クリーネストライン クリーネストライン

私たちにとって
大切な何かとともに
生きるために 、投票しましょう。 さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2021/10/blog_cover01.jpg
投稿を並べ替える
「だから選挙行かなきゃ」と会話を始めたい

「だから選挙行かなきゃ」と会話を始めたい

By 能條 桃子   |   2021/10/19 2021年10月19日

今月末、衆議院選挙が行われる。この選挙は新型コロナウイルス感染症によるパンデミックで私たちの生活が大きく変わってから1年9ヶ月、初めて迎える国政選挙でもある。 平成の初め、約58%であった20代の投票率は、前回の衆院選では約34%まで低下している。全体の投票率も約73%から約54%に下がっており、… さらに読む

写真:NPO法人日本フリークライミング協会

未来のために選択しよう

By 一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン   |   2021/10/19 2021年10月19日

“地球にとって最大の脅威は、誰かが救ってくれると信じていることである。”by ロバート・スワン、史上初めて南北両極点を徒歩で踏破した探検家 日本のアウトドア産業に関わる45社/ブランドが加盟する一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン(以下、CAJ)は、2021年秋の衆議院議員選挙を前に… さらに読む

私たちにとって大切な何かとともに生きるために 、投票しましょう。

私たちにとって大切な何かとともに生きるために 、投票しましょう。

By パタゴニア   |   2021/10/19 2021年10月19日

10月31日は、第49回衆議院議員総選挙です。日本ではじめての選挙が行なわれたのは、1890年(明治23年)の第一回衆議院議員総選挙でした。この選挙では、投票できる人は直接国税を15円以上おさめている満25才以上の男性に限られており、それは全人口のたった 1.1%でした。時を経て、2021年(令和3年)の第49… さらに読む

土壌と発芽。写真:金子 信博

農業のありかたを土壌の保全とともに考えなおす

By 金子 信博   |   2021/10/14 2021年10月14日

地球環境問題と農業 地球環境問題のなかで、農業はあまりよくは思われていません。なぜかというと、農業生産から食品の消費までの活動は環境に大きなマイナスの影響を与えているからです。 この70年ほどの農業の発展はめざましく、大きく生産量を拡大してきました。世界を広く見ると依然として飢餓に直面… さらに読む

10年間、待ちわびた「THE DAY」の到来。心を合わせ、パドルに力をこめる。Photo:Sayoko Suzuki

「家族」とともに海を渡る:カヌーピープルという美しい生き方

By 麻生 弘毅   |   2021/10/09 2021年10月9日

2021年7月31日 AM3:00 八丈島 期待と不安が合い混じった眠れぬ夜を過ごす。星空の下に出てみると、想定していた以上に風が強かった。北東から風速7mの風が吹きつけ、湾内であるにもかかわらず波頭は白く砕けている。 「普段ならば海に出ないようなコンディション。向かい風に加えて3knotの向かい潮、それら… さらに読む

ケンタッキー州レッド・リバー・ゴージにある5.7のスラブを慎重に登るドリュー・ハルシー。「勝手にいろいろ思い込む人もいます」とドリュー。「僕の体型を見て、初心者だと思うんですよね。それか、登れないだろうって」Photo : Austin Siadak

より高い見地へ

By リシェル・キンブル&オースティン・シアダック   |   2021/09/29 2021年9月29日

ドリュー・ハルシーは手にした携帯電話のGoogle検索で、「太った人にクライミングはできるか」と入れてみる。この疑問は、先週彼が妻のサラと映画『フリーソロ』を見て以来、こだわっていたことである。ドリューはこのスポーツに完全に魅了されてしまった。しかしこの映画でも、そのあと彼が見た多くのYouTu… さらに読む

アルト・マイポ・パイプラインを辿って120キロ走った後、フェリペ・カンシーノは、この巨大水力発電プロジェクトの開発に晒された場所に及ぼす影響について考え座り込む。チリ、マイポ渓谷のヴァレ・デ・ラス・アレナス。Photo:Rodrigo Manns

僕らが住む土地のために

By フェリペ・カンシーノ   |   2021/09/22 2021年9月22日

家に戻るたびに僕は稜線を見つめ、上流の渓谷から吹き下ろす風を感じ、川を見渡してはこの場所が、あとどのくらいこのまま残されるのか、あとどれだけ流れる川を眺めることができるのかと想像してしまう。その答えが、「ずっと長い間」であることを望みながら、日を追うごとにそれがより不明確になっている… さらに読む

ガスが抜けた青空に足取りも軽くなる 写真:小関 信平

稜線の先に見えたもの

By 上野 朋子   |   2021/09/21 2021年9月21日

山に入って3日目、赤石山の山頂から夕日を眺めたあと、ヘッドライトをつけて走り始めた。この日、スタートから15時間を超えて身体の動きが止まってきていた。レースでもなく、これだけの時間動き続ける場面は、そう多くない。ここまで自分が駆り立てられるものは何なのだろうか、なぜこれだけの装備を持って… さらに読む

川と空とが織りなす美しい汽水エリア。巨大アメマスを追う釣り人の夢のフィールド。写真:奥本 昌夫

トゥクシ:汽水に棲む大アメマス

By 奥本 昌夫   |   2021/09/16 2021年9月16日

アメマス。アイヌ民族の言葉で「トゥクシ」。北の大地を象徴するこのイワナ属の魚は、海と川とを自由に往来し、大きく成長する野生魚だ。とりわけ、海と川とがつながる大河川の汽水域は甲殻類や小魚を豊富に育み、トラウトたちにとって芳醇な成長の場となる。北海道の多くの河川は開発によって、多くのもの… さらに読む

8,000キロメートル以上の距離をこのジーンズで旅し、さらに記録更新中のマーク・リトル。毎日の通勤の往復16キロメートルを含め、2年半近くずっとはきつづけた。Photo : Tim Davis

未完の仕事

By レイチェル・G・クラーク   |   2021/09/14 2021年9月14日

このジーンズを洗わないで 自分の衣類の影響を抑えるためのマーク・リトル方式。 1枚の衣類が環境に与える影響の大部分は、繰りかえされる洗濯と乾燥によって起こります。これはデニムに関してはとくに深刻な事実です。なぜなら濡れたジーンズを乾燥させるためには、多くのエネルギーを要するからです。 だ… さらに読む

最高のジーンズ

最高のジーンズ

By サラ・マーク   |   2021/09/10 2021年9月10日

編集者注記:今日世界に出回っているほとんどのデニムの製造過程の実情を学んだとき、私たちはそれを改善しなければならないと思いました。デニムの製造過程で最もダメージを与える工程が、ダークブルーに染められたジーンズを色落ちさせたり傷つけたりして履き古したように見せかける、機械的または化学的… さらに読む

読み込み中
エラー