クリーネストライン

アクティビズム

オレゴン州沿岸のスチールヘッドの川に腰までつかり、スペイキャストしようとするジェフ・ヒックマン。Photo:Jeremy Koreski

故郷の水がすべて:オレゴン州のスチールヘッド

By スティーブ・デュダ   |   2020/07/06 2020年7月6日

オリィ・ヒックマンは、よくはしゃぐ3歳児だ。目下、母親のキャサリンが差し出すニンジン・スティックに喜び、キッチンでラップを踊り、そして会ったばかりの初対面の人々に興奮している。何しろその全員が大声で、しかも同時に話している。けれど何よりオリィ・ヒックマンが大喜びしているのは、父さんと… さらに読む

提供:NO YOUTH NO JAPAN

「政治の話はタブー」の時代は終わった

By 能條 桃子   |   2020/07/01 2020年7月1日

2017年秋の第48回衆議院議員総選挙。19歳の私は、ひょんなことから候補者のもとで選挙インターンをすることになりました。ビラ配りや電話かけだけでなく、候補者のSNSの運用、そして街宣車でのうぐいすや演説もしました。陣営が人手不足であったことから街宣車の運用を数日任され、大学生のインターン50名だ… さらに読む

アイダホ州ボイシーのはずれにある孵化場では、サーモン川上流で捕獲した絶滅寸前のベニザケの成魚を「おかえりなさい」と歓迎する。Photo: JIM NORTON

コロンビア川のパワー・シフト

By ジム・ノートン   |   2020/06/29 2020年6月29日

2019年夏、アイダホ州ソートゥース山麓サーモン川上流の谷に、絶滅危機に瀕する20数匹のベニザケが帰ってきた。1,450キロメートルも離れた海から、疲れ果て、傷ついた繁殖間近のサーモンたちは、レッドフィッシュ湖下方の小川で網にかかり、トラックで225キロメートル先のボイシーの人里離れた巨大な倉庫に… さらに読む

オハイオ州のエリー湖を汚染する藻の大繁殖のなかを進むボート。1972年にクリーン・ウォーター法令の通過以来、エリー湖の毎年の藻の繁殖問題は低下していた。近年は、気候変動の影響と増加する人間の活動により、藻の大繁殖が悪化している。クリーン・ウォーター法令内におけるさらに厳重な保護で、この種の汚染につながる公害の原因を制限する必要がある。Photo:Peter Essick / Aurora Photos / Alamy

汚染されていない水のためにクリーン・ウォーター法令がとても大切な理由

By プリンス・シャカー   |   2020/06/08 2020年6月8日

僕の家族は環境不安のなか、1970年代半ばにジャマイカからオハイオ州に到着した。それ以前の10年間は、アメリカにおける土地と水の取り扱いに関する重要な問題が照らし出されていた。エリー湖に流れ出すカヤホガ川では、1969年にその表面に浮く過度の油膜が燃焼した。多くの人は湖が死んだと思った。 母とそ… さらに読む

ネバダ州のベースン・アンド・レンジ国定記念物は古文化財保護法令のもと、2015年にバラック・オバマによって国定記念物に指定された。1964年以来、500万エーカーを超えるネバダ州の土地が公有地として保護されている。Photo:Tyler Roemer

いかにして100万エーカーの公有地を守るべきか

By ジョスリン・トーレス   |   2020/06/01 2020年6月1日

私が育ったのはラスベガス、オープンスペースやアウトドアよりも夜をかき消すネオンの光で知られる場所です。 しかし私の家族が多くの祝日を過ごしたのは、ラスベガスの街の外でした。ネリス・デューンズ・レクリエーション・エリア、スプリング・マウンテンズ・ナショナル・レクリエーション・エリア、レイ… さらに読む

カリフォルニア州ロサンゼルス、ウィルミントン地区の公園の背後にある石油精製所。NAACP(全米黒人地位向上協会/全国有色人種向上協会)の調査によると、全米の91郡の670万人以上のアフリカ系アメリカ人と低所得者が居住する地域の近くでは、石油精製所が建設中であるか、すでに存在している。Photo:Michael Estrada

