クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
脱原発をめざす首長の輪:第二首 「首長の皆様へ」

脱原発をめざす首長の輪:第二首 「首長の皆様へ」

By 三上 元(脱原発をめざす首長会議世話人、湖西市長)   |   2013/09/30 2013年9月30日

三上 元(脱原発をめざす首長会議世話人、湖西市長) 脱原発の方向の意見をおもちでありながら、いまひとつ具体的な行動をされていない市町村長の皆様に申し上げます。世論の70%以上は「原発ゼロを目指せ」と回答しています。また再稼働してほしくないと答える人が過半数を占めています。にもかかわらず、… さらに読む

2011年5月19日、パタゴニア本社のあるカリフォルニア州ベンチュラにて。チリをはじめとするスペイン語圏では「カセロロサ」と呼ばれる、シチー鍋を叩いての抗議運動。Photo: Tim Davis

パタゴニア本社にてシチュー鍋抗議:「ダムのないパタゴニア」のために、いまこそ行動を

By ジム・リトル   |   2011/06/02 2011年6月2日

2011年5月19日、パタゴニア本社のあるカリフォルニア州ベンチュラにて。チリをはじめとするスペイン語圏では「カセロロサ」と呼ばれる、シチー鍋を叩いての抗議運動。Photo: Tim Davis チリの原生地区であるアイセン地区に5つの巨大なダムを建設する計画に大きな反対を唱えるため、フライパンやキャセロー… さらに読む

コモンスレッズ × PASS THE BATON

コモンスレッズ × PASS THE BATON

By 遠山 正道(株式会社スマイルズ代表)   |   2013/02/04 2013年2月4日

1999年からスープの専門店「Soup Stock Tokyo」を経営してきた私たちが、東京・丸の内に物販店の出店を持ちかけられたのが2008年。これまでとは異なる業態についていろいろと模索しましたが、どれもしっくりこない。新しく何かを作って手に余らせることにどこか違和感を覚えたのです。そしてすでに世の中に… さらに読む

上記は本書の目次からの写真ですが、その内容をうかがわせるものです。また以下は、私たちの仕事をハーパーズ・インデックス式の分かりやすい数字で説明したものです。さらに掘り下げてお読みになりたい方は文末のブックレットの写真をクリックしてめくってください。お楽しみいただければ幸いです。

Photo: (左上から時計回りに)Eli Steltenpohl、Mikey Schaefer、Lindsay Walker、Tony Clevenger、Ben Knight。Artwork: Amanda Lenz

責任を負おうとする:2014年度 パタゴニア環境的・社会的イニシアチブ

By パタゴニア    |   2014/10/16 2014年10月16日

上記は本書の目次からの写真ですが、その内容をうかがわせるものです。また以下は、私たちの仕事をハーパーズ・インデックス式の分かりやすい数字で説明したものです。さらに掘り下げてお読みになりたい方は文末のブックレットの写真をクリックしてめくってください。お楽しみいただければ幸いです。 Photo:… さらに読む

イエール大学、森林・環境学部で講義するイヴォン・シュイナード。Photo: Anthony Clark

登山家のように考える

By チャリッサ・ルジャナベック   |   2013/01/15 2013年1月15日

イエール大学、森林・環境学部で講義するイヴォン・シュイナード。Photo: Anthony Clark イヴォン・シュイナードが私のレーダーに映ってきたのは1999年でした。 私はユタ州南部に滞在する中西部出身の若い女性で、その夏、西部の劇的な景色に驚愕していました。それまでミズーリ州の森の向うへ旅したことの… さらに読む

「環境に投票を」2013

「環境に投票を」2013

By パタゴニア    |   2013/06/26 2013年6月26日

2013年7月、第23回参議院議員通常選挙が執行されます。パタゴニアでは立候補者の環境問題に関する活動履歴について有権者が学び、彼らの環境価値を投票に生かすため、「環境に投票を」2013キャンペーンを実施します。 パタゴニアではお客様や友人たちに環境のための投票行動を積極的に呼びかけ、立候補者の… さらに読む

脱原発をめざす首長の輪:第六首「再生可能エネルギー地域自給を目指す小田原の歩み」

脱原発をめざす首長の輪:第六首「再生可能エネルギー地域自給を目指す小田原の歩み」

By 加藤 憲一(小田原市長)   |   2014/01/30 2014年1月30日

小田原は「地域自給圏」たるべきエリア 丹沢山塊、箱根外輪山、曽我丘陵に抱かれ、富士山に源流を持つ酒匂川に潤された肥沃な田園を有し、日本三大深湾のひとつである好漁場・相模湾に開けた、我が郷土・小田原。一年を通じ温暖で、海・山・里の幸に恵まれ、多彩な生業や文化が展開する小田原は、客観的に見… さらに読む

ショーヴェ洞窟の壁画。Photo: HTO(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとWikipediaより転載)

壁画が語る前兆

By エイミー・アーバイン・マクハーグ   |   2011/10/11 2011年10月11日

エイミー・アーバイン・マクハーグは素晴らしい著作家です。今回は彼女が気に掛けていることについて書いてもらいました。すでにお手元に届いているパタゴニアの『Winter 2011』カタログに掲載された彼女のエッセイ『赤い景色』もお見逃しなく。『赤い景色』はパタゴニアの現在の環境キャンペーン「アワ・コ… さらに読む

Photo: Jeff Johnson

残されるもの

By ナタリー・チャニン   |   2015/01/30 2015年1月30日

Photo: Jeff Johnson ファッションは私たちが認識する以上に感情的なものです。人びとはしばしば最高のもの、最新のもの、最もファッショナブルなものを欲しますが、私たちの多くが持っているもののなかには、長年所有して何度も何度も繰り返し着るものもあります。そしてこれらのスカーフは、新しいものを… さらに読む

パタゴニアが売る製品の多くは、栽培されたものであるため、私たちは水を節約し、表土を再生し、大気中の二酸化炭素を隔離する環境再生型有機農業に投資する。環境再生型有機農業はどれだけの二酸化炭素を隔離できるのか?それはこの写真が撮影されたインドのマディヤ・プラデーシュの、家族経営の綿花農場で調査中。Photo: Tim Davis

パタゴニアはどのようにしてカーボン・フットプリントを削減しているのか

By パタゴニア    |   2019/09/27 2019年9月27日

パタゴニアが(イヴォンの車の後部席でただギアを売るのではなく)オフィスを構えて以来、私たちは机と自由時間、そして売り上げの一部を野生の自然を保護するために捧げてきました。旅をしながら、私たちは土地、空気、水が近視眼的な暴利を貪る人たちによって真の危機にさらされていることを知ったからで… さらに読む

葉山海洋スポーツ塾のビーチトレーニング。小中高生を対象にジュニアライフセービングの入門プログラムを実施。写真:松宮愛

草の根活動家のための「ツール会議」への日本支社からの参加者、パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎勤務の松宮愛に聞く

By パタゴニア    |   2011/10/27 2011年10月27日

葉山海洋スポーツ塾のビーチトレーニング。小中高生を対象にジュニアライフセービングの入門プログラムを実施。写真:松宮愛 今年の9月14〜19日にスタンフォード・シェラ・キャンプで開催された第12回草の根活動家のための「ツール会議」には、日本からも2名の社員が参加しました。「ツール会議」は環境問… さらに読む

読み込み中
エラー