クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
廃棄物「ゼロ」は可能か:その実現に向けた個人と企業の共同の取り組み

廃棄物「ゼロ」は可能か:その実現に向けた個人と企業の共同の取り組み

By アニー・レオナード   |   2012/08/13 2012年8月13日

世の中にかなり普及してきたリサイクル。けれども、その改善の余地はまだまだあります。紙、缶、ボトルを仕分けしてゴミ出しすることは自然に市民の身に付いてきたし、多くの地域社会が道路脇のリサイクルプログラムを生ゴミや他のコンポスト可能なものにまで拡張しています。しかしアメリカ全国では、毎年… さらに読む

この1つの地球に、その1票を~because I love….

この1つの地球に、その1票を~because I love….

By パタゴニア    |   2012/07/26 2012年7月26日

アメリカでは2012年秋、総選挙が実施されます。パタゴニアはこの選挙に大いに関心をもち、11月の投票日には、私たちの最も重要な価値観をもって投票したいと考えています。以下、パタゴニアのアメリカ国内での取り組みをご紹介します。今年の夏休みにアメリカに行かれる日本の皆様、旅の途中でアメリカ… さらに読む

固定価格買取制度とグリーン電力証書と電力自由化

固定価格買取制度とグリーン電力証書と電力自由化

By 竹村 英明 (エナジーグリーン株式会社取締役副社長)   |   2012/07/23 2012年7月23日

竹村 英明 (エナジーグリーン株式会社取締役副社長) 自然エネルギーの電気を高価格で買い取る固定価格買取制度が7月1日からはじまりました。自然エネルギーの電気は、種別によって違いはありますが、おおむねこれまでの倍もしくは3倍の価格で20年間電力会社に買い取ってもらえるため、自然エネルギー発電… さらに読む

写真:〈ファイブ・ジャイルズ・インスティテュート〉提供

北太平洋旋回の航海の途上にて

By パタゴニア    |   2012/07/19 2012年7月19日

写真:〈ファイブ・ジャイルズ・インスティテュート〉提供 位置:北緯29°11.9 、東経170°35.2 「クジラだ」とトレイシーがデッキから鋭く叫んだ。僕はダニと下のサロンにいて、ケルヴィンが料理したキムチと海苔のチャーハンを遠慮したあと、昼食のハマスを食べていたところだった。シー・ドラゴン号では野… さらに読む

誇りある、再利用という選択

誇りある、再利用という選択

By アニー・レオナード   |   2012/07/09 2012年7月9日

1993年にダッカの家に引っ越したとき、部屋にゴミ箱がないことに気付きました。そこで最初に市場に行ったとき、ゴミ箱を買いました。そしてすぐにバングラデッシュの首都で物を「捨てる」ということは、自分の故郷でのそれとは違うことを発見しました。私が捨てた物は、すぐに地元地域に再登場し、再利用さ… さらに読む

下記の手紙を書くきっかけとなったワイオミングのグロヴァント・ウィルダネス。Photo: Laura Linn Meadows

手をペンに伸ばして、反対しよう

By ローラ・リン・メドウズ   |   2012/07/02 2012年7月2日

ローラ・リン・メドウズ 最近では、マウスボタンを1、2度クリックするだけで環境問題について行動を起こすことができます。それは忙しい日々の生活のなかで、時間を犠牲にせずに、自分の考えを選出議員などに知らせる効果的な方法です。しかし、それ以上の行動を起こしたいと思わせるような深刻な問題もあ… さらに読む

フットプリント・クロニクルが刷新されてpatagonia.com/japanに再登場

フットプリント・クロニクルが刷新されてpatagonia.com/japanに再登場

By リサ・ポリー   |   2012/06/15 2012年6月15日

世界地図にピンで表示されたパタゴニアのサプライヤーを見ることができるのは、フットプリント・クロニクルの最新機能のひとつ。Screenshot: Patagonia.com パタゴニアの社員として過去12年間、多くの仕事に関わってきました。そのうちいくつかはおもしろい仕事で、またいくつかは仕事としてやらなければな… さらに読む

海辺で楽しむヨガ

世界と海がつながる日、ワールドオーシャンズデイ

By 武田 真由美 (NPO法人 ワールドオーシャンズデイ代表理事)   |   2012/06/11 2012年6月11日

武田 真由美 (NPO法人 ワールドオーシャンズデイ代表理事) 海辺で楽しむヨガ。 青い惑星と呼ばれる地球。その青さの源は地表の約70%を占める海です。はるか遠い昔この海から生命が生まれ、そして多くの生きものが進化をつづけていまのような多様性に満ちた地球が誕生しました。よくいわれることですが海… さらに読む

MAKE A DIFFERENCE WITH 1% ―あなたの1%が社会を変える―

MAKE A DIFFERENCE WITH 1% ―あなたの1%が社会を変える―

2012/06/07 2012年6月7日

2012年2月7日、1%フォー・ザ・プラネット(以下1%FTP)日本窓口が主催するイベント、「Make A Difference with 1%~あなたの1%が社会を変える」が開催されました。日本におけるネットワーク拡大のために開催された本イベントには、「自然環境の保護/回復のために少なくとも売上の1%を寄付する」… さらに読む

ゴミか宝か?業者によって回収された古着やジーンズの山。写真:小泉 壱徳

国内を循環する古着を着る、そしてライフシフトへ

By 小泉 壱徳(国内循環古着プロジェクト代表)   |   2012/05/24 2012年5月24日

小泉 壱徳 (国内循環古着プロジェクト代表) ゴミか宝か?業者によって回収された古着やジーンズの山。写真:小泉 壱徳 日本の古着のほぼ90%が、回収されることもなく焼却されつづけている。国内でのリサイクル回収率はおよそ古紙60%、アルミ缶90%に対し、古着はわずか10%。リサイクルやリユースが多く… さらに読む

放射能測定。写真:彩の国資源循環工場と環境を考えるひろば 。

パタゴニアの環境助成金プログラム ~助成先から届いたその後のストーリー

By パタゴニア    |   2012/05/17 2012年5月17日

パタゴニアでは環境問題解決の支援として、1985年より現在まで総額4,600万ドル相当の寄付を、1,000以上の環境活動グループに行っています。日本支社でも「環境助成金プログラム」を通じて、日本国内の草の根環境グループを支援しています。 また私たちが関心を持っている環境問題にお客様にもかかわっていた… さらに読む

読み込み中
エラー