クリーネストライン


ネバダ・ウルタのパーソナル・ジーサスを初登するジム・アール。ペルー、コルディレラ・ブランカ Photo: Kelly Cordes
ネバダ・ウルタのパーソナル・ジーサスを初登するジム・アール。ペルー、コルディレラ・ブランカ Photo: Kelly Cordes

核心の疑問:アルパイン・フィールドテスターの記録

By ケリー・コーデス   |   2013/11/05 2013年11月5日
ネバダ・ウルタのパーソナル・ジーサスを初登するジム・アール。ペルー、コルディレラ・ブランカ Photo: Kelly Cordes
ネバダ・ウルタのパーソナル・ジーサスを初登するジム・アール。ペルー、コルディレラ・ブランカ Photo: Kelly Cordes

5,500メートル地点。冷たい水滴がオーバーハングから滴り、シェルに当たっては弾ける。僕はひとときそれを見つめ、その形を研究したあと、頭を振って、ペルーのコルディレラ・ブランカの広大な景色に焦点を合わせる。水平線には果てしない山々が広がり、早朝の靄が谷間からけだるそうに立ち上る。数キロ圏内に存在する唯一の人間は、ロープの反対側につながっている。僕らはデイパックだけを背負って一晩中登りつづけていた。上では風が山頂の尾根を打ち付け、その先端を攻撃しては、深い青空を背景にゴシック調の形をした雪庇を作っている。僕らは半分登ったところにいた。

登っているとき、僕はたいていテストをしている。自分自身とギア、そして自分の心を。

僕らがテクニカル製品を作るとき、それは必要性から、つまり解決すべき問題からはじまる。そして誰か——デザイナーかフィールドテストのディレクター、あるいは僕らのようなフィールドテストの実験サルのひとり――がアイデアを思いつく。試作品が出来上がると、テストが必要になる。僕らはときとして詳細にこだわる専門的ギアを作り、またあるときは多用途性に焦点を置く。軽量さは耐久性に対してどの程度重要か。エンドユーザーにとってある機能は理にかなっているか……。すべてを完璧にこなすものはなく、僕らはトレードオフについて苦悩し、議論する。リサイクルはできるか。作ることが環境にどう影響を及ぼすか……。

そういった疑問には通常、答えがある。たとえそれが明らかになるのに無限にも思える堂々めぐりの恊働をし、時間と努力を要したとしても。

僕らはフードの調節からポケットや縫い目の配置まで詳細を研究する。それからまたテストする。最高にクールなアイデアもラボにおける最高のテスト結果も、実際の現場における成功につねにつながるとは限らないからだ。

僕が開発に一役買っているアルパイン製品は、機能性絶対重視のデザインだ。だからナノ・パフ・プルオーバーやR1フーディがいまのデザインであるのには理由がある。ミニマリストのクライミング衣類には、重さを増し、ハーネスの下でかさばるたくさんのポケットやアクセサリーやフルジッパーがあってはならない。ガイド・パンツに関しては、僕はその見た目はどうでもいい。透湿性があり、水分を弾き、荒い花崗岩に耐え、自由に動くことさえできれば。

真夜中のペルーの高山で、僕らは星空とヘッドランプに導かれ、疲労と高山病で幻覚を起こしながらルートを終えて登頂し、下山をはじめる。朝がやってくると、モヤのなかを汗でアンモニア臭をプンプンさせながら、ビバーク地を探して酔っぱらいのようにガレ場を徘徊する。

ワラスのホステルで熱いシャワーを浴び、食事をし、満足感いっぱいに横たわる。ふだん僕の頭を占領するとりとめのない思考は薄れ、意欲と目的、そしてルートを正しく登ったか……という成功と失敗の微妙な境界線について内省する。

僕の目は部屋の反対側にある使い慣れたギアとウェアの山をぼんやりとながめる。だがフィードバックについては考えない。いまはまだ。おそらくそれはアルパイン製品の細部を完成させる仕事のなかで最も満足できることだろう。つまりいったん何かを正しくやると、その成果を十分に実感することができ、それを忘れてただクライミングに集中できるのだ。そしてまた他の何かをテストしに行く。

著者:パタゴニア・アンバサダー、ケリー・コーデスは、アルパインクライミングに20年も献身し、パタゴニアのフィールドテスターに携わって10年以上になる

—–

パタゴニアのアンバサダーはたんなるアスリート以上の存在です。パタゴニア製品のフィールドテスターであり、私たちパタゴニアのストーリーテラーであるアンバサダー。彼らはデザイン部門と密接に関わりながら、世界でも非常に過酷で人里はなれたフィールドでの製品テストや改良に尽力しています。そのなかで生まれたユニークで冒険に満ちたストーリーを、カタログやウェブサイト、ソーシャルメディアでご紹介しています。

パタゴニアのアンバサダーと彼らのストーリーについての詳細はこちらをご覧ください。

コメント 0

関連した投稿

« »