クリーネストライン

アクティビズム

読み込み中
エラー
脱原発をめざす首長の輪:第七首「市民の命のために原発に頼らない社会を」

脱原発をめざす首長の輪:第七首「市民の命のために原発に頼らない社会を」

By 中川 智子(宝塚市長)   |   2014/02/27 2014年2月27日

「宝の塚」 2014年宝塚市は、宝塚歌劇100周年、市制60周年、市立手塚治虫記念館20周年のトリプル周年にあたります。この記念の年を盛り上げようと、宝塚駅前や花のみち周辺には「祝・宝塚歌劇100周年」と書かれた目にも鮮やかな赤色のバナーと、「祝・宝塚市制60周年」と書かれ、市の特別観光大使であるかわ… さらに読む

エルワ・リバーの復元

エルワ・リバーの復元

By ディラン・トミネ   |   2014/09/12 2014年9月12日

新学期がはじまる前にもう一度、近場でいいから、平日の遠征に乗り出そうと決めた子供たちと私は、ダムが撤去されたばかりのエルワ・リバーへ向かった。上流のダムの最後の部分が先週取り壊されたので、夏のはじめに行ったときとの違いをみるいい機会だった。それに甦った川を子供たちに体験させたかった。… さらに読む

デモ行進のために集まる社員とお客様。Photo: Betsy Pantazelos

パタゴニアが気候デモ行進に参加

By ベッツィー・パンタゼロス   |   2014/10/03 2014年10月3日

デモ行進のために集まる社員とお客様。Photo: Betsy Pantazelos パタゴニア・ニューヨーク店の社員にとって、今日はいつもの日課ではじまる一日ではありませんでした。品出しもせず、店内のメンテナンスもせず、そしてお客様のために通常の時間に店を開けることもしませんでした。その代わりに、会社の許可… さらに読む

私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:豊かで創造的な地域生活を生む

私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:豊かで創造的な地域生活を生む

By 飯田 哲也   |   2014/04/01 2014年4月1日

いま「ご当地電力」が熱い 福島の会津電力、小田原のほうとくエネルギーをはじめ、北海道から沖縄まで、地名を冠したご当地電力が、とりわけ311後に続々と立ち上がっている。まず「ご当地電力」とは何か、ここで定義しておくと、国際的にほぼ共通な「コミュニティパワー」と同じ定義をベースに、私が拡張し… さらに読む

解決策シリーズ・パート2:私たちのコミュニティにおける解決策

解決策シリーズ・パート2:私たちのコミュニティにおける解決策

By アニー・レオナード   |   2013/10/17 2013年10月17日

1968年、走り高跳びの選手ディック・フォスベリーが、片足ずつ飛ぶ一般的なベリーロールではなく、身体全体を振り上げて、後ろ向きで頭からバーを越える背面跳びでオリンピック記録を更新しました。当初、陸上競技連盟はフォスベリー・フロップと呼ばれるこの不格好な動きを禁止しようとしましたが、その成… さらに読む

蝋燭の光の下、著作に励むクレイグ・チャイルズ。チリ領パタゴニアのアイセン地方。Photo: ジェームス・Q・マーティン

リオ・リブレ:環境特報 – エピソード2「ダムの歴史」

By クレイグ・チャイルズ   |   2013/07/16 2013年7月16日

クレイグ・チャイルズ/ビデオ:〈リオ・リブレ〉 その朝、氷河の水が流れ込むバケル川支流の上流では、かなりの雨がアイセン地方を濡らした。ひと部屋しかない家の屋根からは雨が漏れる。フィリペ・エンリケスという名の青年がパチパチと音を立てる台所の傍で、チリの水利権の私有化、川の売却が命の流れを… さらに読む

「環境に投票を」2014:経済の成長と地球の限界

「環境に投票を」2014:経済の成長と地球の限界

By 枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)   |   2014/12/08 2014年12月8日

by 枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長) 衆院選に向けての政策論争が展開されています。争点の柱は「経済成長戦略」です。「アベノミクスでデフレから脱却して経済成長できるのか否か」「経済成長のためには、もっと規制緩和を進めることが必要だ」「法人実効税率をどのくらい引き下げれば経済成長できるの… さらに読む

映画『ダムネーション』の公式ポスター。

映画『ダムネーション』いよいよ封切り

By パタゴニア    |   2014/02/24 2014年2月24日

映画『ダムネーション』の公式ポスター。 10, 9, 8, 7… 『ダムネーション』封切りの秒読み開始です。3年におよぶ企画、調査、撮影、そして編集を経て、ついに完成した映画『ダムネーション』が、テキサス州オースティンで開催されるサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)にて、3月10日(月)にデビューす… さらに読む

Photo: Tim Davis

不毛の盆地

By ジョアン・ドーナン   |   2015/02/16 2015年2月16日

Photo: Tim Davis 薄暗い10月の夜明けのなか、私たちはカリフォルニアのセントラルバレーへ向かうバスに乗車しました。パタゴニアの社内教育プログラムの一貫として従来農法とオーガニック農法によるコットン農場を見学するためです。私がセントラルバレーについて知っていたことは、シェラネバダ山脈と沿岸… さらに読む

チュキカタマまたは「チュキ」は、チリ北部にある世界最大の露天掘りの銅山。Photo: James Q Martin

リオ・リブレ:環境特報-エピソード3「代替エネルギー」

By アマンダ・マックスウェル、NRDC中南米提唱者   |   2013/08/15 2013年8月15日

「チリ北部は世界最大の太陽光発電の可能性を秘めた場所だ。世界最大だぞ!なぜ南部にダムを建てたがるんだ?気違い沙汰だ。まったくの気違い沙汰だよ」 2011年5月にアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港からサンチアゴのホテルに向かうタクシーの中で運転手が言ったこの言葉は、それから私の頭をずっと… さらに読む

はじめてパタゴニア公園のトレイルに足を踏み入れるパタゴニア・アンバサダーの、ルーク・ネルソン、ジェフ・ブラウニング、クリッシー・モール。チリのアイセン地方にあるパタゴニア公園。Photo: James Q Martin

マイル・フォー・マイル、パート1:新しいパタゴニア公園に到着【アップデート】

By ルーク・ネルソン   |   2014/12/29 2014年12月29日

はじめてパタゴニア公園のトレイルに足を踏み入れるパタゴニア・アンバサダーの、ルーク・ネルソン、ジェフ・ブラウニング、クリッシー・モール。チリのアイセン地方にあるパタゴニア公園。Photo: James Q Martin 突風が吹き、ヘネラル・カレーラ湖畔に打ち寄せる水がしぶきを上げる。目を閉じて立っている… さらに読む

読み込み中
エラー