クリーネストライン

カルチャー

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
『腹ごしらえをして、種を救おう』

『腹ごしらえをして、種を救おう』

2011/11/21 2011年11月21日

『腹ごしらえをして、種を救おう』byイヴォン・シュイナード『Holiday 2011』カタログ(英語版)掲載 パタゴニアは、環境査定プログラムに着手して「吟味された生活」を営む以前は、他のアパレル企業と同じようにただウェアを作るだけの企業だった。1988年春、ボストンのニューバリー・ストリートにある古い… さらに読む

社員による社員のためのトレイルランニング・キャンプ

社員による社員のためのトレイルランニング・キャンプ

2010/12/16 2010年12月16日

パタゴニア日本支社では社員同士がアウトドアスポーツやアクティビティを楽しめる企画を社内で募り、その資金の一部を会社が補助するプログラムを設けています。これまでに北八ヶ岳でのスノーキャンプ、伊豆でのサーフキャンプ、丹沢でのフライフィッシング、屋久島の縦走トレッキングなどが実施されました… さらに読む

『glide STYLE – パタゴニア主義。』での取材エピソード

『glide STYLE – パタゴニア主義。』での取材エピソード

2011/08/18 2011年8月18日

マリン企画が出版する雑誌『SURFIN’ LIFE glide』がまるごと1冊パタゴニアを取り上げた『glide STYLE – パタゴニア主義。』が2011年7月22日に発売されました。全国の書店はもちろん、パタゴニア直営店およびオンラインショップでご購入いただけます。今日はライターの屋良竜市氏によるパタゴニア本社… さらに読む

誠実なドーナツ

誠実なドーナツ

2011/11/14 2011年11月14日

パタゴニアで働くなかでの素晴らしい財産のひとつに、興味深い人たちに出会えることがあります。ベンチュラ本社でオンライン・マーケティングを担当するマーク・シマハラは、旅で訪れる先々でカフェやベーカリー探索にいそしむほどのコーヒー&焼き菓子好き。今年の春にはパタゴニアの環境インターンシップ… さらに読む

イエローストーンからリノへ

イエローストーンからリノへ

2010/12/13 2010年12月13日

2010年のホリデーカタログの後ろ見返しにある写真は、1990年のキッズカタログの表紙に掲載されたのが最初です。現在のメールオーダー部門には、その当時パタゴニアで働いていたスタッフはいません。けれども、「ある雪の日にイエローストーン国立公園でバッファローが草を食べている姿を小さな女の子が窓か… さらに読む

四国遍路の旅:歩いて、歩いて、歩いて

四国遍路の旅:歩いて、歩いて、歩いて

2011/08/15 2011年8月15日

今日はたしか7月24日。曜日の感覚はもはや無く、「なでしこジャパン」がワールドカップ優勝を飾ったことだけがなんとか情報として耳に入ってくる程度だ。台風の過ぎ去った四国の道には木々がなぎ倒されていて歩きにくいが、風が涼しさを運んでくれるため、体は疲れているものの問題ない。ちょっとだけ生乾き… さらに読む

焚き火の匂いが染みついたナノエア

ナノエアにまつわる話

By 新谷 暁生   |   2018/01/09 2018年1月9日

この原稿を新年早々クリーネストラインに出して良いものだろうか。謹賀新年。 私は長く知床でシーカヤックガイドをしている。最近は太平洋高気圧が弱く、低気圧が次々と知床半島近くを通る。気圧配置はまるで冬のようだ。そのせいかオホーツク海はいつも騒がしい。雨も多い。時にビー玉のような雨がふる。変… さらに読む

何て散らかり方なんだ:プラスチックによる公害の前に存在していた世界を思い出そう

何て散らかり方なんだ:プラスチックによる公害の前に存在していた世界を思い出そう

By ジェリー・ロペス    |   2012/01/30 2012年1月30日

ジェリー・ロペス 僕はG-LANDというインドネシアのサーフスポットで多くの時間を過ごした。そこはジャワの南東、アラスプルオ国立公園の端に位置し、かなり人里離れた場所にある。実際はインドネシアのカモメが飛ぶなかを、いちばん近くの村からわずか15キロの場所だが、その地形と生息する動植物を考える… さらに読む

里山生活学校で学んだ自然と人間の関係

里山生活学校で学んだ自然と人間の関係

By 伊藤 智子   |   2010/11/25 2010年11月25日

「インターンシップ・プログラム」を利用することで、パタゴニアの社員は有給を得ながら環境保護団体で活動する機会を得ることができます。日本支社でもこれまでに多くの社員がこのプログラムを利用してきましたが、今年はリペア部門の伊藤智子が7月から10月にかけて計160時間、岩手県奥州市にある<里山生… さらに読む

ミシシッピ・デルタとネイティブ~ルイジアナ州の魚を釣って思う

ミシシッピ・デルタとネイティブ~ルイジアナ州の魚を釣って思う

By 東 知憲   |   2012/05/10 2012年5月10日

東知憲 僕たちのキャプテン、グレッグは言いつづけた。「想像したよりも、自然は力強かった。レッドフィッシュたちは、むしろ記録的な数で帰ってきている。これにはハリケーン・カトリーナの『洗浄効果』も関係していると思うけれど……」 海のフライフィッシングを追いかけている人の多くは、2年前の4月に… さらに読む

サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文:僕が尊敬する小さな巨人

サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文:僕が尊敬する小さな巨人

By 木下 デイヴィッド(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2014/01/14 2014年1月14日

木下 デイヴィッド  僕がはじめてミッキーさんと会ったのは、高校1年生のときだった。僕らはミッキーさんを成田空港に迎えにいき、その足で千葉太東にある民宿に向かった。当時の僕はお金がなかったので、僕だけは寝袋にくるまって車のなかで寝たのを覚えている。朝起きると太東ポイントは信じられな… さらに読む

読み込み中
エラー