クリーネストライン クリーネストライン

品質は環境問題 さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2020/12/sparks_k_0612_cc_web-2250x1266-1-1280x720.jpg
トレイルランニング衣類のパターンを検証するデザイナーのエリック・ノルPhoto:Kyle Sparks
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
表紙:天国にいるかのように、故郷の海に浮かぶベリンダ・バグス。彼女が育ったオーストラリアのニューサウスウェールズのビーチは、澄んだ青い水と良い波と豊富な野生生物に恵まれてきた。ベリンダが活動をともにする〈Save Our Coast〉はニューキャッスルを拠点とする非営利団体で、巨大石油企業の企みの公表と阻止に取り組んでいる。
ニューキャッスルからシドニーまでの沿岸部にあるビーチの半数と同様に、現在この海岸線沿いは、石油とガスの開発の脅威にさらされている。photo : Jarrah Lynch

自分の声を出す

By ジャナ・アイアンズ   |   2020/07/22 2020年7月22日

サーフィンは自分の時間を自分勝手に過ごす方法、だと決めつける傾向が昔からあります。オーストラリア人のベリンダ・バグスは10年以上、良い波や撮影の機会を追いながら、聞き飽きたこの決まり文句どおりの生活をしていました。けれども2011年に息子のレイソンが生まれると、彼女は目を覚ましました。「地… さらに読む

腹を空かせた怪物の食道を、安全な距離をとってのぞき込む碇山勇生とコール。 Photo:Hisayuki Tsuchiya

未踏の波

By コウスケ・フジクラ   |   2020/07/20 2020年7月20日

2015年3月、碇山勇生はコール・クリステンセンに連れられて、はじめてワイメアの波を訪れた。その後何年も、勇生は片言の英語とたくさんの絵文字でコールに呼びかけ、彼の住む奄美大島の、台風でリーフにうねり立つ波へとコールを誘っていた。ワイメアで無限の可能性が拓かれた勇生は、コールを指導者とし… さらに読む

この船に積まれているような古い漁網は、海洋プラスチック汚染の要因のひとつとなっている。チリ、タルカワノ Photo : Jürgen Westermeyer

ネットでプラス

By アダム・スコルニック   |   2020/07/16 2020年7月16日

廃棄されたプラスチックの漁網がどのようにしてパタゴニアの帽子のつばになったのか 毎年、800万メトリックトン以上ものプラスチック廃棄物が海に流出します。プラスチックは座礁したクジラや季節によって移動するアホウドリの体内にも見られ、また深海底堆積物や北極の氷床コアでも見つかっています。海に… さらに読む

ニューメキシコ州のファンキー・ビュート・ランチで、10年前には懲役10年から終身刑だったかもしれない作物を育てる行為で、家族と地元地域、そして種に仕えるダグ・ファイン。photo:Doug Fine提供

それで、再生型のヘンプ農家になりたいのですか?

By ダグ・ファイン   |   2020/07/15 2020年7月15日

今度こそ農家主導 ヘンプ畑にいるときはテルペンがすべてを支配する。ヘンプの花に住む松やマンゴーの匂いのする小さな芳香族炭化水素が体内に入り込み、「エンドカンナビノイドのシステムを稼働する準備をしろ」と伝える。これは明らかに朗報だ。ヘンプを栽培すると幸せ度が増す。より困難なニュースはヘン… さらに読む

@patagoniajp
高校の卒業式で総代を務めたイアン・ウォルシュは、優秀な成績とレイバックの上達は同時に達成できる、ということを子どもたちに示したいと願う。マウイ、ホオキパ Photo : Ryan “Chachi” Craig

ありきたりではない大会

By ガブリエラ・アウン   |   2020/07/13 2020年7月13日

イアン・ウォルシュには完璧なサーフィン大会を実現したいという夢がありました。 会場にはダンクタンクやバウンスハウスやゲーム露店が立ち並んでいます。参加者はキャンバスに描いた絵を誇らしげに展示したり、自分たちで料理をしたり、世界に名だたるシェイパーからサーフボードの作り方の基礎を習ったり… さらに読む

