• キース ・ マロイ
  • キース ・ マロイ
  • キース ・ マロイ

キース ・ マロイ

サーフィン・アンバサダー

出身地

カリフォルニア州オーハイ

居住地

カリフォルニア州ガビオタ

キース ・ マロイ
兄弟たちと同様、キースはあらゆる形の波乗り道具のマスターだ。ガンでも、スラスターでも、足ヒレでも、彼のアプローチは生涯にわたる海へのコミットメントを物語っている。長年のあいだ撮られる側でサーフィンしてきた彼は、近年、ボディサーフィン映画『Come Hell or High Water』の監督という裏方役を経験。現在家族とともにカリフォルニアに在住。
主な経歴
  • 4歳のときに父に押してもらい初めて波を乗る
  • 10代後半にハワイへ移るまで、地元ベンチュラでサーフィンする
  • アマチュアとしてUSナショナル・チームでサーフィンする
  • 26歳で世界ツアー参戦の資格取得
  • けがをしたあと、競技サーフィンの世界から引退し、フリー・サーフィン、旅行、そしてビッグウェーブ・ライディングに戻る
  • 『Surfer』誌と『Surfing』誌の表紙を7回飾り、他のいくつもの映画や雑誌に登場
  • ヨセミテ、エル・キャピタンの「ノース・アメリカン・ウォール」を登攀
  • Molokai 2 Oahu Paddleboard Raceを2位でフィニッシュ
  • パイプライン・ボディーサーフィン・コンテストでファイナリストに残る
  • 映画『Come Hell or High Water』の監督をつとめる