クリーネストライン クリーネストライン

100%になるまで さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/web_large-zeugswetter_b_0374_bp.jpg
2つの異なるルートから、3つのチームがアグハ・デ・レスの山頂で合流。「ついに、やったぜ!」という経験を共有するダミアン・マスト、コナー・ダイシンガー、ヒョルディス・リッケルト、オースティン・シアダック、サム・ランバート。パタゴニア Photo: BERND ZEUGSWETTER
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:いまを見つめ、未来を選ぶ

私たちがNo Nukes Go Renewableと言う理由:いまを見つめ、未来を選ぶ

By 武藤 類子   |   2014/03/17 2014年3月17日

「・・・私たちは、なにげなく差し込むコンセントのむこう側の世界を、想像しなければなりません。便利さや発展が、差別と犠牲の上に成り立っている事に思いをはせなければなりません。原発はその向こうにあるのです。人類は、地球に生きるただ一種類の生き物にすぎません。自らの種族の未来を奪う生き物が… さらに読む

店内の環境展示で、デモ参加を報告。 写真:パタゴニア 京都

僕たちの意思表示「バイバイ原発3.11きょうと」

By 森井 正次   |   2018/03/26 2018年3月26日

2018年3月11日、今年も僕たちパタゴニア京都は「バイバイ原発3.11きょうと」デモに参加した。それは2015年から毎年つづけている僕たちの意思表示だ。 「バイバイ原発きょうと」は、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の翌年2012年、このまま原子力を利用した発電をつづけていくことへの多くの人の疑問… さらに読む

ニセコモイワにて。左から金井哲夫、山本由紀男、新谷暁生、坂下直枝、イヴォン・シュイナード、ポール・パーカー、辰野勇。1985年1月 写真:阿部幹雄

イヴォン・シュイナードから南極への物語

By 阿部 幹雄(写真家、第49、50、51次南極観測隊員)   |   2012/04/05 2012年4月5日

ニセコモイワにて。左から金井哲夫、山本由紀男、新谷暁生、坂下直枝、イヴォン・シュイナード、ポール・パーカー、辰野勇。1985年1月 写真:阿部幹雄 子供のころの夢はヒマラヤの高峰登山と北極や南極を探検することだった。夢を果たすため北海道に渡り、ひたすら山に登り、写真家になった。北海道山岳連盟… さらに読む

写真:中根 淳一

南の島の渓流釣り:西表島・浦内川(前編)

By 中根 淳一   |   2016/04/28 2016年4月28日

南国沖縄でのフライフィッシングというと誰もが海の釣りを想像することだろう。僕も普段は河口周辺のマングローブ帯や海に足が向くことから、近年まで淡水の釣りはほとんど経験していなかった。しかし低山ながら山岳が発達した西表島では、いくつもの渓流があり、そこには好ターゲットの「メジロ」が潜んで… さらに読む

@patagoniajp
完走した多くのレースのひとつにてフィニッシュラインを通過するミラン。写真提供:Ultra Signup.com.

けがをしないようにチェコしよう:ある紳士のエンデュランスの秘密

2011/02/21 2011年2月21日

私たちは皆、年老いていく。だからその現実を拒絶することにこだわっているだけなのかもしれない。けれども彼女自身ランナーであり、ゲスト投稿者でもあるリズ・モスコによる今回の投稿は、ケリー・コーデスがお送りするシリーズ、「ファイティング・フォーティ(40歳との戦い)」に、とくにふさわしいもの… さらに読む

ファネッテ島を周航中に一息つくチップ。カリフォルニア州エメラルド・ベイ。Photo: Andrew Marshall

製品テスト:スタンド・アップ・パドルでレイク・タホへ

By オールド・スクール   |   2010/11/15 2010年11月15日

数週間前、ついにパタゴニア・ベンチュラ本社の友人たちは夏に別れを告げたようですが、リノ配送センターの仲間たちは、夏を手放すのは少々気が進まないようです。それは最近になって青い空と暖かい風の陽気が戻ってきたから、あるいは雪が舞い降りる冬の訪れを認めたくないからかもしれません。サンプル・… さらに読む

放射能測定。写真:彩の国資源循環工場と環境を考えるひろば 。

パタゴニアの環境助成金プログラム ~助成先から届いたその後のストーリー

By パタゴニア    |   2012/05/17 2012年5月17日

パタゴニアでは環境問題解決の支援として、1985年より現在まで総額4,600万ドル相当の寄付を、1,000以上の環境活動グループに行っています。日本支社でも「環境助成金プログラム」を通じて、日本国内の草の根環境グループを支援しています。 また私たちが関心を持っている環境問題にお客様にもかかわっていた… さらに読む

ダウンの真相

ダウンの真相

By パタゴニア    |   2011/06/30 2011年6月30日

私たちはパタゴニアが製造しているダウン製品に誇りをもっています。その品質(フィルパワーまたはインサレーション値)は卓越しており、シェルと同じように最終用途にふさわしい素材です。デザインも美しく、ダウン製品群はパタゴニアのビジネスの重要な一部になりました。その人気のおかげでビジネスを維… さらに読む

楽しさに満ちあふれた2011年をお過ごしください

楽しさに満ちあふれた2011年をお過ごしください

2011/01/05 2011年1月5日

昨年1年間の皆様からのすばらしいご支援にパタゴニアを代表してお礼を申し上げます。新たな2011年、皆様ひとりひとりが楽しい時間を楽しい友人たちとともに過ごすことができるよう、心よりお祈り申し上げます。パタゴニアでは新年のプレゼントとしてまことしやかに新しい壁紙を作りました。パタゴニアのケ… さらに読む

ランシサ・リ北壁 – クライミングのある人生

ランシサ・リ北壁 – クライミングのある人生

By 鈴木 啓紀   |   2013/01/17 2013年1月17日

眼下には午後の光を受けたランタン氷河がうねり、氷河を取り囲む峰々の向こうには、壮大なシシャパンマ峰の南西壁が輝いていた。ランシサ・リ峰(6,427メートル)北壁、5,700メートル地点。取り付きのシュルンドを越えてから標高差にして800メートル登ってきたこの場所で、僕は目の前の壁を見上げていた。傾… さらに読む

写真:松尾憲二郎

九頭龍山に描いたライン

By 松尾 憲二郎   |   2014/04/03 2014年4月3日

写真:松尾憲二郎 まずは島田が最後の下見へと張り出た尾根に向かった。そのときに舞い上がった雪煙でコンディションの良さを確認できた。尾根の先端にあるマッシュラインを島田は横から観察している。だがその後ろ姿からは、あまりいい感触はつかめていないように見てとれた。狩野は島田の横を進み、自らの… さらに読む

読み込み中
エラー