クリーネストライン


ダウン・ウェアのお手入れ

ダウン・ウェアのお手入れ

By オールド・スクール   |   2011/07/28 2011年7月28日
ダウン・ウェアのお手入れ

まるで旋回するツバメやキラキラ光る熱帯魚の群れのように、不思議なまでにたくさんのお客様から同じ時期に同じ質問や疑問が寄せられることが多々あります。そんなときは一度にお答えできるのが理想的。今回はパタゴニアの投稿担当「オールドスクール(保守派)」に第一線からちょっと休憩してもらって、そんなよくあるご質問に答えてもらいました。

————————————————————————————————————————————-

ダウン・ジャケットはどうやって洗えばいいのですか?

ダウン・ウェアのお手入れ

濡れたダウンに関するありとあらゆる注意事項のせいか、怖がってダウン・ジャケットの洗濯をしない人が少なくありません。でも実際は、ダウンは驚くほど丈夫です。濡れたダウンはたしかに実質的に保温効果ゼロですが、濡らすこと自体でダウンを傷めるということはありません。ダウン・ジャケットの洗濯はジーンズの洗濯とさほど変わらないのです。

ダウン・ジャケットの洗濯にはダウン専用洗剤、ドラム式洗濯機、低温機能付き乾燥機の3つが必要です。普通の洗剤も使えないことはありませんが、ダウンがもつ油分を取り除いてしまう可能性があり、また完全にすすぐことができない場合があるので、ダウン専用洗剤の使用をおすすめします。NikWax® Down Washが最適ですが、その他にも効果的なダウン専用洗剤が市場に出ています。

次にドラム式洗濯機です。お持ちでなければ縦型洗濯機の手洗いコースでもことは足ります。ただ、手洗いコースにしても生地が破れたとか、ほつれたという例を耳にしたことがあるので、できればドラム式をおすすめします。またダウン製品は手洗いすることも可能です。フィッツロイ・ダウン・フーディ(2011年秋発売)や寝袋の洗濯には、かならずドラム式を使うか手洗いしてください。大半の寝袋やダウン・ジャケットに採用されているボックス型キルト構造は、縦型洗濯機の攪拌運動で容易に破れてしまいがちです(キルト構造に関する非常にわかりやすい説明はこちらをクリックしてください)。不適切な方法での洗濯はダウン・ジャケットや寝袋をあっというまに台無しにしてしまいます。洗濯する際におしゃれ着洗い用の洗濯ネットを使用することでトラブルを減らすことが出来ます。

袖口や襟など汚れのひどい部分は、洗濯の前に部分汚れ落とし用の洗剤を塗るといいでしょう。残留洗剤はダウンが元の状態に戻るのを妨げるので、必要量以上の洗剤は入れないでください。ウェアの汚れがひどい場合は途中で洗濯機を止めて、1時間程度浸けておいてもいいでしょう。洗剤を確実にすすぎ流すために、洗剤を入れずにもう一度洗濯機をまわすのも一案です。

さて肝心の乾燥です。乾燥は時間のかかる過程なので少々腰を据えてください。デリケートな作業でもあり、高温がダウン・ジャケットを傷める一方で、ある程度の熱を与えないといつまでたっても乾きません。家庭用乾燥機を使用する場合は低温設定が最適ですが、コインランドリーを使用する場合は注意が必要です。コインランドリーの乾燥機は低温設定でも非常に熱くなる場合があるので、ジャケットを入れる前にかならず温度を確認してください。また、乾燥機の容量に対して、ダウンジャケットの詰め込みすぎると、高温になる恐れがあるので注意して下さい。乾燥機にきれいなテニスボールを2〜3個入れると、濡れて塊になったダウンがほぐれて、乾燥時間も早まります。ただしテニスボールを使用する場合でも、定期的に乾燥機からダウン・ジャケットを取り出して、指でダウンの塊をほぐすことをおすすめします。ボックス型の1つ分のダウンはビー玉1個ほどの塊になるので、指でほぐすことにより乾燥時間が劇的に早まります。自宅に乾燥機がなく、コインランドリーの乾燥機が熱すぎる場合は、自然乾燥してください。湿度によっては数日から1週間以上かかる場合もありますが、最も安全な方法です。直射日光を避け、湿度の少ない暖かい場所にタオルを広げて、その上に平干ししてください。定期的にダウンの塊をほぐしながら裏返してください。そうしないと本当に何日もかかってしまいますから。

ダウン・ジャケット(とジーンズ!)は1976年現在も大流行でした。オールドスクールとジョン・ローズ。オレゴン州マウント・フッドの頂上。Photo: Old School]
ダウン・ジャケット(とジーンズ!)は1976年現在も大流行でした。オールドスクールとジョン・ローズ。オレゴン州マウント・フッドの頂上。Photo: Old School]

乾燥機を使用する場合も自然乾燥の場合も、収納したりパッキングしたりする前に、完全に乾いていることを確認してください。ダウンは非常に水分を吸収しやすいので、見た目も肌触りも乾いているようでも、乾燥には予想以上の時間がかかります。そもそもダウン製品を押し込んで保管しておくのは好ましくないのですが、濡れたダウンを押し込んで保管するとカビの原因となり、ダウンもシェルも駄目になってしまいます。

さてドライクリーニングについてです。ドライクリーニングは非常に強力な化学薬品を使用するため、パタゴニア製品をドライクリーニングに出すのはおすすめしません。理論的には、ダウン洗浄の経験をもつ、評判のよいドライクリーニング店でのドライクリーニングは可能です。けれども私が「理論的に」と言う理由は、「ダウンはおまかせ」という店に持っていった寝袋がすっかりきれいに、そしてすっかりぺたんこになって戻ってきたという苦い経験があるからです。私からのアドバイス:自分で洗うのがいちばん。

ジャケットに小さな穴が開いてしまったら?

ダウン・セーターとダウン・ジャケットの大人気の秘訣は、その温かさと着ていることを忘れてしまうほどの軽さ、そしてコンパクトに収納できることです。この軽さと素材の薄さはキャンプや町での使用には最適ですが、あいにくスキーやハイキングといった尖ったものにひっかかる可能性の高いアクティビティには向いていません。とくに薮のなかを歩いたり、木々のあいだを滑降するときなどには、上にシェルを着用するのが賢明です。

尖ったつめにも要注意。スキーナとオールドスクール。ネバダ州イースト・ハンボルト。Photo: localcrew
尖ったつめにも要注意。スキーナとオールドスクール。ネバダ州イースト・ハンボルト。Photo: localcrew

薮を歩く以外にも、ダウン製品はどうやら先の尖った鋭いものに惹かれるらしく、シェル素材に小さな裂け目ができてしまうことがあります。ダートバッグたちは誇らしげにダクトテープで継ぎ当てするでしょうが、これはベストな方法とはいえません。とくにあとで修理しようとする場合、粘着剤の残りがミシンの機能を妨げてしまいます。近くの登山用具店などでナイロン製の補修テープを購入するのをおすすめします。たいていどんな店でも色とりどりのテープを揃えています。ジャケットに近い色を選び、裂け目より1.5センチ以上長めに切って角を切り落とし、剥がしてジャケットに貼ってください。たったそれだけです。これらのテープはじつに驚くべき代物で、何度もの洗濯に耐えて、何年も長持ちします。補修テープはシェル素材の小さな穴の修理に適した非常に簡単な方法ですが、裂け目が大きい場合はパタゴニアのリペア係に送るのがベストでしょう。

コメント 1

関連した投稿

« »