタゴニア公園で、この広大な土地の復元と保護に取り組んだ〈コンセルバシオン・パタゴニカ〉の功績を祝福するために106マイル(170キロメートル)を走り抜けました。

詳細を読み、行動を起こす