クリーネストライン

フライフィッシング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
イヴォン・シュイナードとパタゴニアとのテンカラ体験

イヴォン・シュイナードとパタゴニアとのテンカラ体験

By ジェス・マグラスリン(Fire Girl Photography)   |   2014/02/13 2014年2月13日

モンタナ州グレート・フォールズから飛び立とうとする飛行機に足を踏み入れるやいなや、10分もしないうちに私の腕時計の電池が切れた。 これは変化への予兆だと、そのとき気づいてもよかった。 私はミズーリ・リバーでのプロジェクトで徐々に奇妙になっていった生活をあとにして、ソルトレイク、そしてジャ… さらに読む

写真:北島 清隆

マングローブフィッシングの魅力 – 西表島に通いつづける理由

By 中根 淳一   |   2013/07/11 2013年7月11日

写真:北島 清隆 ここ数年間、沖縄へのフィッシング・トリップを繰り返している。延べにすると年間で3週間以上の日数を過ごしていることになる。そのなかでも10年以上にわたり、毎年のように訪れているのが県内で2番目に面積の広い西表島だ。西表島は日本の最西端に浮かぶ10の有人島と、いくつかの無人島… さらに読む

スキーナ川の川辺からの風景。写真:足立信正

鋼鉄の頭

By 赤星 明彦   |   2012/11/19 2012年11月19日

スキーナ川の川辺からの風景。写真:足立信正 スチールヘッド。鋼鉄の頭をもった魚。北米を中心に繁殖する降海タイプの虹鱒。大きなものは体長1メートルを超え、重さも20キロ以上にもなり、その引きと跳躍は桁外れにパワフル。さらにその美しい魚体。そして釣り上げることのむずかしさ。まさに釣り人の憧れ… さらに読む

 スポーツページへ

アウトドアスポーツへの情熱と先端をいくアンバサダーたちの魅力が満載のスポーツページが登場

2012/08/16 2012年8月16日

パタゴニアが愛するスポーツやそのフィールドで活躍するアンバサダーたちを紹介するスポーツページが新たにウェブサイトに登場しました。 スポーツページへ パタゴニアのアンバサダーは、アスリートというよりはパタゴニアというブランドの「代弁者」、もしくは「フィールドの代表者」のような存在です。ア… さらに読む

姿勢を低くして慎重にキャスティング。

テンカラ -知れば知るほど、必要なものは少なくなる-

By 石垣 尚男   |   2012/06/21 2012年6月21日

姿勢を低くして慎重にキャスティング。 テンカラと聞いて「あぁ、あの釣りか」と分かる人は少ない。釣りをしない人はてんぷらとからあげをミックスした新発売のファストフードだと思うかもしれない。テンカラは渓流のアマゴ、ヤマメ、イワナを毛バリで釣る方法で、江戸時代あるいはもっと昔から職漁師の釣り… さらに読む

ボーンフィッシングの一日のために準備するイヴォン・シュイナード。Photo: Michael Kew

牧歌の島:『クロッシング』からの抜粋

By マイケル・キュウ   |   2012/05/21 2012年5月21日

ボーンフィッシングの一日のために準備するイヴォン・シュイナード。Photo: Michael Kew 第8章:「珊瑚の隠れ家、深い海」より この環礁は「ロマンスと冒険の交差点という他は何もない場所」への途上にある。サーフィンとブランチのあと、イヴォンと僕はスキフに乗って、この環礁へと接近していた。フランソ… さらに読む

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助

ミシシッピ・デルタとネイティブ~ルイジアナ州の魚を釣って思う

By 東 知憲   |   2012/05/10 2012年5月10日

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助 僕たちのキャプテン、グレッグは言いつづけた。「想像したよりも、自然は力強かった。レッドフィッシュたちは、むしろ記録的な数で帰ってきている。これにはハリケーン・カト… さらに読む

写真前列(左から右):吉祥寺ストアの伊藤 円、石垣先生、吉祥寺ストアの桑原 健人、横浜ストアの金子 達也。後列:テンカラUSA創始者のダニエル・W・ガルハルド、横浜ストアの神田 順。Photo: Daniel W Galhardo

テンカラUSAが長年培われてきたフィッシングのテクニックをパタゴニア日本支社の社員に伝授

2011/07/04 2011年7月4日

フィッシングの真髄はそのシンプルさにありますが、チェコニンフのダブルドロッパーについて15分も議論すると正反対のことを考えてしまうこともあります。最近ある優れた釣法が日本の渓流から西洋の川にもたらされ、精巧な(そしてしばしば行き過ぎの)スタイルが蔓延するフライフィッシング界にとって、喜… さらに読む

アマゾン河に注ぎ込むアグア・ボア川に打ち上がった、鼓動を躍らせるピーコックバスの花火。ブラジル Barry & Cathy Beck

2011年 パタゴニア・フライフィッシング・オンラインカタログ

By パタゴニア    |   2011/05/09 2011年5月9日

アマゾン河に注ぎ込むアグア・ボア川に打ち上がった、鼓動を躍らせるピーコックバスの花火。ブラジル Barry & Cathy Beck 皆さんと同じように、私たちも水のなかで多くの時間を過ごしたいと考えています。空に描かれたラインの弧を注視し、脚にぶつかる川の流れを感じ、川岸の土の湿り気を吸い込む・・… さらに読む