クリーネストライン

アクティビズム

読み込み中
エラー
アスペンの木々に囲まれて5本弦のLackeyバイオリンを抱くリジー・プロトキン。Photo:Lydia Stern

古き良き時代と、新しさについて考える

By モーリー・ベイカー   |   2020/03/11 2020年3月11日

「人の行動を変えるためには、報酬がなければなりません」と言うのは音楽家のリジー・プロトキン。彼女の意見は気取らず、力強く明快で、確信に満ちています。クラクションが鳴り響き、人びとが会話し、バスが往来する活気に満ちた街を背景にしながらも、彼女の声はそんな混沌の一部のようには聞こえません… さらに読む

カリフォルニアのサン・フランシスキート・クリークにあるシアーズビル・ダム。スタンフォード大学は魚や野生動物のための水を放流しない。淀んだ川は枯渇して危機に面し、コンクリートの壁のふもとで妨害されているスチールヘッドにとっては致命的だ。Photo: Matt Stoecker

映画『ダムネーション』:「2014年度アメリカの最も危機に瀕する川」上映ツアーのスケジュールと最近受けた賞について

2014/05/12 2014年5月12日

カリフォルニアのサン・フランシスキート・クリークにあるシアーズビル・ダム。スタンフォード大学は魚や野生動物のための水を放流しない。淀んだ川は枯渇して危機に面し、コンクリートの壁のふもとで妨害されているスチールヘッドにとっては致命的だ。Photo: Matt Stoecker 『ダムネーション』が、テキサス… さらに読む

ヴァレ・エルモソのたくさんの冷たい徒渉の一つ目。Photo: James Q Martin

マイル・フォー・マイル、パート2:ランニング

By ジェフ・ブラウニング   |   2015/04/16 2015年4月16日

マイル・フォー・マイル:パタゴニアでのトレイルランニングと環境保護についてのフィルム。Video: Rios Libresとパタゴニア提供 2日間の106マイルのストーリーを簡潔に語るにはどうすればよいのだろう? それはほぼ不可能だ。生態系を修復したり国立公園を建設するのと同じように、本当にたくさんのステ… さらに読む

脱原発をめざす首長の輪:第二首 「首長の皆様へ」

脱原発をめざす首長の輪:第二首 「首長の皆様へ」

By 三上 元(脱原発をめざす首長会議世話人、湖西市長)   |   2013/09/30 2013年9月30日

三上 元(脱原発をめざす首長会議世話人、湖西市長) 脱原発の方向の意見をおもちでありながら、いまひとつ具体的な行動をされていない市町村長の皆様に申し上げます。世論の70%以上は「原発ゼロを目指せ」と回答しています。また再稼働してほしくないと答える人が過半数を占めています。にもかかわらず、… さらに読む

流れよ 長良川

流れよ 長良川

By 武藤 仁(長良川市民学習会)   |   2014/09/29 2014年9月29日

武藤仁(長良川市民学習会) 私の書棚には大好きな『えほん長良川』がある。表紙は真っ黒に日焼けした少年が魚とともに元気いっぱい泳いでいる絵である。 まさに私の少年時代である。岐阜市長良に生まれ育った私は、夏になれば毎日長良川で泳いでいた。川には水泳学校も開設されていた。岸には貸しボート屋… さらに読む

ユタ州インディアン・クリーク、ヴァン・キャンプ Photo: Andrew Burr

公共の土地を公共の手のなかに

By イヴォン・シュイナード   |   2017/03/21 2017年3月21日

アメリカの政治家はつねに、政府を「ビジネスのように」運営することに固執してきた。彼らが請け合うのは、官僚制度の無駄をなくし、我々の問題のすべてを自由市場に解決させることだ。 さて、もしアメリカの公有地がビジネスだったなら、株主はその一部の重役たちの著しい怠慢にショックを受けることだろう… さらに読む

葉山海洋スポーツ塾のビーチトレーニング。小中高生を対象にジュニアライフセービングの入門プログラムを実施。写真:松宮愛

草の根活動家のための「ツール会議」への日本支社からの参加者、パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎勤務の松宮愛に聞く

By パタゴニア    |   2011/10/27 2011年10月27日

葉山海洋スポーツ塾のビーチトレーニング。小中高生を対象にジュニアライフセービングの入門プログラムを実施。写真:松宮愛 今年の9月14〜19日にスタンフォード・シェラ・キャンプで開催された第12回草の根活動家のための「ツール会議」には、日本からも2名の社員が参加しました。「ツール会議」は環境問… さらに読む

パタゴニアのベンチュラ本社の正面入り口。この通路は駐車場からの雨水をろ過するために新しく作られたバイオスウェールの上に敷かれている。Photo: Jeff Johnson

私たちの水を泳げる状態に保つ:パタゴニア本社のバイオスウェール(浸透池)・プロジェクトと「スイマブル・カリフォルニア・デー」

By パタゴニア    |   2013/11/18 2013年11月18日

パタゴニアのベンチュラ本社の正面入り口。この通路は駐車場からの雨水をろ過するために新しく作られたバイオスウェールの上に敷かれている。Photo: Jeff Johnson 過去数年間、そして最近も「アワ・コモン・ウォーターズ」のキャンペーンを通じて、パタゴニアは最も困難な水質汚染の問題、つまり雨水の流出… さらに読む

Photo:Michael A. Estrada

元祖ツリーハガー(環境保護活動家)

By マイケル・A・エストラダ   |   2018/11/01 2018年11月1日

「ツリーハガー」という言葉を耳にしたとき、あなたは何を、あるいは誰を連想するだろうか。頭に浮かぶのはどんなイメージだろうか。 それは自然を保護することに、しばしば、そしておそらく過剰に、情熱的な人たちについてのぼんやりとした考えからはじまることだろう。 しかし、それを発展させたとき、彼… さらに読む

Photo credits: Jeremy Koreski

パタゴニアの最新オンライン・サーフカタログ『SURF FALL/WINTER 2011』リリース

2011/10/20 2011年10月20日

Photo credits: Jeremy Koreski 新しいオンライン・サーフカタログが波に乗ってリリースされました。今回の最新カタログにもクリックして楽しめる題材が満載。週末のプランを練るのにぴったりなのはもちろん、月曜の朝に仕事へ向かう前の心の慰めともなるかもしれません。このカタログをご覧いただき、すば… さらに読む

パタゴニアが売る製品の多くは、栽培されたものであるため、私たちは水を節約し、表土を再生し、大気中の二酸化炭素を隔離する環境再生型有機農業に投資する。環境再生型有機農業はどれだけの二酸化炭素を隔離できるのか?それはこの写真が撮影されたインドのマディヤ・プラデーシュの、家族経営の綿花農場で調査中。Photo: Tim Davis

パタゴニアはどのようにしてカーボン・フットプリントを削減しているのか

By パタゴニア    |   2019/09/27 2019年9月27日

パタゴニアが(イヴォンの車の後部席でただギアを売るのではなく)オフィスを構えて以来、私たちは机と自由時間、そして売り上げの一部を野生の自然を保護するために捧げてきました。旅をしながら、私たちは土地、空気、水が近視眼的な暴利を貪る人たちによって真の危機にさらされていることを知ったからで… さらに読む

読み込み中
エラー