クリーネストライン


『ダムネーション』続報

『ダムネーション』続報

2014/06/16 2014年6月16日

damnation-to-screen-in-23-patagonia-stores-on-june-5-available-at-vimeo-on-demand-june-6

XSW:視聴者賞
ワシントンD.C.で開催された環境映画フェスティバル:環境アドボカシーのためのドキュメンタリー賞
マウンテンフィルム:視聴者賞
ベスト・オブ・フェスティバル、5ポイント・フィルム・フェスティバル:受賞

6月5日(木)、パタゴニアは受賞に輝いた長編ドキュメンタリー『ダムネーション』の上演を全米23都市で開始しました。またパタゴニア直営店でも無料上映会を主催します。全米で開催されるフェスティバルや市民上映については、damnationfilm.comでご確認ください。

その翌日6月6日からは、『ダムネーション』はVimeoオンデマンドでのデジタル視聴が可能になっています。またレンタル(5.99ドル)、あるいは購入(9.99ドル)もでき、ほぼすべてのデバイスでご覧いただけます。さらにパタゴニアとVimeoとの独自のコラボレーションのひとつとして、『ダムネーション』を含む環境意識の高いタイトルのいくつかをVimeoオンデマンドのパタゴニア・コレクションで公開しています。

3月以降の国内でのフィルム・フェスティバルや他のイベントでの本映画の登場とともに、私たちはスネーク・リバーにある問題のある、かつ価値の低い4基のダムの取り壊しに関する調査の正当性を認めるようオバマ大統領に請願することを、皆様にお願いしてきました。今日までに、25,000名を超える皆様に請願書に署名していただき、「役立たずのダムを取り壊す」ことを政権に請願しました。署名は後日、ホワイトハウスに送られます。

3月のSXSWフィルム・フェスティバルでのワールドプレミア以降、『ダムネーション』はロサンゼルス・タイムズヴィレッジ・ボイスナショナル・ジオグラフィックタイム・マガジン各紙で称賛されています。最近ではパタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードがニューヨーク・タイムズ紙論説を出し、コストが高くて価値の低いダムの撤去の根拠を示しました。

日本での上映については、もうまもなくお知らせできる予定です。お楽しみに。

コメント 0

関連した投稿

« »