クリーネストライン

カルチャー

読み込み中
エラー
2歳のハヤブサのギャビン。オーハイ・ラプター・センター、カリフォルニア州オーハイ。Photo: Tim Davis

保たれた野生

By ダン・オブライエン   |   2014/07/31 2014年7月31日

2歳のハヤブサのギャビン。オーハイ・ラプター・センター、カリフォルニア州オーハイ。Photo: Tim Davis 50年間にわたり、寝ても覚めても、私の頭のなかには絶えずハヤブサやワシやタカがいた。私は彼らのそばで暮らす幸運に恵まれた。私はそのツメの力強さと拳のうえに停まる彼らの意外な重さを知っている… さらに読む

帰還:パダゴニアでの独立記念日

帰還:パダゴニアでの独立記念日

2014/07/25 2014年7月25日

2014年1月14日。未来のパダゴニア国立公園、チャカブコ・バレーの真ん中に百人を越える人びとが集まっている。巣から落ちたあと救出され、チリのサンチアゴにある〈Raptor Rehabilitation Center〉でリハビリを受けた3羽の若いアンデスコンドルが囲いのなかから広い渓谷に出て、生まれてはじめて自由に飛… さらに読む

Photo: Shawn Reeder

渇望

By ショーン・へイズ   |   2014/07/17 2014年7月17日

Photo: Shawn Reeder 僕の拳に止まっている鳥は、機を見る目をもっている。 この鳥が存在するのは僕の辛抱強い自制心と、何年もかけて改善に改善を重ねた修行のせいだと思いたいが、実際、鳥はそんなことは少しも気にかけていない。彼らの脳みそにあるのは、チャンスを逃さないことと、周囲の環境を利用する… さらに読む

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

By パタゴニア    |   2014/07/14 2014年7月14日

世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル。毎年11月にカナダ・アルバータ州バンフで開催されるこの映画祭は、世界有数の山岳フェスティバルのひとつとして本年で39年目を迎えます。 登山家やアウトドア愛好者が、登山シーズンとスキーシーズンのあいだに楽しめる年中行… さらに読む

電線で片翼を失った24歳のイヌワシのシャイタン。Photo: Tim Davis

羽の軽さで、愛よりも重く【写真を追加してアップデート】

2014/07/10 2014年7月10日

電線で片翼を失った24歳のイヌワシのシャイタン。Photo: Tim Davis キム・ストラウドは1年に5,000本、1日に15本かそれ以上の電話を受けます。キムは州および米国魚類野生生物局より認可を受けた施設、〈オーハイ・ラプター・センター(ORC)〉の創始者です。ORCはカリフォルニア州オーハイの丘陵にある数エ… さらに読む

Get Small or Get Out :ライブスクリーンプリントグループ「Big O project」の旅

Get Small or Get Out :ライブスクリーンプリントグループ「Big O project」の旅

By カザマナオミ   |   2014/07/04 2014年7月4日

「Get Small or Get Out」 は去年ダンに出会い、贈られた言葉。僕の活動に共感してくれたからなのか、作品に興味をもってくれたからなのか――。とにかくその言葉に出会い、それを描き、それをプリントする旅を始めるいま、その言葉はとても親しみ深いメッセージとなった。 「Get Small」――小さくあること。… さらに読む

巣には3羽の鳥がいるかも知れない。後で縮こまっている1羽、真ん中にいる1羽。そして前で攻撃態勢を取る1羽。捕えたいのはいちばん前にいる1羽だ。Photo: YVON CHOUINARD COLLECTION

見習い

By イヴォン・シュイナード   |   2014/07/01 2014年7月1日

巣には3羽の鳥がいるかも知れない。後で縮こまっている1羽、真ん中にいる1羽。そして前で攻撃態勢を取る1羽。捕えたいのはいちばん前にいる1羽だ。Photo: YVON CHOUINARD COLLECTION パタゴニアは歴史的、文化的、環境的に重要で、さらにそれらが魅惑的で価値があると思う活動や伝統に敬意を表します。… さらに読む

写真: 玉井 太朗

子供との釣りで思い出した僕の釣り

By 玉井 太朗   |   2014/06/27 2014年6月27日

写真: 玉井 太朗 延べ竿のフナ釣りからはじまった僕の釣り原体験は、そのはじまりから僕の釣りざまを決定づけるものだった。僕の師匠であった祖父の、無言のままに伝わってきたポリシーのようなもののひとつは、大物狙いの延竿一本釣りだった。それには魚にハンデを与えるとか、公平だとか、そんな理屈はな… さらに読む

僕が13歳のときのはじめての旅。この先に多くの冒険が待っていた。Photo: Pat Curren

失われた船:父と父の手製ボートとともにバハを旅する

By ジョー・カレン   |   2014/06/24 2014年6月24日

僕が13歳のときのはじめての旅。この先に多くの冒険が待っていた。Photo: Pat Curren 父について考えるとき思うのは、古いガタガタのフォルクスワーゲン・ビートルでバハ半島をキャンプ旅行したときのことだ。13歳から15歳までの3年間、父は僕をサンタバーバラでピックアップすると、一緒にハイウェイ1から… さらに読む

もちろん自転車通勤

もちろん自転車通勤

By ギャビン・バック、タイラー・ケック(ビデオ)   |   2014/06/19 2014年6月19日

ギャビン・バック、タイラー・ケック(ビデオ) B2WW 2014 Preview from TD Keck on Vimeo. 毎年パタゴニアの社員は、全国規模で展開されるイベントの数週間後、独自の「Bike to Work Week (B2WW) = 自転車通勤週間」を盛大に実施します。リノの配送センターには、ガソリンを燃やす代わりに、自転車で仕事… さらに読む

暗い空と雨具がこれから起こる何かを予言しているようだ。Photo: Matt Jones

プンタ・アレンでの恐怖と自己嫌悪

By マイク・トンプソン   |   2014/05/26 2014年5月26日

暗い空と雨具がこれから起こる何かを予言しているようだ。Photo: Matt Jones 「ボタンを押して」 「いや、あなたが押して」 「ちくしょうエレン、押すんだ!」 そして彼女は押した。 税関検査官の目をごまかして通過させようとしたのは麻薬とはほど遠いものだったが、麻薬密輸人だと疑われるのは目に見えて… さらに読む

読み込み中
エラー