クリーネストライン

クライミング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
今井 健司、パタゴニア・クライミング・アンバサダー

今井 健司、パタゴニア・クライミング・アンバサダー

2015/11/12 2015年11月12日

「チャムラン北壁。1981年にR・メスナーとD・スコットというレジェンドたちによって登られた(このときは残念ながら山頂までは行けなかった)巨大な北壁は、その後長いあいだトライされることなく静寂を保ってきた。しかしアルパインクライマーの記憶からこの美しい壁が忘れ去られたわけではなく、現在でも… さらに読む

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート3「文明社会への帰還と登攀概要」

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート3「文明社会への帰還と登攀概要」

By ニコ・ファブレス 写真提供:ワイルドな一団   |   2015/10/26 2015年10月26日

ニコ・ファブレス 写真提供:ワイルドな一団 2か月ぶりのシャワーはどう表現したらいいのだろう……うーむ。 グリーンランドの文明社会にたったいま戻ったところ。この3週間はいろんな意味でとにかくエキサイティングだった。冒険的なクライミング、ホッキョクグマとの近接遭遇(しかも丸腰)、そして吹雪… さらに読む

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート2「悪天候、船上コンサート、夜間の登攀」

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート2「悪天候、船上コンサート、夜間の登攀」

By ニコ・ファブレス 写真提供:ワイルドな一団   |   2015/10/22 2015年10月22日

ニコ・ファブレス 写真提供:ワイルドな一団 バフィン島に着いてから3週間が過ぎた。(編集者注:パート1はこちらをご覧ください。)最初に出会った地元住民は海岸から何キロメートルもはなれた叢氷の上を漂流している8頭のホッキョクグマだった。深い霧のなかで砕けた叢氷の合間を縫うように走ってい… さらに読む

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート1「ウマナックでのウォームアップと壁で過ごした24時間」

バーティカル・セーリング・グリーンランド2014:パート1「ウマナックでのウォームアップと壁で過ごした24時間」

2015/10/19 2015年10月19日

 by ニコ・ファブレス 写真提供:ワイルドな一団 2014年7月15日。またまたエキサイティングな冒険に出発だ! 船長のボブ・シェプトン師は、僕たちワイルドな一団(ショーン・ヴィラヌエバ、オリビエ・ファブレス、ベン・ディト、そして僕)がジャムセッションとビッグウォール登攀のためにドドズ… さらに読む

ジャンボ・ワイルド:「我ら人民」

ジャンボ・ワイルド:「我ら人民」

2015/10/15 2015年10月15日

 by エリエル・ヒンダート    注意して見ていなければ見過ごしてしまうものがある。 朝日のなかでコロンビア・リバー流域からパーセル山脈を見渡していると、ラジウム・ホットスプリングスにある地方自治体事務所を通り過ぎてしまう。それは人間の存在がたんなる星印のように思えるこの限… さらに読む

冒険でいっぱいの旅はつづく

冒険でいっぱいの旅はつづく

By キティ・キャルフーン   |   2015/10/01 2015年10月1日

キティ・キャルフーン 年をとるにつれて私にとっても友だちにとっても、普通のライフスタイルに収まってしまう危険はより現実のものとなる。芝生を刈り、車のオイル交換をし、歯医者に行く。近頃では、選択肢があれば、マルチピッチのルートに1日を費やすよりも数ピッチのスポーツクライミングでワークア… さらに読む

パタゴニア・アンバサダーの試練と憧れの夏休み:日本海側末端尾根から剱岳リアル北方稜線50キロ17座の山旅(後編)

パタゴニア・アンバサダーの試練と憧れの夏休み:日本海側末端尾根から剱岳リアル北方稜線50キロ17座の山旅(後編)

2015/09/17 2015年9月17日

by 谷口けい&加藤直之 編集者記:今年の夏、アンバサダー仲間の谷口けい(kei)と加藤直之(nao)が富山県の北方稜線約50キロメートルの藪こぎ山行をした。富山県の黒部市の最北端の末端尾根から入山し、剱岳本峰を経由して馬場島に下山。6日間の山旅で、越中駒ケ岳~池ノ平山はほとんど道がない藪こぎであ… さらに読む

パタゴニア・アンバサダーの試練と憧れの夏休み:日本海側末端尾根から剱岳リアル北方稜線50キロ17座の山旅(前編)

パタゴニア・アンバサダーの試練と憧れの夏休み:日本海側末端尾根から剱岳リアル北方稜線50キロ17座の山旅(前編)

2015/09/14 2015年9月14日

by 谷口けい&加藤直之 世間は盛夏、まさにお盆の真っ只中の8月10日、ぼくたちは富山県黒部の、 はるか南の剱岳へとつづく末端尾根がはじまる、嘉例沢森林公園へ向かった。そこから途方も無い稜線をすべて繋げて、我々のホームともいえる剱岳・本峰を踏んで、馬場島へ下山するという壮大!?な計画だ。昨今巷… さらに読む

無限に広がる可能性に思いを馳せて:エベレスト街道ボルダリング

無限に広がる可能性に思いを馳せて:エベレスト街道ボルダリング

By 横山 勝丘   |   2015/08/13 2015年8月13日

横山 勝丘(パタゴニア・クライミング・アンバサダー) 4月下旬、ネパール中部で大地震が発生し、多くの命が失われた。そのちょうど一か月前の3月、ぼくはまさにネパールヒマラヤの心臓部にいた。地震のニュースを聞いてすぐに、そこで出会った現地の人々の顔と、周囲に広がる雄大な山々が脳裏に浮かび、胸… さらに読む

過去を尊重する、そして神聖な場所を保護する規則

過去を尊重する、そして神聖な場所を保護する規則

By ジョシュ・ユーイング   |   2015/08/06 2015年8月6日

ジョシュ・ユーイング 15年前、僕は登攀し、探索し、冒険する場として、米国土地管理局(BLM)と国有林の広大な地形に恵まれたユタ州の南東部に惹かれた。僕のクライミング・パートナーや勇敢なハイカー以外にはほとんど人気のない場所だ。国立公園でたまに感じるような、行動ひとつひとつがレンジャーや規… さらに読む

ランタン渓谷の地震

ランタン渓谷の地震

By コリン・ヘイリー   |   2015/07/16 2015年7月16日

コリン・ヘイリー 4月16日の正午頃、バンクーバーから飛行機に乗った。くたくたに疲れていた。パタゴニアでの4か月のクライミングシーズンを終えて北米に戻ると山のコンディションは最高で、足しげく通わないわけにはいかず、結局この6週間ゆっくり休む間はなかった。今回パタゴニアで自己最高の結果を生み… さらに読む

読み込み中
エラー