クリーネストライン

カルチャー

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
世界に広がるパタゴニアのサーフストア ~波乗り共同体

世界に広がるパタゴニアのサーフストア ~波乗り共同体

By デヴォン・ハワード   |   2012/05/28 2012年5月28日

デヴォン・ハワード ラホヤのパール・ストリートにある地元のサーフショップ「ミッチズ」の神聖なドアにはじめて足を踏み入れたことは、私にとっては通過儀礼のようなものでした。 少年サーファーだった10 歳の私は、店内の狭い壁の棚にびっしりと置かれたサーフィンやスケートボードのギアにすっかり圧倒… さらに読む

イヴォンさんと北田。

日本支社30周年に寄せて:パタゴニアのアーリーメンバーズとともに

By 北田 啓郎   |   2019/03/13 2019年3月13日

パタゴニア日本支社が設立され、ストア1号店が東京目白にオープンしたのは1989年10月某日。数日遅れて、その地下に「カラファテ」もオープンした。1階のパタゴニアではウェアを売り、カラファテでは主にクライミングとバックカントリー・スキーのギアを売る、上下で機能する兄弟のような店だ。この両者を… さらに読む

バックボーン・トレイルの後戻りできない登り坂で懸命に踏み込むダイアン・フレンチ。コロラド州サライダ。Photo: Sacha Halenda

目撃者

By ダイアン・フレンチ   |   2016/03/28 2016年3月28日

結婚式の15分前、ウェディングドレスを着た私は妹の前に立って聞く。「見える?」 妹は頭を左右に傾けて、私をじっくりと観察する。「大丈夫、見えない。でもこれ、念のために持っていくといいわ」 2時間後、結婚記念のすべての写真がそれを証明しているように、雹まじりの嵐に見舞われて唇が紫になるころ… さらに読む

俺を大きくしたワイメアでのサーフィン:『No Bad Waves: ミッキー・ムニョスが語るストーリー集』日本語版より

俺を大きくしたワイメアでのサーフィン:『No Bad Waves: ミッキー・ムニョスが語るストーリー集』日本語版より

2013/04/04 2013年4月4日

パタゴニア・ブックスより、本日、ついにミッキー・ムニョス著の新刊『No Bad Waves:ミッキー・ムニョスが語るストーリー集』の日本語版が発売されます。本書は一連のインタビューにおけるストーリーを記録したミッキー・ムニョスと膨大な数のコレクションから写真を厳選したジェフ・ディバイン、そして原稿… さらに読む

赤い脛

赤い脛

By クレイグ・ホロウェイ   |   2014/11/13 2014年11月13日

クレイグ・ホロウェイ 今年2月、僕は土地の購入と保全地役権の取得によって緑地を保護する非営利団体〈オーハイ・バレー・ランド・コンサーバンシー(OVLC)〉でボランティアをはじめた。この団体はオーハイ・バレーに数々の保護地区を有し、バレー・ビューは最新のそれだ。〈OVLC〉のボランティアはすで… さらに読む

厳冬期の島:利尻を滑る、利尻を撮る

厳冬期の島:利尻を滑る、利尻を撮る

By 松尾 憲二郎   |   2013/04/08 2013年4月8日

松尾憲二郎 上の写真でスノーボーダーを見つけてもらえたかな?(クリックでもう少しだけ解像度はあがります)ここは北海道の北部、利尻島。稚内の近く、日本海に、この標高1721メートルの山は浮かんでいる。日本列島最北の利尻岳の夏は花の百名山とも呼ばれる高山植物の宝庫。しかし冬は一変して海か… さらに読む

パタゴニア・ブックス発行の『Unexpected:30 Years of Patagonia Catalog Photography』が名誉あるバンフ賞を受賞

パタゴニア・ブックス発行の『Unexpected:30 Years of Patagonia Catalog Photography』が名誉あるバンフ賞を受賞

2011/12/01 2011年12月1日

「バンフ・マウンテン・フィルム/ブック・フェスティバル」が『Unexpected: 30 Years of Patagonia Catalog Photography』に2011年度のマウンテン・イメージ部門のベスト・ブックを授与したことを皆様にご報告できることを誇りに思います。 パタゴニアのカタログは事業としては稀で、その掲載内容の半分を… さらに読む

ピーター・ヌーンを偲んで

ピーター・ヌーンを偲んで

By ヴィンセント・スタンリー   |   2018/08/22 2018年8月22日

アウトドア産業初期の気取らないスタイルを体現し、商業の実施と顧客の憩いの場、そして原生地保護の監視役としてのアウトドア・ストアの開発を形作る手助けをしたピーター・キノック・ヌースが、再発した癌により7月9日カリフォルニア州オーハイの自宅で逝去した。75歳だった。 ピーターがユタ大学の学生… さらに読む

何か月にもわたる復元作業の末、全長14メートルのカヌー「ウイ」はケエヒ・ラグーンでの水位線試験で精密な測定を受け、ふたたびレースに出る準備ができていることが承認された。ハワイ州 Photo: John Bilderback

好きでする仕事

By ベン・ウィルキンソン   |   2019/07/19 2019年7月19日

ハワイの伝統的なコア製カヌーの復元。 大ざっぱに訳すと「ハレイワの若く美しい女性」を意味する「カ・ワヒネ・ウイ・オ・ハレイワ」は、ここオアフ島ノースショアのハレイワにある〈マヌ・オ・ケ・カイ・カヌークラブ〉の自慢の種だ。 1本のコアの木から彫り出された「ウイ」は、ビッグアイランド(ハワイ… さらに読む

まもなくパタゴニア国立公園となる場所。写真:Colin Pile] チャカブコ・バレーの上でグアナコ・トレイルを歩く。Photo: Colin Pile

パタゴニア国立公園の建設:パタゴニア社との10年にわたるパートナーシップ

By コリン・パイル&アリソン・ケルマン   |   2014/05/15 2014年5月15日

まもなくパタゴニア国立公園となる場所。写真:Colin Pile] チャカブコ・バレーの上でグアナコ・トレイルを歩く。Photo: Colin Pile ここアメリカ北東部にもやっと春が訪れ、花が咲き、鳥が戻り、ついに防寒着を脱いで日光を楽しむことができるようになりました。パタゴニアから戻ってきてひと月が経ついま… さらに読む

Coyote No.49 特集 今こそ、パタゴニア。

Coyote No.49 特集 今こそ、パタゴニア。

2013/09/26 2013年9月26日

「パタゴニア」の世界をよりよく知るために旅に出る。ベンチュラ、ワイオミング、ハワイ……。 「パタゴニア」が40年の歳月をかけて静かに私たちに伝えてくれたことを、一つ一つ紐解いていきたい。商品を通して生地を見直し、産地を検証することから、社会や環境に対する責任を持つことの意味。創業者イヴォン… さらに読む

読み込み中
エラー