クリーネストライン


「コモンスレッズ・イニシアティブ」のご紹介:リデュース(削減)、リペア(修理)、リユース(再利用)、リサイクル(再生)、リイマジン(再考)

「コモンスレッズ・イニシアティブ」のご紹介:リデュース(削減)、リペア(修理)、リユース(再利用)、リサイクル(再生)、リイマジン(再考)

2011/11/17 2011年11月17日

CTI

まずは無駄に購入しない、そして修理する、そのあと再利用する。製品のリサイクルはこれらの選択肢がなくなってはじめてなされるべきです。ですからパタゴニアがはじめた「コモンスレッズ・イニシアティブ」には、とても感心しています。必要ないものは買わない(リデュース)、まだ使えるものは修理する(リペア)、あるいは他に必要としている人に譲る(リユース)、そしてついに使い道を失ったものだけ再生のためにリサイクルする。これこそが、真の解決策なのです」
─アニー・レオナード 『The Story of Stuff』著者

18世紀の英国ランカシャー州で発展した綿紡績業および被服貿易業の新興は、産業革命をあおり、近代経済を生み出す一端を担いました。けれどもいま、より持続可能な経済社会を目指すために、その原動力を逆転させるべきときがやって来ました。そして今日、お客様と私たち自身の協力関係を築く「コモンスレッズ・イニシアティブ」を開始します。「コモンスレッズ・イニシアティブ」は、ウェアをより持続可能な方法で製造、購入、使用することで製品のライフサイクルの循環の輪を結ぶこと、着古したウェアから新しい製品を作り出し、決してパタゴニア製品を廃棄物として埋め立て地で眠らせないことを目的としています。

「コモンスレッズ・イニシアティブ」は、5年以内にパタゴニア製品をすべてリサイクル可能にすることを目指して開始した「つなげる糸リサイクルプログラム」をさらに一歩進めるものです。2005年以来私たちは、リサイクルのために回収した45トンのウェアから34トンの新たなウェアを製造しました。これはお客様のご協力によるものです。

上記のアニー・レオナード氏の言葉のように、リサイクルは製品のライフサイクル全体において、製品が着古され適切な機能を果たさなくなったときにはじめて適用されるべき最後のステップです。しかし、もっと大切なことはパタゴニア製品をできるだけ長く機能させること、そしてひいては購入を控えていただくことです。基となる「つなげる糸リサイクルプログラム」を成功に導いてくださったお客様に、いま再び「コモンスレッズ・イニシアティブ」にご参加いただき、不要な消費の削減にご協力ください。

リデュース(削減)
私たちは、長持ちする有益な製品を製造します。お客様は、必要のないものは購入しません。

私たちは長持ちする有益な製品をデザイン/販売します。けれどもお客様にとって必要のないものや、使い道のないものは購入しないようにお願いしています。パタゴニアにかぎらず、人間が作り出すものはすべて、それが地球に返すことのできる以上の生命を犠牲にしています。環境への影響をリデュース(削減)するために私たちができる最も大きな最初のステップは、私たちひとりひとりがすでに所有しているものを活用することです。

リペア(修理)
私たちは、お手持ちのパタゴニア製品の修理をお手伝いします。お客様は、破損した製品は修理することを誓います。

私たちが所有するものは、リペア(修理)ができるものであるべきです。ほつれた襟や靴下のかかとを繕うことのできる人は、その技術を役立ててください。私たち製造側は部分的に擦り切れることのないウェアを作ることを目指し、送られてきた修理品に関しては迅速に修理すべきだと考えています。私たちの方針は修理品の受け取り後、配送期間を含めて4週間以内にお客様に返送することです。

リユース(再利用)
私たちは、不要となったパタゴニア製品の再利用先を探す手助けをします。お客様は、それを必要としている人に売るか、譲るかします。

着ることができるウェアはしまっておかず、世に出しましょう。クライミングをやめた、色の好みが変わったなど理由は何であれ、不要となったものはリユース(再利用)してください。着なくなったウェアはチャリティに寄付したり、あるいはインターネットオークションやバザーなどを利用して売るのも一案です。パタゴニアでは販売に適さない製品を野外で働く活動家に寄付したりもしています。

リサイクル(再生)
私たちは、使い古されたパタゴニア製品を回収します。お客様は、パタゴニア製品を埋め立て地や焼却炉に入れないようにすることを誓います。

最終的にすべてのものは、それが自然のものであれ製造されたものであれ、やがては使えなくなる日を迎えます。自然の万物は天寿を全うしたあとには新たな生命への恵みとなりますが、人間が作った製品もそうあるべきです。目標より1年遅れではありますが、本日より私たちはお客様がパタゴニアでお買い上げいただいた製品なら何でも、使い古されてついに使用不可能となったものならば回収します(送料はお客様にご負担いただきます)。それらは新しい繊維や生地にリサイクル(再生)し、その時点で素材としての価値があるものやまだ十分に使える状態の製品については、リパーパスや古着としての再利用など別の方法を探します。お近くのパタゴニア直営店およびパタゴニア正規取扱店に設置した回収ボックスへお入れください(回収ディーラーにつきましては、カスタマーサービスまでお問い合わせください)。または、パタゴニア流通センターにお送りください。リサイクルプログラムについて

リイマジン(再考)
お客様と一緒に、私たちは地球に戻せる分だけを利用する世界を再考します。

私たちの経済の3分の2が消費財の購買に基づいています。しかし地球や自分たち自身にとって何が良いことなのかも考えず、闇雲に消費をつづけることは、まさに持続不可能な世界の権現です。健全で有益なものだけを購入し、不要なものや有害無益なものは避けるようにしましょう。私たちが愛する大地や水を守るために起こす行動のひとつひとつが、未来に向けてリイマジン(再考)するためのさらなる知識や確信につながります。そして次世代のための持続可能な世界の実現に、一歩ずつ近づくことができるのです。

今後もコモンスレッズ・イニシアティブについて投稿していきますが、まずはパタゴニアのウェブサイトで「コモンスレッズ・イニシアティブ」の一員として誓約し、年間で50,000人からの誓約を集めるという目標にご協力ください。私たちと一緒に環境へのフットプリントを削減しましょう。

コメント 0

関連した投稿

« »