クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
カリフォルニアの中部海岸線を北に向かう私たちのバン。Photo: Sonnie Trotter

バン・ヨガ

By リディア・ザモラノ   |   2012/04/02 2012年4月2日

カリフォルニア州ビショップでの朝の瞑想。Photo: Andrew Burr ロードトリップ中、野外でヨガをするのにはちょっと寒すぎたり、雨が降っていて外に出られないといった場合の私の13の秘訣をご紹介します: 1. 長さ最低190センチの平らな場所があり、手足を振る十分なスペースを割いてくれる親切な人と旅して… さらに読む

リペア部門が材木座から北鎌倉に移って6年半が経つ。明るいオフィスで、最善の修理方法を考えながら黙々と作業をする縫製スタッフ。写真:パタゴニア日本支社

パタゴニア社員へのインタビュー:リペア部門勤務、袈裟丸千晴に聞く

By パタゴニア    |   2012/03/26 2012年3月26日

たくさんの修理材料に囲まれたリペア部門のオフィスで仕事をする袈裟丸千晴。写真:パタゴニア日本支社 編集前記:パタゴニアが製造する製品をすべてリサイクル可能な製品にするというゴールを目指して2005年に開始した「つなげる糸リサイクルプログラム」を、より包括的なアプローチへと拡張して2011年には… さらに読む

Photo: Porter Teegarden

ヨガ不信者の告白

By ブリッタニー・グリフィス   |   2012/02/13 2012年2月13日

Photo: Porter Teegarden はじまりはウォーカーから送られてきた親切なメールだった。アンバサダー全員に送られてきたもので、ヨガの経験者と、そのなかで新しいパタゴニアのヨガ製品を試したい人がいるかどうかという内容だった。言うまでもなく、私はこのメールに苛立った。ヨガ? ヨガなんて女の子たちの… さらに読む

まもなく自家製のコンポストにあやかる今シーズン最初の苗を手入れするリズ

「私のフットプリント」:言葉を広めることについての一言

2012/02/02 2012年2月2日

シリーズのご紹介:今日の市民は積極的で、物事に関心をもち、そして何よりも自信を抱いています。それは消費者としての選択の力と社員としての力について、そして変化させることが可能であるという自信です。 フットプリント・クロニクルはパタゴニアが企業としてどのように環境への悪影響を削減し、改革を… さらに読む

こんな波があったら一日中サーフィンするしかない。1970年代後半か80年代初期のG-LANDのジェリー・ロペス。Photo: Don King

何て散らかり方なんだ:プラスチックによる公害の前に存在していた世界を思い出そう

By ジェリー・ロペス    |   2012/01/30 2012年1月30日

こんな波があったら一日中サーフィンするしかない。1970年代後半か80年代初期のG-LANDのジェリー・ロペス。Photo: Don King 僕はG-LANDというインドネシアのサーフスポットで多くの時間を過ごした。そこはジャワの南東、アラスプルオ国立公園の端に位置し、かなり人里離れた場所にある。実際はインドネシア… さらに読む

ドクター・パスコウイッツ(右)写真:岡崎友子

Words of wisdom – 偉大なるサーファーたちの教え

2012/01/19 2012年1月19日

2011年の夏、パタゴニア・アンバサダーの岡崎友子が名古屋/サーフ東京/仙台/札幌北の各ストアで「Words of wisdom」と題したスピーカーシリーズを行いました。そこではさまざまなスポーツにかかわりながら世界中を旅し、また多くのマスターたちにインタビューしてきたなかで彼女の心に残っている言葉やで… さらに読む

愛を分かち合うマイクとスキーナ。ネバダ州イースト・ハンボルト山脈。Photo: Old School

マイク・コルポ(1975-2011):「ローカルクルー」の人生を祝して

2012/01/12 2012年1月12日

愛を分かち合うマイクとスキーナ。ネバダ州イースト・ハンボルト山脈。Photo: Old School パタゴニア本社のブログの共同編集者で「ローカルクルー」のハンドル名で頻繁に投稿していたマイク・コルポが12月7日、リノの配送センターの近くでお昼休みのトレイルランニング中に急死しました。36歳でした。 彼の… さらに読む

『ストーク・アンド・ブローク』  流浪の無一文サーフトリップ。非日常の冒険の先にある“自由”とは?

『ストーク・アンド・ブローク』 流浪の無一文サーフトリップ。非日常の冒険の先にある“自由”とは?

2011/12/19 2011年12月19日

ファンウェイブとフリーな発想のサーフィン、ユニークな登場人物が語る人生観。若い2人のサーファーは、社会やコミュニティーの中で、本当の自由を手に入れられるのか…。 手作りの竹製リヤカーにサーフボードやソーラー発電機、最小限の生活道具を載せて、南カリフォルニアのコースト沿いを無一文で南下し… さらに読む

スピーカーシリーズ「Words of wisdom」 at パタゴニア サーフ東京。写真:パタゴニア日本支社

Words of wisdom – ジェリーロペスが教えてくれた「Surf is where you find it」

2011/12/15 2011年12月15日

スピーカーシリーズ「Words of wisdom」 at パタゴニア サーフ東京。写真:パタゴニア日本支社 この夏、パタゴニア・アンバサダーの岡崎友子が名古屋/サーフ東京/仙台/札幌北の各ストアで「Words of wisdom」と題したスピーカーシリーズを行いました。そこではさまざまなスポーツにかかわりながら世界中… さらに読む

フィッツ・ロイの山頂のヘレンとビーン・バワーズ。Photo: Bean Bowers Collection

クライミング・アンバサダー、ビーン・バワーズ 1973-2011

2011/12/12 2011年12月12日

フィッツ・ロイの山頂のヘレンとビーン・バワーズ。Photo: Bean Bowers Collection 深淵な悲しみと敬意をもって友人であり、パタゴニアのアルパイン・クライミング・アンバサダーのビーン・バワーズの逝去をお知らせしなければなりません。ビーンは6か月の闘病生活の末、今年7月にガンで亡くなりました。… さらに読む

読み込み中
エラー