クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
コロラド・リバーを5か月間パドリングしたあと、乏しくなっていく水を進むジョン・ウォーターマン。ピート・マクブライドの素晴らしい映画『Chasing Water(水を追いかけて)』より。Photo: Pete McBride

アメリカで最も危機に晒されている川はかのコロラド・リバーである

By エイミー・サワーズ・コーバー   |   2013/05/13 2013年5月13日

私たちは皆、淡水によって繋がっています。川は血管のように流れ、州や国境を超え、私たちの社会を維持しています。西部では1つの川が7つの州とメキシコを繋げています。それはレッド、グランド・リバー・レッド、リオ・コロラド、マイティー・コロラドといったいくつかのニックネームをもつ川です。 コロ… さらに読む

遺伝子組み換えサーモンは「人間の健康や環境にリスクは呈さない」としたFDAの決定に対し、地域集会にて異議を唱える小さなアラスカ沿岸の町、シトカの150人の住民たち。Photo: 〈Sitka Conservation Society〉

サーモンのために団結

By レイ・フリードランダー   |   2013/05/09 2013年5月9日

遺伝子組み換えサーモンは「人間の健康や環境にリスクは呈さない」としたFDAの決定に対し、地域集会にて異議を唱える小さなアラスカ沿岸の町、シトカの150人の住民たち。Photo: 〈Sitka Conservation Society〉 メアリー・シェリーの小説『フランケンシュタイン』と同じレベルに置かれている遺伝子組み換え… さらに読む

上盛山から見た長島と祝島。写真:齊藤 知子

奇跡の海 – 上関の海と人に魅かれて

By 齊藤 知子(パタゴニア日本支社ダイレクトセールス)   |   2013/04/22 2013年4月22日

上盛山から見た長島と祝島。写真:齊藤 知子 山口県熊毛郡上関町。この町にある長島という島の先端の田ノ浦には、冬のとても短いあいだ海のなかに黄色いお花畑が広がる。『風の谷のナウシカ』に出てくる「金色の大地」のような景色だが、もしかすると今年かぎりで見られなくなってしまうかもしれない危うい… さらに読む

国民の抗議がパタゴニアのダム建設を中断させる

国民の抗議がパタゴニアのダム建設を中断させる

By クリス・カッサー   |   2013/04/18 2013年4月18日

「パタゴニアは売り物じゃない! パタゴニアの川を救おう!」 「アイセンを保護しよう! パタゴニアをダムから守ろう!」 パタゴニアの2つの手つかずの川、バケルとパスクア川に計画された2基のダムに抗議し、2012年4月、チリのサンチアゴの路上でふたたび何万人もの人びとの声がこだましました。その数… さらに読む

愛について

愛について

By アニー・レオナード   |   2013/03/14 2013年3月14日

私たちが急進的環境保護運動家というレッテルを貼られるずっと前、環境保護主義者とか、環境保護活動家とか、自然保護論者などという呼び名よりも以前は、地球へ情熱を抱く人たちは通常は自然愛好家と呼ばれていました。この名前をふたたび受け入れるのに良い日が今日の他にあるでしょうか。 コモンスレッズ… さらに読む

Go Renewable 2013 : 日本の未来のために、再生可能エネルギーについて学び、正しい情報のもと、あらたな一歩を踏み出しましょう

Go Renewable 2013 : 日本の未来のために、再生可能エネルギーについて学び、正しい情報のもと、あらたな一歩を踏み出しましょう

By パタゴニア    |   2013/03/11 2013年3月11日

再生可能エネルギーを選択することには、持続可能な未来を実現するための投資が含まれているとともに、人類と地球上に生息するその他すべての動植物が支払う代償を発生させないことにも寄与しています。 再生可能なエネルギー源はすでに存在しています。 そしていまやそうしたエネルギーの使用を拡大するた… さらに読む

オリンピック国立公園内にある64メートルのグラインズ・キャニオン・ダムは、1927年以来、たぐいまれなチヌーク・サーモンの産卵床への遡上を違法に塞いできた。Photo: Ben Knight/ダムネーション

ダムネーション – 川はみずから回復する

By ケイティー・クリングスポーン   |   2013/02/25 2013年2月25日

オリンピック国立公園内にある64メートルのグラインズ・キャニオン・ダムは、1927年以来、たぐいまれなチヌーク・サーモンの産卵床への遡上を違法に塞いできた。Photo: Ben Knight/ダムネーション 2011年9月、緑生い茂るワシントン州オリンピック半島のエルワ・ダムが重機によって少しずつ削り取られ、米国… さらに読む

パートナーシップ

パートナーシップ

By アニー・レオナード   |   2013/02/14 2013年2月14日

The Story of Stuff」プロジェクトでは、新たに環境保護に目覚め、変革を起こしたいと願う人びとから毎週、何百通ものe-mailをいただきます。これにより私ははじめて学ぶことから、変化のための行動を起こすまでの道について考えることとなりました。ハーバード大学のトニー・ワグナーは彼の新刊書『Creatin… さらに読む

羊の群れに向かうガウチョとボーダーコリー

パタゴニアの牧羊

By ジム・リトル   |   2013/02/12 2013年2月12日

羊の群れに向かうガウチョとボーダーコリー パタゴニアの福利厚生制度はとても充実しているが、そのなかでもとくにすばらしいのは、環境保護グループでボランティア活動をする機会を与えてくれるインターンシップ・プログラムだ。ベンチュラ本社でエディターとして働いてきた15年間に、僕はウエスト・イエロ… さらに読む

コモンスレッズ × PASS THE BATON

コモンスレッズ × PASS THE BATON

By 遠山 正道(株式会社スマイルズ代表)   |   2013/02/04 2013年2月4日

1999年からスープの専門店「Soup Stock Tokyo」を経営してきた私たちが、東京・丸の内に物販店の出店を持ちかけられたのが2008年。これまでとは異なる業態についていろいろと模索しましたが、どれもしっくりこない。新しく何かを作って手に余らせることにどこか違和感を覚えたのです。そしてすでに世の中に… さらに読む

ワイオミング州のトラッパーズ・ポイントに新たに建設されたオーバーパスを渡る移動中のプロングホーンとミュールジカ。Photo: Joe Riis

野生動物のための橋:移動中のプロングホーンが新たに建設されたオーバーパス(高架通路)に出会った

By エミリーン・オストリンド、写真:ジョー・リース   |   2013/01/28 2013年1月28日

ワイオミング州のトラッパーズ・ポイントに新たに建設されたオーバーパスを渡る移動中のプロングホーンとミュールジカ。Photo: Joe Riis グランド・ティトン国立公園から南東約270キロにある越冬地へと移動するプロングホーン・アンテロープは、河川、フェンス、高山の峠、分譲住宅地、エネルギー開発地など… さらに読む

読み込み中
エラー