ニュージャージー州ウッドバリーの自宅の道路脇にリサイクル箱を出す「リサイクルの父」ことドナルド・サンダーソン。photo:Erin Scottberg

「リサイクルの父」からあなたへのメッセージ

By エリン・グレース・スコットバーグ   |   2020/07/09 2020年7月9日

ドナルド・サンダーソンがニュージャージー州ウッドバリーで全国初の義務的な道路脇リサイクル・プログラムをはじめたのは1980年のことでした。リサイクルの状況はそれ以来変わりました。とても大きく。これはいまだに意義のあることなのでしょうか? ドナルド・サンダーソンが、フィラデルフィア郊外のニュ… さらに読む

オレゴン州沿岸のスチールヘッドの川に腰までつかり、スペイキャストしようとするジェフ・ヒックマン。Photo:Jeremy Koreski

オレゴン州のスチールヘッド:すべては故郷の水域のために

By スティーブ・デュダ   |   2020/07/06 2020年7月6日

オリィ・ヒックマンは、よくはしゃぐ3歳児だ。目下、母親のキャサリンが差し出すニンジン・スティックに喜び、キッチンでラップを踊り、そして会ったばかりの初対面の人々に興奮している。何しろその全員が大声で、しかも同時に話している。けれど何よりオリィ・ヒックマンが大喜びしているのは、父さんと… さらに読む

インドは世界で最も一般的な天然繊維であるコットンの最大生産国。現在有機栽培されているコットンは、その総生産量の1%以下。Photo:Tim Davis

暮らしの素材を変える

By リンジー・モリス   |   2020/07/02 2020年7月2日

テキサス州ミュールシューのコットン農家ジミー・ウェデルがオーガニックコットンへの移行に踏み切る最後の決め手となったのは、ある鳥の死でした。畑でコットンの植え付けを手伝っていた彼の父親がキジの巣を見つけ、熱心なバードウォッチャーでもあったことから、その巣を避けるために数列飛ばして作業を… さらに読む

提供:NO YOUTH NO JAPAN

「政治の話はタブー」の時代は終わった

By 能條 桃子   |   2020/07/01 2020年7月1日

2017年秋の第48回衆議院議員総選挙。19歳の私は、ひょんなことから候補者のもとで選挙インターンをすることになりました。ビラ配りや電話かけだけでなく、候補者のSNSの運用、そして街宣車でのうぐいすや演説もしました。陣営が人手不足であったことから街宣車の運用を数日任され、大学生のインターン50名だ… さらに読む

アイダホ州ボイシーのはずれにある孵化場では、サーモン川上流で捕獲した絶滅寸前のベニザケの成魚を「おかえりなさい」と歓迎する。Photo: JIM NORTON

コロンビア川のパワー・シフト

By ジム・ノートン   |   2020/06/29 2020年6月29日

2019年夏、アイダホ州ソートゥース山麓サーモン川上流の谷に、絶滅危機に瀕する20数匹のベニザケが帰ってきた。1,450キロメートルも離れた海から、疲れ果て、傷ついた繁殖間近のサーモンたちは、レッドフィッシュ湖下方の小川で網にかかり、トラックで225キロメートル先のボイシーの人里離れた巨大な倉庫に… さらに読む

インドにあるこの農場は、 私たちのウェアの素材となるコットンの 栽培方法を変えるための検証の一環。 大地、そしてそれを利用する人間と動物 を尊重し、最終的には気候変動の阻止 に役立つ健全な土壌を育むことがその狙いである。Photo:Avani Rai

重要なコットンの実験

By レイチェル・G・ホーン   |   2020/06/24 2020年6月24日

これは、検証です。農期の後半を迎えた畑では、白い綿花があたりに点々と現れはじめます。この農場では、通常なら単一作物が整然と並んでいるだけの畝のあいだにも植物が育ち、鮮やかな色の美しいサリーを着た労働者たちが手作業でひとつひとつ作物を点検しています。インドは世界最大のコットン生産国で、… さらに読む

読み込み中
エラー