クリーネストライン


本年度初期に開催されたEcoFarmConference2015でのWorn Wearワゴンとスタッフ。Photo: Erin Feinblatt
本年度初期に開催されたEcoFarmConference2015でのWorn Wearワゴンとスタッフ。Photo: Erin Feinblatt

Worn Wear 2015年春ツアー:全米15の都市で衣類の無料修理などを実施

By パタゴニア    |   2015/04/27 2015年4月27日

短編フィルム『新品よりずっといい』では、パタゴニアの新しいバイオディーゼルのWorn Wear修理ワゴンを紹介するとともに、40年以上にわたりパタゴニア製品を使いつづけるお客様と修理技術者に敬意を表します。パタゴニアのリノの修理部門は米国では最大級の衣類修理施設で、年間約30,000着の修理を行っています。Video: Dan Malloy

私たちが会社としてできる最も責任あることのひとつは長持ちし、修理可能な高品質の製品を作ることで、それにより皆様は消費を抑えることができます。Worn Wear着ることについてのストーリーを祝い、この惑星にかかる圧力を少しでも軽くするために皆様にギアを長く使っていただくためのプログラムです。

この春、4月4日のサンフランシスコを皮切りに、パタゴニアのバイオディーゼルの修理トラックが無料でウェアを修理し、お客様にギアの修理方法を伝え、さらに古着のパタゴニアのウェアを販売する全国ツアーに出ます。愛用されて修理が必要なパタゴニアのくたびれたウェアをぜひお持ちください。お持ちでなければ、パタゴニアが提供しますので、修理してご愛用ください。その土地の食べ物や飲み物をいただきながら、私たちと着ることについてのストーリーを祝いましょう。

ツアーの全スケジュールはこちらから。

本年度初期に開催されたEcoFarmConference2015でのWorn Wearワゴンとスタッフ。Photo: Erin Feinblatt
本年度初期に開催されたEcoFarmConference2015でのWorn Wearワゴンとスタッフ。Photo: Erin Feinblatt
Worn Wear 2015年春ツアー:全米15の都市で衣類の無料修理などを実施

アーティストのジェイ・ネルソンにより設計/製作されたパタゴニアのWorn Wearワゴンは、走行中はバイオディーゼルを、ミシン稼働中は太陽光発電を利用する。Photo: Erin Feinblatt

修理が必要なボードショーツを手にするダン・マロイ。Photo: Erin Feinblatt

修理が必要なボードショーツを手にするダン・マロイ。Photo: Erin Feinblatt

お客様のピックアップを待つ修理済みのウェア。Photo: Erin Feinblatt
お客様のピックアップを待つ修理済みのウェア。Photo: Erin Feinblatt


皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。愛用のパタゴニア製品にまつわる楽しいストーリーは、ぜひWorn Wearブログにてシェアしてください

コメント 0

関連した投稿

« »