クリーネストライン クリーネストライン

私たちはどのようにしてここにたどり着いたのか:オーガニックコットン さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2021/04/clement_g_0007_cc_web-16x9-1-1600x900.jpg
テキサス州西部の3世代の農家:ジェリー、アーロンとローガン・ボルジャー。3人はラメサの近くの300エーカーの土地でオーガニックコットンとピーナッツを育てながら暮らしている。Photo:Giles Clement
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
最終的に海に流出することを防ぐため、マイクロファイバーを捕えるようデザインされたフィルターのテストを行うケイティ・ジョンソン。Photo : Tim Davis

科学者に任せる

By マダリナ・プレダ   |   2021/01/08 2021年1月8日

カリフォルニア州ベンチュラにあるパタゴニアの素材ラボには20台の機械があります。それぞれが異なる要素のテストに使われますが、そのすべての目標はひとつ。素材がどのように機能し、なぜ、そしてどう改善できるかを探ることです。撥水性を試す機械や、素材が毛玉になったり擦り切れたりする速度を計測す… さらに読む

リーフの上で炸裂するパイプラインの腹のなか、いつもどおりで佇むコール・クリステンセン。オアフ島ノースショア Photo:Ryan “Chachi” Craig

失われた友と海洋の危機管理

By モーガン・ウィリアムソン   |   2021/01/05 2021年1月5日

「それは何かに火を付けた」と、ビッグウェーブ・アセスメント・グループ(BWRAG)の共同創設者コール・クリステンセンは、友人のサイオン・ミロスキーが亡くなった2011年3月16日のマーベリックスでの事故について語る。「僕たちは、なんてことだ、と思った。このスポーツの限界に、最もハードに挑むサーフ… さらに読む

ニセコバックカントリーにて、極上の新雪にターンを刻む至福のひととき。 Photo : Rip Zinger

未来に向かって滑り続ける

By 丸山 春菜   |   2020/12/24 2020年12月24日

はじめてスノーボードと出会ったのは16歳の時。自由になれる感覚や開放感に取りつかれ、それ以来ずっと頭の中は滑ることばかり。私にとって雪山は、自分に還ることのできる居場所のようなもの。雪を巡り、これまで数えきれないほど旅を繰り返し、スノーボードの多種多様なスタイルや文化に触れる中で、私の… さらに読む

核心のボルダリングパートの最後のムーブに全力をかけるメゴス。最終的に、より洗練したシークエンスにより、体の振れを抑えることができた。Photo:Ken Etzel

一次資料

By アレックス・ローザー   |   2020/12/21 2020年12月21日

2020年8月5日、アレックス・メゴスは3年にわたる60数回のトライののち、セユーズの長期プロジェクト「ビブリオグラフィー」をレッドポイントしました。彼は5.15d (9c)のグレードを示唆し、これをロッククライミングにおける過去最難ルートの候補に挙げています。僕らはレッドポイント後まもない彼と話し… さらに読む

@patagoniajp
写真 : 五十嵐 一晴

旅する料理人と、「顔の見える」テーブルのこと

By 倉石 綾子   |   2020/12/17 2020年12月17日

日本各地を飛び回り、その土地々々で料理を振る舞う料理人がいる。「旅する料理人」として活動する三上 奈緒さんが繰り広げるのは、ただのポップアップレストランや食材めぐりのツアーではない。日本各地の生産地を訪ね、生産者とともに農作業を行い、猟師とともに山に分け入り、そこで出合った旬の食材で料… さらに読む

細断機にかける準備としてリサイクル・ウールの端切れに水を噴射し、静電気を防止するガブリエル・ミケローニ。衣類のリサイクルは、それを回収し、分別し、細断し、梳き、紡ぎ、織り、布地を新たな生命へと準備する専門ビジネスのネットワークに依存している。イタリアのプラートにあるこの機械はリサイクル・ウールの細断に使用される。Photo:Keri Oberly

私たちはグリーンウォッシングを止められるのでしょうか?

By エリザベス・L・クライン   |   2020/12/15 2020年12月15日

最近パタゴニアは衣料品業界がどれほど持続可能ではないかについての意識を高めようと努力し、みずからの影響を削減するための取り組みについて共有しています。私たちには衣類の製造方法を変える大きな力があります。この取り組みの一部として、パタゴニアはジャーナリストのエリザベス・クラインに依頼し… さらに読む

テレイサガールでのキティ 写真:アンディ・シェルターズ

不確実性の中で

By キティ・キャルフーン   |   2020/12/11 2020年12月11日

1986年春、アメリカ山岳協会で働いていたとき、同僚のガイド、アンディ・シェルターズからのメモを読んだ。まだ携帯電話もEメールもない時代で、私はスバルで車中生活を送っており、毎日が今とは違う日々で過ごしていた。「来週、仕事の後オフィスで会おう。この秋、いっしょにインドのテレイサガール北壁の… さらに読む

遠くオロロクエ山を背景にしてラクダが横切っていく。ケニア Photo:Eric Bissell

ケニアのラクダ:はじめての写真

By エリック・ビッセル   |   2020/12/10 2020年12月10日

埃っぽいアーチャーズポストの町で水とビールを補給してキャンプに戻る途中、2頭のラクダがA2ハイウェイを横切っていた。僕らがクライミングをしている、ケニア砂漠にそびえるあの山を背景にした構図だ。JTが車をわきに止め、僕らはそのシーンをスナップに撮ろうと外に出た。最近までこの道路は泥道で、ア… さらに読む

トレイルランニング衣類のパターンを検証するデザイナーのエリック・ノルPhoto:Kyle Sparks

品質は環境問題

By パタゴニア    |   2020/12/04 2020年12月4日

2017年にデビューしたパタゴニア初の寝袋は、45年かけて実現したものです。グローバル・トレーサブル・ダウン基準の認証を受けたバージン・ダウンを採用し、何世代もにわたり長持ちするこの製品は、高品質と優良なデザインの典型例だと、私たちは思いました。間もなくそのうちのひとつがジッパー修理のため… さらに読む

オレゴン州ワラウア山脈で、未来の野生魚保護活動家ノミが道路わきの水辺を調査している。写真:ジョン・ラリソン

山が孤島になるとき

By ジョン・ラリソン   |   2020/12/03 2020年12月3日

キャトルガード(放牧地の家畜が脱走しないよう路上に敷かれた鉄格子)をトラックでガタガタと走り過ぎてからは、携帯を永久にオフにした。前方に灰色の山と青い空が現れる。8歳の娘ノミは顔にかかる髪をかき上げて「魚を捕まえるの、パパ?ほんとに?」とたずねた。 「その方がいいよ。じゃなきゃ食べるも… さらに読む

唐松岳方面へハイクアップする、カイ・ピーターソン、大池 拓磨、古瀬 和哉。 写真:伊藤 剛

Protect Our Winters Japan のこれまでとこれから

By 寺倉 力   |   2020/11/30 2020年11月30日

滑り手の立場で気候変動にアクションする環境団体「Protect Our Winters Japan(POW JAPAN)」が、発足以来わずか2年で予想以上の成果を挙げつつあります。「私たちの雪のフィールドを守るために」というここまでの活動をあらためて振り返ります。 世界13カ国に広がるPOWのネットワーク 「Protect Our Winte… さらに読む

読み込み中
エラー