ショッピングカートに追加しました

TIM DAVIS

オーガニックコットン

かつて私たちは、製品の材料となる繊維が環境に与える影響に関して綿密な調査を実施する際、コットンは「ピュア」で「ナチュラル」な植物繊維だと思い込んでいました。正解だったのは植物であった点だけでした。ところが驚いたことに、一般的な栽培法のコットンは、ほとんどがピュアでもナチュラルでもなかったのです。私たちは1990年代初期 にコットンのサプライチェーンについてより詳しく考察しはじめたときにこのことを学びました。米国の農薬使用量の10%が、農地全体の1%にすぎないコットン栽培に使われていました。毎年カリフォルニア州だけで、一般的な栽培法によるコットンに3,130トンの農薬が使用されます。さらに調査から、広範囲に集中的に使用している化学肥料、土壌調整剤、枯れ葉剤、その他の化学物質が、土や水、空気を汚染し、数多くの生物に対して多大な害を及ぼしていることがわかったのです。

また有害な農薬を使用せずにコットン栽培をしている人々がいることも学びました。彼らの収穫高、コットンの品質は、一般的な栽培法のものと同等か、それ以上であったりします。彼らの栽培法は、生物的特性と健康なエコシステムを活性させ、土質を改良するもので、水の使用量が少なくて済むことも多々あります。オーガニック農法は時間を費やし、知識や技術を必要とし、現状ではコストの面でも割高です。しかし、それだけの価値はあるのです。

私たちはこの事実を知り、また環境問題の良き友人たちの勧告も受け、選択の余地はないと思いました。1996年、私たちはすべてのコットン製品をオーガニックコットン100%に切り替えたのです。それは経済的リスクが伴う決断でしたが、その結果がどうであれ、 一般的な栽培法のコットンには決して戻らない覚悟でした。

切り替えた結果、品質に影響がなく、素材感は向上し、何よりも私たちの農業に対する姿勢を根本的に変える刺激となったのです。パタゴニアのオーガニックプログラムでは、何百人もの社員がコットン畑を見学し、農薬使用の危険性とオーガニック農法の有益性を自分たちの目で見てきました。そして、私たちの多くはその問題の活動家になったり、自分や家族の衣料や食料をオーガニック製品に切り替えました。

一見しただけで、従来の方法で栽培されたコットンとオーガニックコットンを見分けるのは困難です。購入するコットンが間違いなくUSDAのナショナル・オーガニック・プログラムにより認証されたものであることを保証するため、私たちは第三者認証機関が発行する認証を義務づけています。証明書はオーガニック農法を実践する農場、オーガニックコットンを従来の方法で栽培されたコットンとは別に処理する工場、そしてサプライチェーン内の異なる会社間に輸送されるオーガニックコットンに対して発行されています。

 
素材とテクノロジー

素材とテクノロジーについてさらに見る