• アンディ ・ J ・ ダニルチャック, PhD
  • アンディ ・ J ・ ダニルチャック, PhD
  • アンディ ・ J ・ ダニルチャック, PhD

アンディ ・ J ・ ダニルチャック, PhD

フライフィッシング・アンバサダー

出身地

オンタリオ州トロント

居住地

マサチューセッツ州アマースト

アンディは未来の世代も楽しむことができるよう、魚が存続することを目指して個人的な聖戦に挑む。彼はバハマで〈Cape Eleuthera Institute〉の設立に協力し、そこで同僚たちとともにボーンフィッシュのキャッチ&リリースに関する研究の開拓をつづける。彼の研究にはさらに、グレートバラクーダ、サメ、パーミット、ジャイアントトレバリー、降海型ブルックトラウト、ストライプドバス、インドとブータンに生息するマハシール、アルゼンチンに生息する黄金のドラドなどの魚種も含まれる。
主な経歴
  • フライフィッシングを独学で学んだあと、自分で巻いたエビ型のフライではじめて釣った魚がボーンフィッシュだった
  • 魚類を主題に(天性ということもあり)水域生態系管理学修士号、環境生物/生態学博士号(PhD)取得
  • マサチューセッツ大学アマースト校にて特別教授賞受賞
  • 〈Indifly Foundation〉の役員
  • 〈Bonefish & Tarpon Trust〉の特別研究員
  • 〈Fish Navy Films〉のホスト兼科学アドバイザー
  • 〈World Recreational Fishing Conference〉の国際顧問委員