クリーネストライン


アレクサドリアは2018年12月14日、気候変動への未対応に抗議してストライキをはじめた。グレタ・サンバーグがスウエーデン国会の前で行う金曜日の抗議に感化されたのだ。彼女はたいてい2つのプラカードをもって、ニューヨークの国連本部近くのベンチに座る。「ほとんどの人が素通りしますが、ときに立ち止まり、プラカードについて質問する人もいます。スウエーデンの女性がある日私に気づき、グレタと学生のストライキ運動について知っていると言いました。私たちは一緒に写真を撮り、彼女は涙しました」Photo: Joel Caldwell
アレクサドリアは2018年12月14日、気候変動への未対応に抗議してストライキをはじめた。グレタ・サンバーグがスウエーデン国会の前で行う金曜日の抗議に感化されたのだ。彼女はたいてい2つのプラカードをもって、ニューヨークの国連本部近くのベンチに座る。「ほとんどの人が素通りしますが、ときに立ち止まり、プラカードについて質問する人もいます。スウエーデンの女性がある日私に気づき、グレタと学生のストライキ運動について知っていると言いました。私たちは一緒に写真を撮り、彼女は涙しました」Photo: Joel Caldwell

大人たちよ、好むと好まざるとにかかわらず、変化はやってくる

By アレクサンドリア・ヴィラセニョール   |   2019/04/15 2019年4月15日

アレクサンドリア・ヴィラセニョールは13歳の気候正義活動家。イスラ・ハーシ、ヘイブン・コールマンとともに、米国ユース・クライメート・ストライキを先導しています。彼女は気候変動に対する未対応に抗議するため、学校を欠席してストライキする、世界的学生運動の一部です。グローバル・ユース・クライメート・ストライキは3月15日に、世界中の90か国以上で行われました。

アレクサンドリアは過去13週間、毎週金曜日にニューヨークの国連本部の外にあるベンチでストライキをしています。彼女にその理由を語ってもらいました。

国連の前での第8週目のストライキの日。寝袋のジッパーを閉じたとき、気温は零下12度でした。私は「COP24(国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議)は私たちを裏切った」、「気候のための学校ストライキ」と書いた2枚のプラカードのあいだに座っていました。同週、中西部と北東部で2日にわたって160という最低気温の記録が更新されました。最低でも21人が寒さと雪によって死亡し、米国の一部では気温が零下43度まで下がりました。

クライメート・ストライキ第8週目のアレクサンドリア。「ニューヨーク市の極渦の中での@UN #ClimateStrikeの第8週目。このために1週間ずっと準備をしながら、異常気象に対応するために違った生き方をしなければならなくなることを実感。いま人びとは死んでいます。すぐに行動を起こさねばなりません。#ActOnClimate! @GretaThunberg @350 #FridaysForFuture」Photo: Kristin Hogue
クライメート・ストライキ第8週目のアレクサンドリア。「ニューヨーク市の極渦の中での@UN #ClimateStrikeの第8週目。このために1週間ずっと準備をしながら、異常気象に対応するために違った生き方をしなければならなくなることを実感。いま人びとは死んでいます。すぐに行動を起こさねばなりません。#ActOnClimate! @GretaThunberg @350 #FridaysForFuture」Photo: Kristin Hogue

ストライキの日、それはいつものように金曜日でしたが、ニューヨーク市はイースト川からの風速冷却により、零下19 度と予報されていました。この天候下でのストライキの準備は簡単ではありません。零下12度のなかでじっとしているのに十分体を温めてくれる服はあまりないからです。寝袋の方が得策だと思い、氷点下に耐えられる寝袋を買いました。母はお茶を保温するテルモスと1日使えるようにと、寝袋に入れるカイロをくれました。ストライキの日、母が私の寝袋のジッパーを閉じるのに5分以上もかかりました。人びとは立ち止まって見ていました。私がホームレスだと思った人もいました。私は1日ずっと寝袋で過ごしました。そしてそれは私を温かく保ってくれました。

この天気のなかで抗議しながら、異常気象に対応するために違った生き方をしなければならなくなることを実感しました。いま人びとは死んでいます。すぐに天候のために行動を起こさねばなりません。大人たちが下している決定は、私たちの世代が最悪の気候危機のなかで生活し、それにともなう異常気象の影響を感じなければならないことは考慮に入れていません。

クライメート・ストライキ第9週目のアレクサンドリア。「ニューヨーク市での@UN #ClimateStrikeの第9週目。今日は一般教書演説で議会の刺激的な女性と団結し、グリーン・ニューディールを支援して婦人参政権を象徴する白を着用しています。気候変動の活動は女性主導です!#ClimateSuffragette #FridaysForFuture @GretaThunberg @350」Photo: Kristin Hogue
クライメート・ストライキ第9週目のアレクサンドリア。「ニューヨーク市での@UN #ClimateStrikeの第9週目。今日は一般教書演説で議会の刺激的な女性と団結し、グリーン・ニューディールを支援して婦人参政権を象徴する白を着用しています。気候変動の活動は女性主導です!#ClimateSuffragette #FridaysForFuture @GretaThunberg @350」Photo: Kristin Hogue

私がはじめて気候のために活動することを決意したのは、カリフォルニア州デイビスの家族を訪れたときでした。それは感謝祭の週末で、キャンプ・ファイヤーの森林火災が起きたときでした。少なくとも86人が亡くなり、13,972の住居と4,821のビルが燃焼しました。私たちは150キロ離れた場所にいましたが、煙は家のなかにも入ってきました。外に出ることができませんでした。私たちはタオルを濡らし、ドアの隙間に当てました。自分でマスクを作った人もいます。私は喘息もちなので、私の家族は早々と私をニューヨークに帰すことにしました。私にとってそこにとどまることは安全ではありませんでした。

