クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
撮影:中村 友一

特別対談 捨てる社会からリユース社会へ!

By パタゴニア    |   2013/07/23 2013年7月23日

パタゴニアのユーズド・ウェア&ギア by ヤフオク! 着ることができるウェアはしまっておかず、世に出しましょう。パタゴニアではヤフオク!とのパートナーシップを通じて、タンスに埋もれているか、埋め立て地行きになってしまう不要なパタゴニア製品を簡単に販売することができます。とことん着ても着古せな… さらに読む

「環境に投票する」ということ

「環境に投票する」ということ

By 辻 信一 (文化人類学者、環境運動家)   |   2013/07/18 2013年7月18日

by  辻 信一 (文化人類学者、環境運動家) 最後の木を伐り倒し、最後の川を毒で汚し、最後の魚を食べる時、人間はやっと気づくのだろう、お金は食べられないということに。――ネイティブ・アメリカンの長老の言葉 世界中いたるところ、環境問題をめぐる対立ばかりだ。たとえば貴重なウミガメが産卵する海岸… さらに読む

蝋燭の光の下、著作に励むクレイグ・チャイルズ。チリ領パタゴニアのアイセン地方。Photo: ジェームス・Q・マーティン

リオ・リブレ:環境特報 – エピソード2「ダムの歴史」

By クレイグ・チャイルズ   |   2013/07/16 2013年7月16日

クレイグ・チャイルズ/ビデオ:〈リオ・リブレ〉 その朝、氷河の水が流れ込むバケル川支流の上流では、かなりの雨がアイセン地方を濡らした。ひと部屋しかない家の屋根からは雨が漏れる。フィリペ・エンリケスという名の青年がパチパチと音を立てる台所の傍で、チリの水利権の私有化、川の売却が命の流れを… さらに読む

聴衆に語りかけるアンドリューとダニー・ボーイ Photo: Glenda Dudley

〈ロックウッド・アニマル・レスキュー・センター〉がリノのパタゴニアを訪問

By ローレル・ウィンターボーン   |   2013/07/08 2013年7月8日

聴衆に語りかけるアンドリューとダニー・ボーイ Photo: Glenda Dudley アラスカでのダニーの勇敢な救助劇とゾッとする檻での生活についてマットが陽気に語るなか、当のダニーは部屋の隅で丸くなって穏やかに昼寝をしている。部屋のもう一隅では、片割れのウィローが眠気でウトウトし、数秒ごとに頭が垂れか… さらに読む

 Photo: CHAR

地球に一票

By 木下 デイヴィッド(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2013/07/04 2013年7月4日

地球#が好きだから私は環境に投票します。写真:パタゴニア日本支社 僕は今年40歳になる。19歳でプロサーファーになり、世界中の海で波乗りをしてきた。きれいな海岸もあればそうでないのもあったが、いちばん汚れていたのは残念なことに母国の日本である。特に海水浴シーズンが終わった9月初めはひどい。… さらに読む

 バケル川とネフ川の合流点 この滝はダムが建設されれば貯水池となってしまう。チリ領パタゴニア。写真:ジェームス・Q・マーティン

リオ・リブレ:環境特報 – エピソード1「パタゴニアの人々」

By ホアン・パブロ・オレゴ   |   2013/07/01 2013年7月1日

ビデオ:〈リオ・リブレ〉 「ダムのないパタゴニア」のキャンペーンはすごいと人々は口にします。それは無理もないことです。 これはパタゴニアの最も壮大なふたつの川、バケル川とパスクア川を救うためだけのキャンペーンではありません。この惑星の伝説的で生態系の至宝の魔法のような美しさや、生物多様… さらに読む

「環境に投票を」2013

「環境に投票を」2013

By パタゴニア    |   2013/06/26 2013年6月26日

2013年7月、第23回参議院議員通常選挙が執行されます。パタゴニアでは立候補者の環境問題に関する活動履歴について有権者が学び、彼らの環境価値を投票に生かすため、「環境に投票を」2013キャンペーンを実施します。 パタゴニアではお客様や友人たちに環境のための投票行動を積極的に呼びかけ、立候補者の… さらに読む

太陽光発電システム発電状況。写真:武蔵野市

循環型社会の構築をめざして

By 東京都武蔵野市長 邑上 守正   |   2013/06/24 2013年6月24日

太陽光発電システム発電状況。写真:武蔵野市 武蔵野市は人口約14万人、面積10.73キロ平方メートル、全国の市のなかでも第2位の人口過密都市です。しかしながら東京都23区と多摩地区の接点に位置しているため、利便性と自然環境を享受しやすい都市でもあります。市域は狭いながらもコンパクトで利便性の高… さらに読む

セロ・サン・ロレンゾ。Photo: Doug Tompkins

コンセルバシオン・パタゴニカによる37,500エーカーのエル・リンコンの寄付により、アルゼンチンのペリト・モレノ国立公園が拡張

By リック・リッジウェイ   |   2013/06/10 2013年6月10日

セロ・サン・ロレンゾ。Photo: Doug Tompkins 5月の終わり、パタゴニアの友人であり同僚のダグとクリス・トンプキンスは、私たちの会社名の由来である37,500エーカーの野生の土地、エスタンシア・リンコンを〈コンセルバシオン・パタゴニカ〉からアルゼンチンの国立公園システムへ寄付すると発表しました。… さらに読む

『レスポンシブル・カンパニー』共著者ヴィンセント・スタンリー来日イベント‏

『レスポンシブル・カンパニー』共著者ヴィンセント・スタンリー来日イベント‏

2013/06/06 2013年6月6日

『レスポンシブル・カンパニー』の出版を記念し、イヴォン・シュイナードの甥であり、パタゴニアで長年にわたってストーリーテリングの責任者を務めるヴィンセント・スタンリーが、パタゴニアがいかに革新的に、より責任ある方法で事業をおこなってきたかについて、またウォルマートのような大企業や街角の… さらに読む

Photo: Tim Davis

「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介

By イヴォン・シュイナード   |   2013/05/30 2013年5月30日

私は自分のことをビジネスマンだと考えるのが好きではない。私がビジネス界に対してかなりの懐疑心を抱いていることをご存知の方も多いだろう。しかし、妻と私が40年前に創業した会社「パタゴニア」は、世界的な規模でいうところの中堅会社に成長した。そしてそれは私の家族に深刻な責任を与えている。パタ… さらに読む

読み込み中
エラー