クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
『Surf Is Where You Find It(改訂/増頁版) 』 ジェリー・ロペス著発刊&ジェリー・ロペス来日

『Surf Is Where You Find It(改訂/増頁版) 』 ジェリー・ロペス著発刊&ジェリー・ロペス来日

2016/10/03 2016年10月3日

ジェリー・ロペスの言葉は、彼のボトムターンとおなじように美しい。幼少期を裸足で過ごしたハワイのサトウキビ時代、サーフィンの歴史に名を刻むレジェンドたちとのスリルに満ちた体験、世界有数の波質を誇る未開拓ポイントへの冒険トリップ。どのストーリーにも、読み手が実生活に当てはめられる教訓が存… さらに読む

セントキャサリン・カレッジとベリー・センターの協働は、持続可能な農業と生態学的農業の学位へとつながった。セントキャサリン・カレッジは「農業法案」を通して連邦政府から産業用ヘンプの栽培と研究の許可を取得。『ハーベスティング・リバティ』の主役マイケル・ルイスはこのプログラムの卒業生である。Photo: Donnie Hedden

ハーベスティング・リバティ(自由の収穫):アメリカでヘンプを栽培することについての短編ビデオ

By ダン・マロイ&ジル・デュメイン   |   2016/06/27 2016年6月27日

行動を起こそう 2016年7月4日、アメリカで産業用ヘンプの栽培を合法化させる「2015/2016 産業用ヘンプ農業法令(S.134 and H.R. 525)」の通過を連邦議会に促すための嘆願書が提出されます。詳細について学び〈ナショナル・ヘンプ・アソシエーション〉にて行動を起こしてください。 〈ナショナル・ヘン… さらに読む

スカイラとウェストンにサンプリングの工程を説明する〈ワイルド・フィッシュ・コンサーバンシー〉のフィールド・テクニシャンのフランク・ストーラー。ワシントン州ピュージット・サウンド Photo: Dylan Tomine 

「実生活」の科学

By ディラン・トミネ   |   2016/05/16 2016年5月16日

僕の子供は2人とも学校の科学の授業が大好きで、スカイラは大きくなったら海洋生物学者になりたいとひんぱんに言う。だから〈ワイルド・フィッシュ・コンサーバンシー〉の野外生物学者たちが、ピュージェット・サウンド周辺のサーモン稚魚の生息地の評価過程の一部として引き網のサンプリングに誘ってくれ… さらに読む

セロ・フィッツロイから下降すると、写真中央右側にラグナ・カプリが見渡せる。チームはウィルダネス・ラトリン・トイレの設営に、ハイカーに人気でエル・チャルテンに比較的近いラグナ・カプリを選んだ。アルゼンチン領パタゴニア Photo: Dörte Pietron

2015年~16年パタゴニア・シーズン「パタゴニア・ドール」賞

By ロランド「ロロ」ガリボッティ   |   2016/04/21 2016年4月21日

先シーズン、パタゴニアでは多くの歴史的登攀がなされたが、僕の「パタゴニア・ドール」賞は私心のない、そして永続する、ある非登攀に贈りたい。 その勢いは2014年後半、僕にe-mailをくれたクライマーのステファン・グレゴリーとともにはじまった。「僕は来シーズン、チャルテンに戻るつもりですが、お返し… さらに読む

職場の託児所はお父さんと娘の両方にとってかけがえのないもの。パタゴニア本社 Photo: Kyle Sparks

パタゴニアは有給家族休暇を支持します。

By ディーン・カーター   |   2016/04/11 2016年4月11日

パタゴニアは社員が自分のため、あるいは直属の家族をケアするための有給休暇を支持します。それは社員とその家族のために正しいことであり、私たちのビジネスのためにも良いことだからです。しかし、こういった支援はアメリカではあまりにも稀で、有給の家族休暇/医療休暇にアクセスできる労働者はわずか1… さらに読む

