クリーネストライン クリーネストライン

未踏の波 さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2020/06/tsuchiya_h_0001_cc_web.jpg
腹を空かせた怪物の食道を、安全な距離をとってのぞき込む碇山勇生とコール。 Photo:Hisayuki Tsuchiya
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
チャイナ・ジャム:キジル・アスケルのサウスピラーをフリー登攀

チャイナ・ジャム:キジル・アスケルのサウスピラーをフリー登攀

By ニコ・ファブレス   |   2014/01/23 2014年1月23日

2013年10月:やった! ついに僕ら(エブラール、ショーン、ステファン、僕)は中国の山から文明に戻ってきた。神様、ありがとう。食事はとてもおいしいし、熱いシャワーをいつでも浴びることができる。便りが少なくてごめん。チームの緊張をほぐすためのテレフォンセックスに衛星電話の残高をつぎ込んでしま… さらに読む

冷たい水がちょろちょろとしか流れ出ていないグレンキャニオン・ダムの下流には、トラウトが生息するエリアが不自然に形成されている。2013年、アリゾナ州とユタ州の州境。Photo: Ben Knight

我が国をダムから解放する:アメリカの水生態系を修復するためのマット・シュテッカーの取り組み(前編)

2014/10/10 2014年10月10日

冷たい水がちょろちょろとしか流れ出ていないグレンキャニオン・ダムの下流には、トラウトが生息するエリアが不自然に形成されている。2013年、アリゾナ州とユタ州の州境。Photo: Ben Knight マット・シュテッカーは爆破することを望んでいます。私たちの川の生態系を人質にする、時代遅れのコンクリートの… さらに読む

サトウマツ植樹の腕を披露するクリス。写真:パタゴニア配送部提供

環境のために出荷する

By ギャビン・バック   |   2014/12/22 2014年12月22日

サトウマツ植樹の腕を披露するクリス。写真:パタゴニア配送部提供 今年の夏、ネバダ州リノにあるパタゴニアの配送部が地元の2つの非営利環境保護団体を援助した。僕らは全社員が受けることのできるパタゴニアの環境インターンシップ・プログラムの恩恵により、〈ヒドン・バレー・ワイルド・ホース・プロテ… さらに読む

タヒチでのキース・マロイ、52ページ。Photo: Chris Burkard

キース・マロイによる新しいボディーサーフィンの本、『 ザ・プライト・オブ・ザ・トルピード・ピープル』からの抜粋

By ジョン・R.K.・クラーク   |   2013/02/07 2013年2月7日

タヒチでのキース・マロイ、52ページ。Photo: Chris Burkard 波待ちしながらラインアップにいると、いつも海鳥の存在に気づく。僕がいちばんよくボディーサーフィンをするオアフ島の南側では、「マヌ・オ・ク(シロアジサシ)」が空中アクロバットを展開し、「イワ(グンカンドリ)」がまるで宙で停止してい… さらに読む

@patagoniajp
ブルックス山脈とキャニング川のマーシュ・フォークにかかる虹。北極圏国立野生生物保護区の「1002」エリアの西側境界にて。Photo: Ron Hunter

オバマ大統領、北極圏国立野生動物保護区の海岸平原地帯の保護を提言

By ロン・ハンター(パタゴニア・エンバイロメンタル・アクティビズム・マネージャー)   |   2015/02/06 2015年2月6日

ブルックス山脈とキャニング川のマーシュ・フォークにかかる虹。北極圏国立野生生物保護区の「1002」エリアの西側境界にて。Photo: Ron Hunter オバマ政権がアラスカ州の北極圏国立野生生物保護区の新しい全面管理計画をまとめました。それは何百万エーカーにもわたる土地を原生地域に指定し、ほぼすべての… さらに読む

起床時間。Photo: Luke Nelson

シエラ・ハイルートでの災難スタイル

By ルーク・ネルソン   |   2016/01/19 2016年1月19日

起床時間。Photo: Luke Nelson 凍えて目覚めるというのは何か不安を掻き立てるものがある。僕は寝返りを打ち、1ダースほどの腹筋をして体を暖め、ふたたび眠りにつこうとした。僕の動きで目覚めたコーディが腕時計のライトを押した。 「もうすぐ4時だ」と僕はつぶやく。 「しばらく寒さに堪えていたよ」と彼… さらに読む

このボートではただ独りグーフィーフッターのクリス・マロイがカメラをはなれ、レフトの波を試す。Photo: Dean Azim

美しく、力強い映画『グラウンドスウェル』

By クリス・ダリモント   |   2012/12/06 2012年12月6日

クリス・ダリモント(レインコースト・コンサベーション・ファウンデーション) グラウンドスウェル(トレイラー) :パタゴニア from Patagonia Japan on Vimeo. グラウンドスウェル(トレイラー) :パタゴニア from Patagonia Japan on Vimeo. 〈レインコースト・コンサベーション・ファウンデーション〉… さらに読む

Photo: Porter Teegarden

ヨガ不信者の告白

By ブリッタニー・グリフィス   |   2012/02/13 2012年2月13日

Photo: Porter Teegarden はじまりはウォーカーから送られてきた親切なメールだった。アンバサダー全員に送られてきたもので、ヨガの経験者と、そのなかで新しいパタゴニアのヨガ製品を試したい人がいるかどうかという内容だった。言うまでもなく、私はこのメールに苛立った。ヨガ? ヨガなんて女の子たちの… さらに読む

ニュージーランド、ブロークンリバーにて。Photo: Takahiro Nakanishi

好きな場所で暮らし、暮らしている場所を愛す

2014/02/17 2014年2月17日

ニュージーランド、ブロークンリバーにて。Photo: Takahiro Nakanishi 自然と一体になる感覚が好きで長いあいだこの遊びに夢中になっている。ただ単純に面白くて気持ちがいいし、スキーをつづける理由はたくさんあるが、それだけで滑りつづけ、情熱を注ぎつづけることはできない。 この遊びの本質は何だろう… さらに読む

2度目のマウント・バチェラー。写真:辰己 博実

2度目のダークセンダービー:いまやっていることと、これからやりたいこと

By 辰己 博実   |   2015/03/02 2015年3月2日

2度目のマウント・バチェラー。写真:辰己 博実 昨年12月、前年に引き続き2度目の参加となるダークセンダービーに出場するためにアメリカ、オレゴン州マウント・バチェラーを訪れた。滑走日数が一番多いホームゲレンデのニセコの次に、二番目に多いのがバチェラーで、第二のホームだ。外に出ることによっ… さらに読む

スノーボード・アンバサダー、ジョシュ・ダークセンとのチリ、ポルティージョでのスノー製品テスト

スノーボード・アンバサダー、ジョシュ・ダークセンとのチリ、ポルティージョでのスノー製品テスト

2012/01/23 2012年1月23日

パタゴニアのスノーボード・アンバサダーであるジョシュ・ダークセンとスノー製品デザイナーのグレン・モーデンをフィーチャーした最新ビデオをお届けします。彼らはこの遠征で来秋デビューする新製品のデザインをテストしました。 チリ、ポルティージョでのスノー製品テスト… さらに読む

読み込み中
エラー