クリーネストライン

環境保護への行動

読み込み中
エラー
〈レインフォレスト・リリーフ〉:パタゴニアのソーホー店社員がアマゾンの熱帯雨林を救うためにコニー・アイランドを登った理由

〈レインフォレスト・リリーフ〉:パタゴニアのソーホー店社員がアマゾンの熱帯雨林を救うためにコニー・アイランドを登った理由

By ヤシャ・ウォーリン   |   2016/01/14 2016年1月14日

ヤシャ・ウォーリン 1988年はヤンキースが24度目のワールドシリーズで全勝し、副大統領アル・ゴアが京都議定書に象徴的に調印し、スタンフォード大学の博士過程の学生2人がグーグルという小さな会社を設立した年。それはまたパタゴニアのソーホー店の前社員アーロン・ペッツとティール・アケレットが他の3… さらに読む

フリー・ザ・スネーク船団アクション!

フリー・ザ・スネーク船団アクション!

2015/12/21 2015年12月21日

  去る2015年10月3日土曜日、釣り人、アメリカ先住民、農夫、シャチ愛護家、ビジネスオーナー、サーモン提唱者、カヤッカー、環境保護家など300人以上が、ワシントン州南東部にあるスネーク・リバー下流のローワー・グラネット・ダム付近に集いました。多岐に渡る人たちからなるこのグループは「フリ… さらに読む

ダグを愛した人たちへ

ダグを愛した人たちへ

By リック・リッジウェイ   |   2015/12/18 2015年12月18日

リック・リッジウェイ 僕らの友人であり師でもあったダグ・トンプキンスがカヤック事故で命を失くしてから、僕らは世界中の何千もの人びとからお悔やみを受け取った。ダグ本人を知らずとも彼の仕事を知っていた人びとが喪失感を抱いているのは明白だ。 数日前、僕らはチリの町プエルト・ヴァラスにある〈ト… さらに読む

2015年11月29日(日)「気候をまもるパリへの行進。アースパレード2015・京都」開催

2015年11月29日(日)「気候をまもるパリへの行進。アースパレード2015・京都」開催

2015/12/15 2015年12月15日

by  瀬戸 勝弘(パタゴニア 京都) 本記事を投稿する3日前の12月12日、195か国によって達成される気候への取り組みが、地球の危機を救うために大きな一歩を踏み出しました。ここ何週間かのパリに対する注目は前例のないものであり、もはや世界でもっとも影響力のある国々が無視することのできない動… さらに読む

ジャンボを野生のままに:ジャンボ・グレイシャーを保護するための闘い

ジャンボを野生のままに:ジャンボ・グレイシャーを保護するための闘い

By マイク・ベラール   |   2015/12/09 2015年12月9日

マイク・ベラール 過去24 年間、カナダのブリティッシュ・コロンビア州クートニーの住民の大半が、パーセル山脈中央部の奥地に通年営業の巨大スキーリゾートを建設するという計画に反対してきた。この地方は貴重な手つかずのアルパインバックカントリーと、グリズリーベアの重要な生息地の中心部の両方を包… さらに読む

小さな種を未来へつなぐ

小さな種を未来へつなぐ

By 佐藤 博美(パタゴニア 仙台)   |   2015/11/30 2015年11月30日

佐藤 博美(パタゴニア 仙台) 生命の多様性をもつ「固定種・在来種」が姿を消そうとしています。地球の未来に健全な生命を残すため、風土に合った郷土の種をふたたび生み出し、多くの方と共有して、未来の子供たちにつなげるために活動する――このミッション・ステートメントを胸に持続可能な農業を営む岩… さらに読む

地面を歩く:「ジャンボ・ワイルド」の2人のスキーヤーが野生の場所、コミュニティ、そしてアクティビズムについて語ります。

地面を歩く:「ジャンボ・ワイルド」の2人のスキーヤーが野生の場所、コミュニティ、そしてアクティビズムについて語ります。

2015/11/24 2015年11月24日

ブリティッシュ・コロンビア州南東部に暮らすジャスミン・ケイトンとリア・エバンス。ケイトンはスキーガイド兼ヴァルハラ・マウンテン・ツアリングの共同経営者、そしてエバンスはレベルストークにあるフリースタイルスキー・プログラム「ガールズ・ドゥ・スキー」の創設者兼ディレクターとして働いていま… さらに読む

もう大丈夫なのだろうか? レフュジオ原油流出事故から数か月

もう大丈夫なのだろうか? レフュジオ原油流出事故から数か月

By クリスチャン・ビーミッシュ   |   2015/11/05 2015年11月5日

クリスチャン・ビーミッシュ   先祖の詠唱がこれらの海岸の原初の執事を彷彿させるなか、クリス・マロイと〈ファーム・リーグ〉のメンバー、そして僕はレフュジオ原油流出事故についてコメントする短編ビデオを制作した。トッド・ハニガンの素晴らしいレコーディング・スタジオで僕が書き留めた文章に… さらに読む

ジャンボ・ワイルド:「我ら人民」

ジャンボ・ワイルド:「我ら人民」

2015/10/15 2015年10月15日

 by エリエル・ヒンダート    注意して見ていなければ見過ごしてしまうものがある。 朝日のなかでコロンビア・リバー流域からパーセル山脈を見渡していると、ラジウム・ホットスプリングスにある地方自治体事務所を通り過ぎてしまう。それは人間の存在がたんなる星印のように思えるこの限… さらに読む

パタゴニアの地球税:2015年度 パタゴニアの環境/ソーシャル・イニシアチブ

パタゴニアの地球税:2015年度 パタゴニアの環境/ソーシャル・イニシアチブ

2015/10/09 2015年10月9日

従来の慈善活動の様式は、企業や財団などの大規模な資金提供者がおもに大掛かりなプロの環境グループを支援するのが通常です。(500万ドルを超える予算をもつ)全国的な大規模環境保護団体は重要な仕事をしていますが、それらは環境グループ全体のわずか2%にすぎないのにもかかわらず、全環境助成金および… さらに読む

野生の魚はトラックには乗らない

野生の魚はトラックには乗らない

By イヴォン・シュイナード/マット・シュテッカー   |   2015/08/27 2015年8月27日

イヴォン・シュイナード/マット・シュテッカー 本論説は2015年7月23日のサクラメント・ビー紙に掲載されたものです。 5月7日、ユバ・サーモン・パートナーシップ・イニシアチブ(YSPI)はカリフォルニア州では初の「捕獲と運搬」プログラムに着手する計画を発表した。捕獲と運搬とは魚を捕まえて、トラ… さらに読む

読み込み中
エラー