クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
ダン・マロイと彼の装備。Photo: Kanoa, Kellen, Dan

「遅いは速い」:僕の裏庭でのミニ・アドベンチャー

By ダン・マロイ   |   2012/10/15 2012年10月15日

ダン・マロイと彼の装備。Photo: Kanoa, Kellen, Dan ひんぱんに旅をしてきたこの15年間、そのあとには家でやることがたくさんたまった。じつをいえば、そのうちの10年間はカリフォルニアについてはあまり考えもせず、ホームシックになることも、何かを見逃しているとも感じなかった。だがそのときは過ぎた… さらに読む

どこかに地球、もうひとつ余っていませんか?

どこかに地球、もうひとつ余っていませんか?

By アニー・レオナード   |   2012/09/13 2012年9月13日

もし豊かで美しく、有限でかつ繊細な私たちの惑星が銀行だとしたら、その口座の残高がマイナスになるという恐ろしい日が、アース・オーバーシュート・デイ(Earth Overshoot Day)です。それはその年に地球が供給してくれる資源をすべて使い果たしてしまい、地球が処理することのできる廃棄物の量に達してし… さらに読む

MonoMax別冊 『patagonia PERFECT BOOK』

MonoMax別冊 『patagonia PERFECT BOOK』

2012/08/30 2012年8月30日

パタゴニアが1冊丸ごとフィーチャーされたパタゴニアのパーフェクトブックが宝島社の『MonoMax』別冊ムックとして、8月27日に発売されました。この制作のため、宝島社と編集プロダクションの取材陣が夏真っ盛りの7月中旬、鎌倉の日本支社や各地の直営店を訪れました。今日はその取材陣の一人、藤原雅士氏… さらに読む

 スポーツページへ

アウトドアスポーツへの情熱と先端をいくアンバサダーたちの魅力が満載のスポーツページが登場

2012/08/16 2012年8月16日

パタゴニアが愛するスポーツやそのフィールドで活躍するアンバサダーたちを紹介するスポーツページが新たにウェブサイトに登場しました。 スポーツページへ パタゴニアのアンバサダーは、アスリートというよりはパタゴニアというブランドの「代弁者」、もしくは「フィールドの代表者」のような存在です。ア… さらに読む

廃棄物「ゼロ」は可能か:その実現に向けた個人と企業の共同の取り組み

廃棄物「ゼロ」は可能か:その実現に向けた個人と企業の共同の取り組み

By アニー・レオナード   |   2012/08/13 2012年8月13日

世の中にかなり普及してきたリサイクル。けれども、その改善の余地はまだまだあります。紙、缶、ボトルを仕分けしてゴミ出しすることは自然に市民の身に付いてきたし、多くの地域社会が道路脇のリサイクルプログラムを生ゴミや他のコンポスト可能なものにまで拡張しています。しかしアメリカ全国では、毎年… さらに読む

パタゴニア・アルパインクライミング・アンバサダー、スティーブ・ハウス – この秋、日本へ

パタゴニア・アルパインクライミング・アンバサダー、スティーブ・ハウス – この秋、日本へ

By パタゴニア    |   2012/08/02 2012年8月2日

「・・・これまでに体験したことがないほどの巨峰の頂上に立ったとき、成功は霧消した。これまでと同じように、目標に到達したと思った瞬間、それは逃げていくということを知った。成功は虚しい。自分の運も、判断力も、これまで学び守ってきた教訓も、登り降りの標高差も、体調も、技能も、すべていったん… さらに読む

この1つの地球に、その1票を~because I love….

この1つの地球に、その1票を~because I love….

By パタゴニア    |   2012/07/26 2012年7月26日

アメリカでは2012年秋、総選挙が実施されます。パタゴニアはこの選挙に大いに関心をもち、11月の投票日には、私たちの最も重要な価値観をもって投票したいと考えています。以下、パタゴニアのアメリカ国内での取り組みをご紹介します。今年の夏休みにアメリカに行かれる日本の皆様、旅の途中でアメリカ… さらに読む

写真:〈ファイブ・ジャイルズ・インスティテュート〉提供

北太平洋旋回の航海の途上にて

By パタゴニア    |   2012/07/19 2012年7月19日

写真:〈ファイブ・ジャイルズ・インスティテュート〉提供 位置:北緯29°11.9 、東経170°35.2 「クジラだ」とトレイシーがデッキから鋭く叫んだ。僕はダニと下のサロンにいて、ケルヴィンが料理したキムチと海苔のチャーハンを遠慮したあと、昼食のハマスを食べていたところだった。シー・ドラゴン号では野… さらに読む

キース・マロイ監督による映画『Come Hell or High Water(何が起ころうとも)』:ついに日本での上映とDVD発売が決定

キース・マロイ監督による映画『Come Hell or High Water(何が起ころうとも)』:ついに日本での上映とDVD発売が決定

By パタゴニア    |   2012/07/17 2012年7月17日

アメリカでの公開から約1年、いよいよ日本での上映とDVD発売が決定しました。ビジュアライズ・イメージとパタゴニア、そしてニクソンは、キース・マロイ監督のデビュー映画プロジェクト『Come Hell or High Water』の日本上映を発表できることを誇りに思います。この映画はボディーサーフィンの歴史と進化… さらに読む

MEET THE CREW: フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD):「どのボードも自分のボードだと思って作る」

MEET THE CREW: フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD):「どのボードも自分のボードだと思って作る」

By サミー・キャマック   |   2012/07/12 2012年7月12日

どうしてサーフボードを作る仕事に携わるようになったのですか? サーフボードを作りはじめて、かれこれ32年以上になるけれど、いまでも大好きな仕事さ。そもそも木工の世界に入ろうとしていたんだけど、はじめてフォームをカットしたとき、木に比べていとも簡単に形を作ることができる点が気に入ったんだ… さらに読む

patagonia presents BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL in JAPAN 2012開催決定

patagonia presents BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL in JAPAN 2012開催決定

2012/07/05 2012年7月5日

世界で最も優れた国際的なアウトドア映画祭が、今年も日本にやってくる。 世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル。毎年11月にカナダ・アルバータ州バンフで開催されるこの映画祭は、本年で37年目を迎えます。世界中から応募された300本以上の作品の中からグランプリ… さらに読む

読み込み中
エラー