不正義について

By ナオミ・ホラード   |   2020/05/21 2020年5月21日

ムスタファ・サンティアゴ・アリが、社会階級や民族を超えた運動の力と環境正義の必要性について、「サンライズ・ムーブメント」のナオミ・ホラードと対談。 9月、数百万人の若者による史上最大の気候ストライキで、世界中のニュースを揺るがしました。ケンタッキー州の丘や渓谷から、ラストベルトの街やサ… さらに読む

春のニシンの産卵によって染まるシトカ湾の島々の沿海。Photo:Lee House

木は立たせておくほうがいい

By ブレンダン ジョーンズ   |   2020/05/20 2020年5月20日

これらの写真が撮影されたアラスカ州トンガス国有林は、トリンギット、ハイダ、チムシアン族の伝統の土地です。パタゴニアは、彼らの共同体を取り巻く土地と水を守りつづける、アラスカ州南東部の先住民族の人びとに敬意を表します。 私がトンガスで暮らしはじめたのは1997年9月、セオドア・ルーズベルト大… さらに読む

浸水したカドゥウェラ市の家屋の外に立ち尽くすスリランカ人。2017年5月にスリランカを襲った大嵐は、島の南部と西部にこの14年間で最悪の洪水と地滑りをもたらした。こうした異常気象は、人類がひき起こした気候変動により、件数と強さが増大している。Photo:Ishara S. Kodikara/AFP/Getty Images

私たちが私たちの労働者を準備すべきとき

2020/05/13 2020年5月13日

「気候危機」という言葉を聞くと、海氷の断片に取り残された痩せたシロクマや、白化したサンゴ礁や、燃える森林や、あるいはミツバチのいない世界を想像するかもしれない。それは間違ってはいない。そのようなこと(およびそれ以上のこと)は悲しいことにすでに発生しているか、あるいは今後数十年後に現実… さらに読む

アラスカ州北極圏国立野生生物保護区ブルックス・レンジの丘陵。Photo:Austin Siadak

北極圏国立野生生物保護区を旅して

By クレア ・ ギャラガー   |   2020/05/11 2020年5月11日

2019年の夏、私たちクレア・ギャラガー、トミー・コールドウェル、ルーク・ネルソンは、アメリカの偉大な国家的宝である北極圏国立野生生物保護区で、汗をかき、笑い、そして泣いた。アラスカ北東部の海岸平野が、グウィッチン民族の文化的・精神的生活とどれほど不可分な関係にあるかを彼らから学び、今日… さらに読む

野生バイソンが自由に徘徊できる自然の生息地を保護するキャンペーンを、モンタナのオフィスで取り組む〈バッファロー・フィールド・キャンペーン〉のメンバー(写真)。コロナウィルスが人びとの健康に脅威を呈するあいだもずっと、トランプ政権は公共福祉を保護することを目的とした環境保護法を引き下げつづけ、公有地を産業に利用させている。Photo:Aubrey Trinnaman

自宅でできること

By マダリナ・プレダ   |   2020/05/07 2020年5月7日

私たちの地球のための闘いをつづけ、孤独感を減らす方法 14歳から84歳までの30数人がコンピュータの前に立ち、世話人の真似をして、腕を風車のように振る「気候キャリステニクス」というエクササイズをしています。ぎこちない人もいますが、熱意をもって体を動かしながら、スクリーン上に格子状に重なった互… さらに読む

アイシャ・シディカは昨年9月20日、ニューヨーク市で25万人を街頭に動員したクライメート・ストライキの主催者のひとり。過去数週間、アイシャと活動家仲間は、組織作りをデジタルの領域に移行しなければならなかった。Photo:Keri Oberly

アースデイのデジタル化

2020/04/24 2020年4月24日

世界が新型コロナウィルス感染爆発の影響に取り組むなか、気候活動家たちは私たちの未来のために闘いつづけています。     2019年6月以来、活動家のアイシャ・シディカはほぼ毎週金曜日にニューヨーク市のハンター・カレッジの学校を「サボり」、気候活動のために活動してきました。午前11時ごろ仲間たち… さらに読む

読み込み中
エラー