私は荒れ狂う山火事と長期の干ばつがカリフォルニアで一般化しているのは普通のことではないと気づきました。そしてオンラインで気候変動について調べ、学びはじめました。それが何であり、私に何ができるかを探っていたとき知ったのが、グレタ・サンバーグについてでした。

グレタは当時15歳で、彼女はつねに真実を語り、彼女の言うことすべてはありのままでした。彼女は「フライデー・フォー・フューチャー」という、学生がその声を拡声する機構を作りました。毎週金曜日、グレタはスウェーデンの国会の前に座って気候変動への未対応を抗議するため、学校を休みました。私はグレタを見て「彼女にできるのなら私にもできる」と思いました。

何千人もの学生が2019年1月24日ベルギーで、世界のリーダーたちが気候危機を緩和するために大胆な行動を起こすことを要求して、デモ行進した。ヨーロッパとその他世界各地でグレタ・サンバーグがはじめた「フライデー・フォー・フューチャー」イニシアチブの一部として、さらに多くの抗議が起こっている。Photo: NICOLAS MAETERLINCK/AFP/Getty Images
何千人もの学生が2019年1月24日ベルギーで、世界のリーダーたちが気候危機を緩和するために大胆な行動を起こすことを要求して、デモ行進した。ヨーロッパとその他世界各地でグレタ・サンバーグがはじめた「フライデー・フォー・フューチャー」イニシアチブの一部として、さらに多くの抗議が起こっている。Photo: NICOLAS MAETERLINCK/AFP/Getty Images

私は毎週金曜日にニューヨークの国連本部の前でストライキすることに決めました。私の家族は最初からすごくサポートしてくれています。将来、異常気象事象から逃げるのに必死になるなら、学校はどうでもよくなるでしょう。私たちは投票するには若すぎますが、学校を休んでストライキし、気に掛ける問題に注目を引くことはできます。自分で何か行動したくて、他の組織のイベントを待ってはいられないと思ったのです。市議会の前や官庁の前でストライキをすることも考えましたがピンとこず、「国連という全世界が集まる場所でストライキすべきだ」と決めました。気候変動には国境はなく、その解決策にも国境があってはなりません。

私たち若者は気候変動の影響を、よりひんぱんに目にしながら成長しています。国連の気候変動政府間パネルの報告によれば、何十年もの未対応により、気候変動の最悪の影響へとつながる軌道を修正する時間は、わずか11年しか残されていません。世界のリーダーが未だに気候危機を認めることも、優先することも、適切な対応をすることもしていないから、私たちはストライキをします。アメリカ全土で周縁化されたコミュニティ、とくに有色人種、身体障害者、低所得者のコミュニティが、すでに気候変動による不均衡な影響を受けているから、ストライキをします。私たちが登校を拒否することで社会的秩序が乱されたなら、社会制度は気候危機に直面し、変化を取り入れざるを得なくなるから、私たちはストライキをするのです。

アレクサンドリアに加わり、金曜日のストライキに参加するニューヨーク市の他の学校の生徒エラ、アヤ、マリア、ケイト、クレオ。「クラスメートの多くが気候変動について理解しておらず、それはまた私がストライキをする理由でもあります。でもアメリカ全国の他の街の他の学校から多くの支持を得ています」とアレクサンドリアは言う。Photo: Joel Caldwell
アレクサンドリアに加わり、金曜日のストライキに参加するニューヨーク市の他の学校の生徒エラ、アヤ、マリア、ケイト、クレオ。「クラスメートの多くが気候変動について理解しておらず、それはまた私がストライキをする理由でもあります。でもアメリカ全国の他の街の他の学校から多くの支持を得ています」とアレクサンドリアは言う。Photo: Joel Caldwell

3月15日金曜日、米国ユース・クライメート・ストライキは、世界90か国以上で学生がストライキをする世界的運動に参加しました。同じ大義のためにこれほど多くの国が参加した世界の行動の日ははじめてでした。私たちは気候変動、そしてアメリカ国民が経験する数えきれない悪影響と闘うために、過激な立法行動を要求します。私たちはすべての大人が地元のストライキに訪れ、参加する学生を支援することを求めました。私たちは大局的に物事を見つめ、賛同するすべての人が最大の影響をおよぼす必要があります。変化はやってきます。好むと好まざるとにかかわらず。

マリアは13歳。彼女は国連の前でアレクサンドリアに加わって金曜日にストライキすることで、気候変動への行動を要求する何千もの学生のひとり。2月15日、1万人以上の学生がイギリスの街頭に出た。その2週間後、3万5千人の学生がベルギーのクラスをサボタージュした。この次の世界ストライキの日は5月3日。80か国以上から、学生が結集するだろう。Photo: Joel Caldwell
マリアは13歳。彼女は国連の前でアレクサンドリアに加わって金曜日にストライキすることで、気候変動への行動を要求する何千もの学生のひとり。2月15日、1万人以上の学生がイギリスの街頭に出た。その2週間後、3万5千人の学生がベルギーのクラスをサボタージュした。この次の世界ストライキの日は5月3日。80か国以上から、学生が結集するだろう。Photo: Joel Caldwell

外にプラカードを持って出たり、地元政府事務所の前に立つという単純な行動が、気候活動となり得ます。より多くの学生が直接行動を取るべきです。ストライキに参加できないなら、あらゆる場所で起きているストライキと団結して、緑色を着用することもできます。自分のプラカードを作り、クラスに持参してください。創造性を発揮しましょう。壊れた制度を内側から変えることはできないのです。

アレクサンドリアとその他の学生を支持し、アメリカあるいは世界の他の場所でのクライメート・ストライキに参加してください。

コメント 0

関連した投稿

« »