クリーネストライン クリーネストライン

僕らが住む土地のために さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/manns-r-0112-cc-web-2250x1266-1.jpg
アルト・マイポ・パイプラインを辿って120キロ走った後、フェリペ・カンシーノは、この巨大水力発電プロジェクトの開発に晒された場所に及ぼす影響について考え座り込む。チリ、マイポ渓谷のヴァレ・デ・ラス・アレナス。Photo:Rodrigo Manns
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
『Spring 2011』カタログ。本カタログをご希望の方は、 パタゴニアウェブサイトよりご請求ください

カタログから資源の消費について考える

By パタゴニア   |   2011/02/25 2011年2月25日

『Spring 2011』カタログ。本カタログをご希望の方は、 パタゴニアウェブサイトよりご請求ください 現在パタゴニアでは年間11種類の日本語版カタログを国内で配布しています。これらは環境およびコスト面からすべて英語版とともにアメリカで印刷/製本され、日本に送られてきます。私たちのようなビジネスに… さらに読む

写真:山階鳥類研究所

アルバトロス・アドベンチャー

By 加藤 ゆかり   |   2015/01/08 2015年1月8日

長くて白い翼を力強く広げるアルバトロス 写真:山階鳥類研究所 その羽は白くて柔らかそうで、でもその翼はとてつもなく長くて、そして力強かった。私の見た、野生のアホウドリの最初の印象だ。 私は2014年11月、日本の小笠原諸島の小さな島、聟島(むこじま)に再び降り立った。パタゴニアのインターンシ… さらに読む

チェアの重さを生かしたターン。写真:藤村直樹

自分の可能性を信じて

By 辰己 博実   |   2012/11/05 2012年11月5日

チェアの重さを生かしたターン。写真:藤村直樹 夏はサーフィンとカヤックとクライミング、冬はスノーボードにスキーやテレマークスキーと、ニセコをベースに楽しみながら、ガイドをして生活していた私は、2008年3月10日、スノーボード中の事故により背骨を脱臼骨折し、脊髄を損傷して歩くことのできない体… さらに読む

ゴミか宝か?業者によって回収された古着やジーンズの山。写真:小泉 壱徳

国内を循環する古着を着る、そしてライフシフトへ

By 小泉 壱徳   |   2012/05/24 2012年5月24日

小泉 壱徳 (国内循環古着プロジェクト代表) ゴミか宝か?業者によって回収された古着やジーンズの山。写真:小泉 壱徳 日本の古着のほぼ90%が、回収されることもなく焼却されつづけている。国内でのリサイクル回収率はおよそ古紙60%、アルミ缶90%に対し、古着はわずか10%。リサイクルやリユースが多く… さらに読む

Canezees Donuts (ケンジーズドーナツ)にて。Photo: Mark Shimahara

誠実なドーナツ

2011/11/14 2011年11月14日

Canezees Donuts (ケンジーズドーナツ)にて。Photo: Mark Shimahara パタゴニアで働くなかでの素晴らしい財産のひとつに、興味深い人たちに出会えることがあります。ベンチュラ本社でオンライン・マーケティングを担当するマーク・シマハラは、旅で訪れる先々でカフェやベーカリー探索にいそしむほどのコ… さらに読む

足元の確かなフィッシング

足元の確かなフィッシング

2012/03/29 2012年3月29日

いまから45年前、イヴォン・シュイナードはハンマーと鋼鉄を手にまったく新しい概念のクランポンを鍛造し、アイスクライミングの未来を変えました。フロントポイントを硬くしたデザインは垂直な氷上での可能性を広げ、クライミング界に大変化をもたらしました。 ベンチュラにあるパタゴニア本社の鍛冶作業場… さらに読む

氷河上に落ちていた石に記録を残し、ミナピン村に並べる。写真:谷口けい

風の谷のフンザから-2013夏、パキスタン、人と山に魅せられて

By 谷口 けい   |   2013/10/07 2013年10月7日

氷河上に落ちていた石に記録を残し、ミナピン村に並べる。写真:谷口けい 2013年夏、ナンガパルバット(ヒマラヤ山脈の西端、8125メートル)で登山家殺害事件が起きた。パキスタン遠征の出発間際だった私たちは、外務省からも直々に自粛要請(というほど厳しくはなかったけれど、本当に行くのですか?という… さらに読む

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助

ミシシッピ・デルタとネイティブ~ルイジアナ州の魚を釣って思う

By 東 知憲   |   2012/05/10 2012年5月10日

30 ポンドを超える体は、スタミナもある。魚に負担をかけず、できるだけすばやく、手元に寄せたいのです。写真:東知憲/小倉大助 僕たちのキャプテン、グレッグは言いつづけた。「想像したよりも、自然は力強かった。レッドフィッシュたちは、むしろ記録的な数で帰ってきている。これにはハリケーン・カト… さらに読む

彼女に遭遇したことのある幸運な方々は、ぜひ彼女のストーリーをシェアしてください。Photo: Sutherland Collection

シンプルに、ソロで、そのとき行動する:オードリー・サザーランドの生涯

By パタゴニア   |   2015/04/06 2015年4月6日

彼女に遭遇したことのある幸運な方々は、ぜひ彼女のストーリーをシェアしてください。Photo: Sutherland Collection 2015年2月23日、真のヒロインでパタゴニアの友人が逝去しました。カリフォルニア育ちのオードリー・サザーランドは、1952年にハワイに移住し、93歳で亡くなるまでそこで暮らしました。女手… さらに読む

2人の子供をもつ35歳のエイドリアナ・ロブレスが2012年以来働くのは、メキシコのユカタン州バッカにあるフェアトレード認証衣類製造工場バーティカル・ニット。Photo: James Rodriguez

労働者により多くの発言権を

By レイチェル・G・クラーク   |   2019/01/04 2019年1月4日

原材料から織物、裁断から最終製品の縫製まで、私たちが製造するすべての製品の陰には人間の重労働が存在します。しかし世界中で6千万人の労働者を有する衣類製造工場で働く人びとは、歴史的に標準以下の職場環境に晒され、問題を報告できません。1996年、パタゴニアがアパレル産業の労働慣行を向上させる… さらに読む

『グラウンドスウェル』の予告編をご覧ください

『グラウンドスウェル』の予告編をご覧ください

By クリス・ダリモント   |   2012/03/19 2012年3月19日

世界最大の工業プロジェクトの発案によって危機にさらされる海洋ほ乳類とその他の生物に、どうすれば発言力を与えられるのでしょうか。結局のところクジラやイルカやその他の動物たちは、どんなに高い知性を備えていても石油産業からみずからを守ることはできないのです。 グラウンドスウェル(予告編) 最… さらに読む

読み込み中
エラー