バックボーン・トレイルの後戻りできない登り坂で懸命に踏み込むダイアン・フレンチ。コロラド州サライダ Photo: Sacha Halenda

目撃者

By ダイアン・フレンチ   |   2016/03/28 2016年3月28日

結婚式の15分前、ウェディングドレスを着た私は妹の前に立って聞く。「見える?」 妹は頭を左右に傾けて、私をじっくりと観察する。「大丈夫、見えない。でもこれ、念のために持っていくといいわ」 2時間後、結婚記念のすべての写真がそれを証明しているように、雹まじりの嵐に見舞われて唇が紫になるころ… さらに読む

チリとアルゼンチンに保護地域を設定する仕事を継続するクリスティン・トンプキンス。Photo: Conservacion Patagonica

ダグ・トンプキンスが亡くなったあとの人生とは?

By ステファニー・ピアソン   |   2016/03/07 2016年3月7日

クリスティンとダグ・トンプキンス夫妻は、ほとんどのカップルにとっては稀な、冒険とリスクの人生を送り、チリとアルゼンチンの何百万エーカーもの土地の保護を援助した。夫の死後、クリスティンはいま、ダグなしで、6つの新しい国立公園を作るという手強いチャレンジに直面する。 2月のある日曜日、サンフ… さらに読む

〈レインフォレスト・リリーフ〉:パタゴニアのソーホー店社員がアマゾンの熱帯雨林を救うためにコニー・アイランドを登った理由

〈レインフォレスト・リリーフ〉:パタゴニアのソーホー店社員がアマゾンの熱帯雨林を救うためにコニー・アイランドを登った理由

By ヤシャ・ウォーリン   |   2016/01/14 2016年1月14日

1988年はヤンキースが24度目のワールドシリーズで全勝し、副大統領アル・ゴアが京都議定書に象徴的に調印し、スタンフォード大学の博士過程の学生2人がグーグルという小さな会社を設立した年。それはまたパタゴニアのソーホー店の前社員アーロン・ペッツとティール・アケレットが他の3人のアクティビストと… さらに読む

2008年、セロ・クリスティンの山頂のダグ・トンプキンス、リック・リッジウェイとイヴォン・シュイナード。Photo: Conservacion Patagonica Archives

ダグを愛した人たちへ

By リック・リッジウェイ   |   2015/12/18 2015年12月18日

2008年、セロ・クリスティンの山頂のダグ・トンプキンス、リック・リッジウェイとイヴォン・シュイナード。Photo: Conservacion Patagonica Archives 僕らの友人であり師でもあったダグ・トンプキンスがカヤック事故で命を失くしてから、僕らは世界中の何千もの人びとからお悔やみを受け取った。ダグ本人を… さらに読む

2008年、セロ・クリスティンの山頂のダグ・トンプキンス、リック・リッジウェイとイヴォン・シュイナード。Photo: Conservacion Patagonica Archives

ダグラス・トンプキンス(1943〜2015)

By パタゴニア    |   2015/12/10 2015年12月10日

2008年、セロ・クリスティンの山頂のダグ・トンプキンス、リック・リッジウェイとイヴォン・シュイナード。Photo: Conservacion Patagonica Archives 私たちはダグ・トンプキンスの訃報を知り、深い悲しみに包まれています。ダグは私たちの会社にとって親愛なる師であり、私たちパタゴニア社員の多くにとっ… さらに読む

紅いずみ大根の種採り作業。房の中にゴマより少し小さい種が一列に並びます。よく乾燥させてから、カラカラの状態で、足踏みや手でこの小さな種を採りだします。写真:佐藤 博美

小さな種を未来へつなぐ

By 佐藤 博美(パタゴニア 仙台)   |   2015/11/30 2015年11月30日

紅いずみ大根の種採り作業。房の中にゴマより少し小さい種が一列に並びます。よく乾燥させてから、カラカラの状態で、足踏みや手でこの小さな種を採りだします。写真:佐藤 博美 生命の多様性をもつ「固定種・在来種」が姿を消そうとしています。地球の未来に健全な生命を残すため、風土に合った郷土の種を… さらに読む

読み込み中
エラー