クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
上流へと急勾配(標高差1,200 メートル)の遡上を終え、ダークウッズ保護区内の産卵場所で泳ぐ雄マス。ブリティッシュ・コロンビア州セルカーク山脈 写真:Bruce Kirkby

熱湯のなかで

By イヴォン・シュイナード   |   2017/10/19 2017年10月19日

私は科学者ではない。だが、70年以上世界各地で釣りをしながら、冷水魚が直面する無数の脅威をこの目で見てきた。なかでも地球温暖化はとくに深刻だ。 気候変動により、地球のあちこちで水温が上昇し、冷水魚が重大なトラブルに陥っている。 「気候変動は起きている。人類が引き起こしているのか、それとも… さらに読む

川に転がっているごくごくありふれた石が川の水を命を育む流れに変える

川に転がっているごくごくありふれた石が川の水を命を育む流れに変える

2011/09/22 2011年9月22日

川の水は高い方から低い方へと流れている。川底の石のあいだを潜ったり出たりしながら流れる水もあれば、湧き水もある。川を流れる水には複雑な流れがある。 編集注記:パタゴニア日本支社で独自に実施した環境キャンペーン「フリー・トゥ・フロー - 川と流域を守る」のエッセイでもおなじみの稗田一俊氏… さらに読む

パタゴニアの最新オンライン・サーフカタログ『SURF FALL/WINTER 2011』リリース

パタゴニアの最新オンライン・サーフカタログ『SURF FALL/WINTER 2011』リリース

2011/10/20 2011年10月20日

新しいオンライン・サーフカタログが波に乗ってリリースされました。今回の最新カタログにもクリックして楽しめる題材が満載。週末のプランを練るのにぴったりなのはもちろん、月曜の朝に仕事へ向かう前の心の慰めともなるかもしれません。このカタログをご覧いただき、すばらしい写真家や撮影家、アンバサ… さらに読む

パタゴニアについて

パタゴニアについて

2013/01/07 2013年1月7日

1968年、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードと3人の仲間は、おんぼろのフォード・エコノラインにスキー、サーフィン、クライミング用のギアを満載し、ロサンゼルスからはるか遠くのパタゴニアの、細い未舗装の道の終了点を目指して南へと向かいました。そこからベースキャンプまでの残りの道を歩き… さらに読む

フットプリント・クロニクルが刷新されてpatagonia.com/japanに再登場

フットプリント・クロニクルが刷新されてpatagonia.com/japanに再登場

2012/06/15 2012年6月15日

by  リサ・ポリー パタゴニアの社員として過去12年間、多くの仕事に関わってきました。そのうちいくつかはおもしろい仕事で、またいくつかは仕事としてやらなければならないものでした。でもフットプリント・クロニクルのウェブサイトのように、会社や社員、そして自分自身にこれほど直接的な影響を… さらに読む

私たちの水を泳げる状態に保つ:パタゴニア本社のバイオスウェール(浸透池)・プロジェクトと「スイマブル・カリフォルニア・デー」

私たちの水を泳げる状態に保つ:パタゴニア本社のバイオスウェール(浸透池)・プロジェクトと「スイマブル・カリフォルニア・デー」

2013/11/18 2013年11月18日

過去数年間、そして最近も「アワ・コモン・ウォーターズ」のキャンペーンを通じて、パタゴニアは最も困難な水質汚染の問題、つまり雨水の流出に焦点を当ててきました。雨が駐車場や屋根や歩道のような透水性のない表面に降ると、そこにあるゴミ、動物の糞、オイル、ガソリン、洗剤、農薬、残留化学物質、銅… さらに読む

住民投票で市民の声を届けるために:Live Green Yokohama

住民投票で市民の声を届けるために:Live Green Yokohama

By 横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会   |   2017/11/13 2017年11月13日

横浜市栄区上郷町瀬上沢は横浜市の最南端に位置し、東側は横浜市金沢区、南側は鎌倉市と隣接しています。この栄区・上郷瀬上沢地域は三浦半島南端から東京高尾山までつづく多摩・三浦丘陵の、緑豊かな里山が連なる自然豊かな地域の中に位置し、横浜市の緑が減少しつづけるなか、まとまりをもって残された緑… さらに読む

石木川のほとりにて 13家族の物語。写真:村山嘉昭

石木川のほとりにて 13家族の物語

By 村山 嘉昭   |   2016/08/12 2016年8月12日

川原地区に暮らす人たちは笑顔を忘れず、日々暮らしている。 桜の咲く頃には地区住民が一同に集って花見を催し、敬老の日を祝い、全世帯が家族同様の付き合いのなかで生きている。 孫や子どもたちが遊ぶ姿に目を細め、冗談を言っては笑い合う姿は、どこにでもいる「普通の人たち」と変わらない。 「ダムがな… さらに読む

Go Renewable 2015 : パタゴニア従業員がみずから行動する理由

Go Renewable 2015 : パタゴニア従業員がみずから行動する理由

By パタゴニア    |   2015/03/05 2015年3月5日

2011年の震災から4年が経った2015年、パタゴニアは昨年同様に「Patagonia Says No Nukes Go Renewable」のメッセージを掲げ、原発から再生可能エネルギーへの転換が必要であることを訴えます。 「私たちは私たちが愛し、遊び、楽しむ場とする惑星と野生の場所の破壊を早める現状や体制を拒否する」このこと… さらに読む

産業用ヘンプとオーガニックコットンから織られ、天然染料で染められた手製の星条旗を持つレベッカ・バージェス。Photo: Donnie Hedden

気候に恩恵をもたらす繊維システムを作る

By レベッカ・バージェス   |   2016/07/04 2016年7月4日

気候変動危機はどうやったら解決できるのでしょうか。その答えは私たちの足の下、つまり土壌に存在するのかもしれません。炭素は土壌、海洋、食物、繊維、そして大気のなかを移動するかぎりある資源で、古代の炭素は地球の核のなかに化石として残されています。地球を入ったり出たりする炭素はなく、私たち… さらに読む

アメリカの新しい国定記念物ベアーズ・イヤーズ。風化した砂岩、深い峡谷、森林、古代の岩窟住居、神聖な壁画からなる135万エーカー(約5,463平方キロメートル)のそこでは、世界級の探険、静寂、レクリエーションの機会が得られる。Photo: Josh Ewing

アウトドア産業はユタを愛している。だがユタはアウトドア産業を愛しているのだろうか?

By イヴォン・シュイナード   |   2017/02/08 2017年2月8日

毎年、何百万人もの人びとがユタの公有地を訪れる。その目的はクライミング、ハイキング、スキー、狩猟、その他さまざまだ。私自身ユタの野生地で何年もスキーをし、登攀し、渓流釣りをしてきた。アメリカ国民がこれらの土地を所有し、そしてユタはその恩恵を受ける。毎年、アウトドアのレクリエーションが… さらに読む

読み込み中
エラー