クリーネストライン クリーネストライン

「怒り狂う空の下で自己の小ささと無力さを痛感する」 さらに読む

https://blog.patagonia.jp/wp-content/uploads/2018/03/SPR18_070a_tufaimea_t_0002_1600TCL-1404x778-c-default.jpg
急速に移動する南太平洋のスコールの強風に捕まり、スウェル号のセールをリーフするためにマストへ向かうリズ・クラーク。 Photo: Tahui Tufaimea
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
『The Aloha Shirt: Spirit of the Islands(アロハシャツ:島々の魂)』

『The Aloha Shirt: Spirit of the Islands(アロハシャツ:島々の魂)』

By デール・ホープ   |   2017/07/18 2017年7月18日

デール・ホープ 『The Aloha Shirt: Spirit of the Islands』は 最も色鮮やかで完全な本書は、これまでに創られたなかでも最も永続的なハワイアンシャツの記念本。以下は第2章「Tailor Shops to Factory Pioneers:アロハシャツ創成期」からの抜粋です。   1920年代、ワイキキビーチのホテルでは宿泊… さらに読む

天然染料の試み

天然染料の試み

By ジョヤナ・ラフリン   |   2017/07/14 2017年7月14日

ジョヤナ・ラフリン 45年前、昔ながらの北米のアウトドアウェアいえば、基本的な色はカーキ、デニムブルー、オリーブグリーンでした。それらの色は単調というだけではなく、その染料は石油をベースにしていました。クラフト・ピンクという色を思い浮かべたとき、バシラリスの花ほど鮮明なクラフト・ピンクは… さらに読む

ひだまり ~石木川がつなぐ未来への旅路~

ひだまり ~石木川がつなぐ未来への旅路~

By 東田トモヒロ(ミュージシャン)   |   2017/07/10 2017年7月10日

東田トモヒロ(ミュージシャン) 去年4月に起きた熊本地震は僕にとってこれまでで最も身近で、最も大きな災害だった。多くの家屋や建造物が倒壊し、地割れや土砂崩れなどもあちこちで発生していたので、震災当初は何もかも失われてしまったかのような悲しい気持ちで過ごしていたように記憶している。石木ダ… さらに読む

世界一美しく過酷なアウトリガーカヌーのレース「ハワイキ・ヌイ・ヴァア」

世界一美しく過酷なアウトリガーカヌーのレース「ハワイキ・ヌイ・ヴァア」

By 金子ケニー(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2017/07/06 2017年7月6日

金子ケニー(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー) 2016年の11月、僕はオーシャンアウトリガーカヌークラブの仲間たちと、タヒチで行われる世界一美しく過酷なアウトリガーカヌーのレースといわれる「ハワイキ・ヌイ・ヴァア」に参戦した。古代の太平洋に生きた人びとにとっての、起源であり、桃源郷で… さらに読む

@patagoniajp
アングラーに非ざる者の手記

アングラーに非ざる者の手記

By アンドリュー・バー   |   2017/07/03 2017年7月3日

アンドリュー・バー パタゴニアに長年寄稿する写真家のアンドリュー・バーは、最近才能ある生来のアングラーたちのグループとモンゴルへ旅しました。アングラーでない彼はそこでフライフィッシングと、写真に対する自分の情熱についての興味深い視点を発見しました。ここでご紹介するのは、とらえたイメー… さらに読む

まだ見ぬ水平線の彼方へ  

まだ見ぬ水平線の彼方へ  

By 内野 加奈子   |   2017/06/29 2017年6月29日

内野加奈子 私が〈ホクレア〉という名のハワイの伝統航海カヌーの存在を知ったのは、海の魅力に惹かれ、週末ともなれば、伊豆や三宅島に通っていた学生時代のことだった。友達が手渡してくれた1冊の本に描かれた、星や月、波や風を読み、水平線の彼方の島を目指す伝統航海の世界。人はこんなにも深く自然… さらに読む

チリの偉大な日:トンプキンス・コンサベーションが歴史的な国立公園誓約に署名

チリの偉大な日:トンプキンス・コンサベーションが歴史的な国立公園誓約に署名

2017/06/26 2017年6月26日

3月、私たちはクリスとダグ・トンプキンスの信じがたい偉業を祝いました。それは100万エーカーの公園土地をチリ政府に寄付する誓約で、これは私有団体が国にした史上最大の土地の寄付です。チリの大統領ミシェル・バチェレはプマリン公園とパタゴニア公園を含む5つの新たな国立公園を設立し、さらに3つの… さらに読む

海が変えた僕の人生について

海が変えた僕の人生について

By 眞木 勇人(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2017/06/21 2017年6月21日

眞木勇人(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー) 先日、キース・マロイ監督の映画『FISHPEOPLE(フィッシュピープル)』を観る機会に恵まれました。映画はパタゴニア・アンバサダーでもあるキミ・ワーナーやタヒチのビッグウェーブサーファーのマタヒ・ドローレなど、「海」によって人生が変わった6名… さらに読む

『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』

『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』

By イヴォン・シュイナード   |   2017/06/15 2017年6月15日

イヴォン・シュイナード 初版の登場から10年を経て、パタゴニアの創業者兼オーナー、イヴォン・シュイナードが2006年に書いた回顧録の傑作の増補改訂版『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』が出版されました。約半分に相当する内容を増補し、新たに活動家であり作家のナオミ・ク… さらに読む

ナノグリップと私の「脱げない」関係

ナノグリップと私の「脱げない」関係

2017/06/12 2017年6月12日

私にとって水着とは、普通の服よりも多くの時間をともにする関係と言っても言い過ぎではない大切なもの。サーフトリップ、いやじつは普段から下着をつけるのはあまり好きではなく、代わりに水着を着ていることはしょっちゅう。だから脱げません。そして出掛ける用事や人と会う約束がないときなどは、海から… さらに読む

ルートはつづく

ルートはつづく

By ソニー・トロッター   |   2017/06/08 2017年6月8日

ソニー・トロッター 「ソニー、ホールドがなかったらルートにはならないよ」アレックスがそう下で叫んだ。ハーネスを着け、気楽な様子で笑顔を浮かべて、俺を眺めている。僕はア レックスが握っている9ミリロープの先の空中18メートルあたりで、傾斜のきついのっぺりとした青白い石灰岩に突起らしきものを探… さらに読む

読み込み中
エラー