クリーネストライン クリーネストライン

受け継ぐことのできるもの さらに読む

https://blog.patagonia.jp/wp-content/uploads/2017/11/cricco_j_0158_cc_WEB_featured-1600x1200-c-default.jpg
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
にわか仕立て

にわか仕立て

By カール・ゾック   |   2017/05/19 2017年5月19日

カール・ゾック 僕らは切望していた。誰も通った形跡のないシングル・トラック、過酷な登り、冷や汗ものの下降、孤独、そして泥……。友人4人と、荷物満載のマウンテンバイク(速攻で詰め込んだサバイバル・スタイル)、曖昧な計画と限られた時間。濃縮された時間のなかで制限を付けずにトレイルがどこへつ… さらに読む

ウーリー、きみはもういない。

ウーリー、きみはもういない。

By スティーブ・ハウス   |   2017/05/16 2017年5月16日

スティーブ・ハウス 世界中のクライミングのコミュニティと同じように、パタゴニアも著名なスイスの登山家、ウーリー・ステックが2017年4月30日にネパールで逝去したニュースに深い悲しみを抱いています。アルピニストのスティーブ・ハウスが彼への思いを綴ってくれました。 「ある程度のリスクを冒す価値… さらに読む

スリランカへの再訪

スリランカへの再訪

By ベリンダ・バグス   |   2017/05/08 2017年5月8日

ベリンダ・バグス ほぼ10年ほど前、永遠に割れつづけ、見渡すかぎり人っ子ひとりいない神秘的なポイントの話を耳にしました。そんな話を聞いてぜひとも行ってみたいと思わないサーフィン中毒者がどこにいるでしょう。それがたとえ渡航勧告を無視し、内戦によって不安定な状況がつづく地域に足を踏み入れる… さらに読む

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に

By ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック   |   2017/05/01 2017年5月1日

ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック 風はなく、波は穏やかだ。双胴型航海カヌー「ホクレア」のまわりでさざ波を立てているのは、大きな円を描きながら子供たちが漕ぐパドルボードだけ。船首にはティリーフの花冠が掛けられ、帆は巻かれたままマストに結ばれている。ハワイの王のマントと同じ深… さらに読む

@patagoniajp
The More Things Change (変われば、変わるほど):ジェリー・ロペスのウルワツ・トークストーリー

The More Things Change (変われば、変わるほど):ジェリー・ロペスのウルワツ・トークストーリー

By ジェリー・ロペス    |   2017/04/28 2017年4月28日

ジェリー・ロペス  ジェリー・ロペスがはじめてウルワツでサーフィンをしたのは1974年のことでした。バリの伝説的な波は美しく魅惑的で、辺りは閑散としていました(詳細は後述)。そして40年後、ジェリーはそこでヨガの合宿を主催し、教室の合間に波に乗り、ウルワツを次世代に残す保護活動を支援するた… さらに読む

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向

By ナイノア・トンプソン   |   2017/04/24 2017年4月24日

ナイノア・トンプソン 1975 年の進水以来この魔法のような船「ホクレア」の、地域と人びとを結び、刺激し、変える力を目撃してきました。そのデッキの上で太平洋の民は、それまで 600 年間も眠っていた天文航法、ウェイファインディング、遠洋航海のアートと科学をよみがえらせました。ホクレア号で航海し… さらに読む

走りゆく公園

走りゆく公園

By ケイティ・ミラー   |   2017/04/19 2017年4月19日

ケイティ・ミラー 起きぬけのボーッとした状態で寝袋に入ったまま、 足元のジッパーだけを開けてキャンプのキッチンに ヨロヨロと歩み寄り、仲間と朝の挨拶を交わした。 肌寒かったけれど、荷物を軽くするためにウェアは 最小限しか持ってきていなかった。 私は寝袋から手を出して、温かいコーヒーを握った… さらに読む

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド

By ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック   |   2017/04/17 2017年4月17日

ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック  ホクレア号は世界航海をつづけながら、私たちの「地球島」をいたわる「マラマ・ホヌア」を実践する人びとの国際的なネットワークを紡ぐ。昨年の秋にはアオテアロアのワイタンギに上陸し、数百人に迎えられた。マオリ族はニュージーランドをアオテアロアと呼… さらに読む

より良く知り、より良く行動する

より良く知り、より良く行動する

By デイヴ・ラストヴィッチ   |   2017/04/13 2017年4月13日

デイヴ・ラストヴィッチ スリランカのコロンボ近郊でパタゴニア製品を製造するフェアトレード認証済みの工場、MAS アクティブ・レジャーラインに足を踏み入れると、感覚をまず刺激するのはその音だ。 鮮やかな緑色の作業服を着た数百人の従業員が、蛍光灯の白い光の下で列をなす裁断機とミシンを操作してい… さらに読む

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア

By ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック   |   2017/04/10 2017年4月10日

ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック 2016年はアメリカ国立公園が誕生100周年を記念する。マラマ・ホヌア世界航海では、ホクレア号の乗組員が、アメリカ領サモア、カリブ海のセント・ジョン、フロリダのエバーグレーズなど複数の国立公園を訪問し、6月はじめにはニューヨーク市のガバナーズ島に… さらに読む

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

By ルーク・ネルソン   |   2017/04/06 2017年4月6日

ルーク・ネルソン 僕は息もたえだえに手を伸ばし、笑顔で立っている4人のボランティアとハイファイブをする。2月だというのに山頂の救護ステーションに立ってくれている彼らに、喘ぎながら感謝する。ステーションを回り込み、下の谷につづく急な雪のステップを早足で4歩か5歩目駆け下りると、雪の地面… さらに読む

読み込み中
エラー