クリーネストライン クリーネストライン

重要なコットンの実験 さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2020/04/rai_a_0007-2250x1266-1-1.jpg
インドにあるこの農場は、 私たちのウェアの素材となるコットンの 栽培方法を変えるための検証の一環。 大地、そしてそれを利用する人間と動物 を尊重し、最終的には気候変動の阻止 に役立つ健全な土壌を育むことがその狙いである。Photo:Avani Rai
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
解決策シリーズ・パート2:私たちのコミュニティにおける解決策

解決策シリーズ・パート2:私たちのコミュニティにおける解決策

By アニー・レオナード   |   2013/10/17 2013年10月17日

1968年、走り高跳びの選手ディック・フォスベリーが、片足ずつ飛ぶ一般的なベリーロールではなく、身体全体を振り上げて、後ろ向きで頭からバーを越える背面跳びでオリンピック記録を更新しました。当初、陸上競技連盟はフォスベリー・フロップと呼ばれるこの不格好な動きを禁止しようとしましたが、その成… さらに読む

Photo: Tim Davis

不毛の盆地

By ジョアン・ドーナン   |   2015/02/16 2015年2月16日

Photo: Tim Davis 薄暗い10月の夜明けのなか、私たちはカリフォルニアのセントラルバレーへ向かうバスに乗車しました。パタゴニアの社内教育プログラムの一貫として従来農法とオーガニック農法によるコットン農場を見学するためです。私がセントラルバレーについて知っていたことは、シェラネバダ山脈と沿岸… さらに読む

Photo:  Rodrigo Farias

いつだって行く価値はある

By フレッチャー・シュイナード   |   2011/06/16 2011年6月16日

Photo:  Rodrigo Farias 編集後記:ザ・サーファーズ・ジャーナル(英語版)を購読されている方は新しい20周年記念号(2011年2・3月号、Vo20、No1)に掲載されているパタゴニアの広告を目にすることと思います。今回のクリーネストラインでは、カリフォルニアからチリへ旅したフレッチャー・シュイ… さらに読む

チュキカタマまたは「チュキ」は、チリ北部にある世界最大の露天掘りの銅山。Photo: James Q Martin

リオ・リブレ:環境特報-エピソード3「代替エネルギー」

By アマンダ・マックスウェル、NRDC中南米提唱者   |   2013/08/15 2013年8月15日

「チリ北部は世界最大の太陽光発電の可能性を秘めた場所だ。世界最大だぞ!なぜ南部にダムを建てたがるんだ?気違い沙汰だ。まったくの気違い沙汰だよ」 2011年5月にアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港からサンチアゴのホテルに向かうタクシーの中で運転手が言ったこの言葉は、それから私の頭をずっと… さらに読む

@patagoniajp
創業40年を経たいまも、原生地域のために原生地域を守るという私たちの考えは変わらない。カリフォルニア州ヨセミテ渓谷のロスト・アロー・スパイア。Photo: Glen Denny

野生のために働く:2013年度のパタゴニアの環境イニシアティブ

By イヴォン・シュイナード   |   2013/10/10 2013年10月10日

創業40年を経たいまも、原生地域のために原生地域を守るという私たちの考えは変わらない。カリフォルニア州ヨセミテ渓谷のロスト・アロー・スパイア。Photo: Glen Denny 「世界の生存は野生にある」 — ヘンリー・ディビッド・ソロー 今年パタゴニアは創業40周年を迎えます。祝福に値する多くの功績のなかで… さらに読む

チジャン山をハイク中のアレックス・ヨーダーとフォレスト・シアラー。チリにて#pursuitofpowder Photo: Andrew Miller

雪を追い求めて南半球へ:#PursuitOfPowderのライブアップデート

By エリエル・ヒンダート   |   2013/10/15 2013年10月15日

チジャン山をハイク中のアレックス・ヨーダーとフォレスト・シアラー。チリにて#pursuitofpowder Photo: Andrew Miller 僕らは僕らの人生を一歩ずつ歩んでいく。その一歩は雪、泥、氷、岩に、そして次第に舗装道路に。右足を左足の前へという無限の繰りかえしは、空間と時間を通り抜けて僕らを移動させる。… さらに読む

Photo: Patagonia

バンフ映画祭、いよいよ開催:パタゴニア・アンバサダーのバリー・ブランチャードから日本のバンフ・ファンへメッセージ

2011/09/05 2011年9月5日

Photo: Patagonia 編集注記:パタゴニアの最初のアンバサダーのひとりであるバリー・ブランチャードはカナダ最高のアルピニストとして知られ、また世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバルの地元、カナダ・アルバータ州で暮らしています。今日は一足早く映画祭を楽し… さらに読む

イエローストーンの家でくつろぐスカイ。Photo: Steven Fuller

イエローストーンからリノへ

By オールド・スクール   |   2010/12/13 2010年12月13日

イエローストーンの家でくつろぐスカイ。Photo: Steven Fuller 2010年のホリデーカタログの後ろ見返しにある写真は、1990年のキッズカタログの表紙に掲載されたのが最初です。現在のメールオーダー部門には、その当時パタゴニアで働いていたスタッフはいません。けれども、「ある雪の日にイエローストーン国… さらに読む

Photo: Jeff Johnson

外で会おう

By クレイグ・ホロウェイ   |   2015/02/19 2015年2月19日

Photo: Jeff Johnson シカゴに住んでいたころ、僕はまるで明日はないかのように走っていた。日曜日は長距離、月曜日はその2倍を走る火曜日の準備、水曜日はその週のエンドルフィンのハイライトでイリノイ大学のサークルキャンパスのトラックを脚が悲鳴を上げるまで繰り返し走った。一緒にトレーニングして… さらに読む

鹿児島県薩摩川内市久見崎町にある川内原子力発電所。写真:原子力市民委員会

川内原発再稼働は無用だ:原発ゼロ状態の今日、電力は不足しているか

By 吉岡 斉(九州大学大学院教授)   |   2014/09/19 2014年9月19日

鹿児島県薩摩川内市久見崎町にある川内原子力発電所。写真:原子力市民委員会 いまから1年前の2013年9月15日夜、ただ1基だけ営業運転していた関西電力大飯4号機が発電を停止し、日本はふたたび原発ゼロ状態となった。2011年3月11日の福島原発事故のあと、13か月の法定期限を迎えた原発が次々と停止し、原発… さらに読む

読み込み中
エラー