クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
『ファースト・ラブ』 夢を追いかける女の子たちの胸の鼓動が波の音に刻まれていく――

『ファースト・ラブ』 夢を追いかける女の子たちの胸の鼓動が波の音に刻まれていく――

By パタゴニア    |   2012/06/28 2012年6月28日

オーストラリア・メルボルン郊外にあるフィリップ島 そこにあるのは 入り口と出口しかない一本道 バス海峡へ続く波やペンギン、ボーイズ・サーファー、 そして自分達に挑戦する勇気がなければ 前へは進めない それはまさに、この3人の10代のガールズ・サーファーが 今やり遂げようとしていること “この島… さらに読む

姿勢を低くして慎重にキャスティング。

テンカラ -知れば知るほど、必要なものは少なくなる-

By 石垣 尚男   |   2012/06/21 2012年6月21日

姿勢を低くして慎重にキャスティング。 テンカラと聞いて「あぁ、あの釣りか」と分かる人は少ない。釣りをしない人はてんぷらとからあげをミックスした新発売のファストフードだと思うかもしれない。テンカラは渓流のアマゴ、ヤマメ、イワナを毛バリで釣る方法で、江戸時代あるいはもっと昔から職漁師の釣り… さらに読む

MEET THE CREW: フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD)~フレッチャー・シュイナード

MEET THE CREW: フレッチャー・シュイナード・デザインズ(FCD)~フレッチャー・シュイナード

By フレッチャー・シュイナード   |   2012/06/18 2012年6月18日

いつも思っていた。波に乗るにはかぎりなくたくさんの方法があって、それがサーフィンが最高のスポーツである理由のひとつなんじゃないかと。同じ波はふたつとなくて、最近まで同じサーフボードというのもなかった。毎日同じスポットでサーフィンをしても、その体験は毎回完全に異なって、さらにボードを変… さらに読む

次の旅のインスピレーションに ~ パタゴニアのビデオギャラリーが新たに登場しました

次の旅のインスピレーションに ~ パタゴニアのビデオギャラリーが新たに登場しました

By パタゴニア    |   2012/06/04 2012年6月4日

パタゴニアではこれまでアンバサダーや知人たちから送られてくるフィールドレポートや製品テストレポート、環境問題への取り組みに関するエッセイなどを、カタログやブログ「クリーネストライン」で紹介してきました。今回新たに登場したビデオギャラリーでは、自然を愛し、アクティビティを楽しむ彼らのス… さらに読む

フレッチャーズ・シュイナード・デザインズの Fish(フィッシュ)を運んでいるのがデヴォン・ハワード。パタゴニア・カーディフ、カリフォルニア Photo: Jeff Johnson

世界に広がるパタゴニアのサーフストア ~波乗り共同体

By デヴォン・ハワード   |   2012/05/28 2012年5月28日

フレッチャーズ・シュイナード・デザインズの Fish(フィッシュ)を運んでいるのがデヴォン・ハワード。パタゴニア・カーディフ、カリフォルニア Photo: Jeff Johnson ラホヤのパール・ストリートにある地元のサーフショップ「ミッチズ」の神聖なドアにはじめて足を踏み入れたことは、私にとっては通過儀礼… さらに読む

ボーンフィッシングの一日のために準備するイヴォン・シュイナード。Photo: Michael Kew

牧歌の島:『クロッシング』からの抜粋

By マイケル・キュウ   |   2012/05/21 2012年5月21日

ボーンフィッシングの一日のために準備するイヴォン・シュイナード。Photo: Michael Kew 第8章:「珊瑚の隠れ家、深い海」より この環礁は「ロマンスと冒険の交差点という他は何もない場所」への途上にある。サーフィンとブランチのあと、イヴォンと僕はスキフに乗って、この環礁へと接近していた。フランソ… さらに読む

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助

ミシシッピ・デルタとネイティブ~ルイジアナ州の魚を釣って思う

By 東 知憲   |   2012/05/10 2012年5月10日

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助 僕たちのキャプテン、グレッグは言いつづけた。「想像したよりも、自然は力強かった。レッドフィッシュたちは、むしろ記録的な数で帰ってきている。これにはハリケーン・カト… さらに読む

ゴールデンウィークの1冊:『垂壁のかなたへ』スティーブ・ハウス著

ゴールデンウィークの1冊:『垂壁のかなたへ』スティーブ・ハウス著

2012/04/23 2012年4月23日

「二〇〇四年八月一五日 ナンガ・パルバット・ルパール壁 六七〇〇メートル地点 深く息を吸い込み、ナイフの鋭い刃をロープに押し当てた。切れない。こんなこともあるかと思って刃を研いできたのに。いらいらしてミトンの手のひらの小型ナイフへ目をやった。一〇グラム単位の重さが生死を分けることになり… さらに読む

人生を変える:自閉症とボディーサーフィン~『Come Hell or High Water (何が起ころうとも)』

人生を変える:自閉症とボディーサーフィン~『Come Hell or High Water (何が起ころうとも)』

By グレッグ&ドナ・エドワーズ   |   2012/04/16 2012年4月16日

オーストラリアで『Come Hell Or High Water』が公開されたあと、この心温まるメッセージをコフス・ハーバー在住のグレッグとドナ・エドワーズ夫妻から頂きました。彼らには8歳になる自閉症の息子、キヤンがいます。この映画を見たあと、彼らの人生は永久に変わりました。 オーストラリアで『Come Hell Or… さらに読む

ラクシャディープで目を大きく見開くパタゴニア・アンバサダーのトレバー・ゴードン。

「ラクシャディープの五行」~マイケル・キュウのサーフトラベルストーリー『クロッシング』からの抜粋

By マイケル・キュウ   |   2012/04/12 2012年4月12日

ラクシャディープで目を大きく見開くパタゴニア・アンバサダーのトレバー・ゴードン。 第7章:「ラクシャディープの五行」より 船室が揺れている。トレバー・ゴードンの目はどんよりとし、瞳孔は開いている。午前5時4分。彼は時計回りにお腹をさすり、奇妙な呼吸をしながら、単調に話す。 「俺が気を失わ… さらに読む

ニセコモイワにて。左から金井哲夫、山本由紀男、新谷暁生、坂下直枝、イヴォン・シュイナード、ポール・パーカー、辰野勇。1985年1月 写真:阿部幹雄

イヴォン・シュイナードから南極への物語

By 阿部 幹雄(写真家、第49、50、51次南極観測隊員)   |   2012/04/05 2012年4月5日

ニセコモイワにて。左から金井哲夫、山本由紀男、新谷暁生、坂下直枝、イヴォン・シュイナード、ポール・パーカー、辰野勇。1985年1月 写真:阿部幹雄 子供のころの夢はヒマラヤの高峰登山と北極や南極を探検することだった。夢を果たすため北海道に渡り、ひたすら山に登り、写真家になった。北海道山岳連盟… さらに読む

読み込み中
エラー