クリーネストライン クリーネストライン

未踏の波 さらに読む

https://www.patagonia.jp/blog/wp-content/uploads/2020/06/tsuchiya_h_0001_cc_web.jpg
腹を空かせた怪物の食道を、安全な距離をとってのぞき込む碇山勇生とコール。 Photo:Hisayuki Tsuchiya
投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
さまざまな国から草の根環境保護団体のリーダーがスタンフォード・シェラ・キャンプに集い、最新の手法と技術を学ぶ。Photo: Tim Davis

草の根活動家のための「ツール会議」の12周年を祝う

By ローカルクルー   |   2011/10/13 2011年10月13日

さまざまな国から草の根環境保護団体のリーダーがスタンフォード・シェラ・キャンプに集い、最新の手法と技術を学ぶ。Photo: Tim Davis 草の根活動家のための「ツール会議」はパタゴニアで働いていて誇りに思えることリストのなかでも上位の方にあります。社員として、ツール会議のことは何年も知っていまし… さらに読む

ショーヴェ洞窟の壁画。Photo: HTO(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとWikipediaより転載)

壁画が語る前兆

By エイミー・アーバイン・マクハーグ   |   2011/10/11 2011年10月11日

エイミー・アーバイン・マクハーグは素晴らしい著作家です。今回は彼女が気に掛けていることについて書いてもらいました。すでにお手元に届いているパタゴニアの『Winter 2011』カタログに掲載された彼女のエッセイ『赤い景色』もお見逃しなく。『赤い景色』はパタゴニアの現在の環境キャンペーン「アワ・コ… さらに読む

ダン・マロイ(右)とコール・クリステンセン(左)

パタゴニア・サーフィン・アンバサダーに聞きました:「パタゴニア サーフ千葉の印象は?」

By パタゴニア    |   2011/10/06 2011年10月6日

ダン・マロイ(右)とコール・クリステンセン(左) まだまだ残暑の残る9月中旬、今年6月にオープンしたパタゴニア サーフ千葉をパタゴニア・サーフィン・アンバサダーたちが訪れました。訪れたのは、ジェリー・ロペス、ウェイン・リンチ、ダン・マロイ、コール・クリステンセン、キム・ディグス、そして… さらに読む

空になった川岸を海まで陸路運送するピート・マクブライド。Photo: Jon Waterman

すべての川は海に注がれるべき:コロラド・リバー・デルタを救おう

By ジョナサン・ウォーターマン   |   2011/10/03 2011年10月3日

空になった川岸を海まで陸路運送するピート・マクブライド。Photo: Jon Waterman 「だがその途上で、私はこの問題をどうすれば解決できるかについても学んだ。つまりそれを気づかう人びとや、そこがいまだ存在する顕著な生息地であるという意味においても、デルタは死からはほど遠い状態であることを」—ジョ… さらに読む

@patagoniajp
『Solitaire(ソリティア)』いよいよ来月公開

『Solitaire(ソリティア)』いよいよ来月公開

By ローカルクルー   |   2011/09/29 2011年9月29日

編集者記:ニック・ワゴナーとスウィートグラス・プロダクションによる『Signatures』につづく彼らの3本目の映画『Solitaire』のリリースが、いよいよ間近に迫っています。今日は公式予告編とともにその全貌をご紹介しましょう。本作品は9月15日にコロラド州デンバーで開催されたワールド・プレミアのあと… さらに読む

写真:『最もシンプルな解決策』と映画『180° South』からのスクリーン画像

タンプラインについて

By イヴォン・シュイナード   |   2011/09/26 2011年9月26日

写真:『最もシンプルな解決策』と映画『180° South』からのスクリーン画像 今日はパタゴニアの創設者イヴォン・シュイナードが私たちの製造する最もシンプルなギアについて書いたエッセイをご紹介します。1980年にシュイナード・エクイップメント社のカタログに掲載されたものです。 少し前にスキーの展示… さらに読む

山のなかを流れる須築川に突然姿を現す砂防ダム。写真:稗田一俊

川に転がっているごくごくありふれた石が川の水を命を育む流れに変える

2011/09/22 2011年9月22日

川の水は高い方から低い方へと流れている。川底の石のあいだを潜ったり出たりしながら流れる水もあれば、湧き水もある。川を流れる水には複雑な流れがある。 編集注記:パタゴニア日本支社で独自に実施した環境キャンペーン「フリー・トゥ・フロー - 川と流域を守る」のエッセイでもおなじみの稗田一俊氏… さらに読む

フローレス島で夕方サーフィンに出掛ける。Photo: Malcolm Johnson

コーミング・ザ・コースト:ビーチのゴミ拾い

By マルコム・ジョンソン   |   2011/09/20 2011年9月20日

フローレス島で夕方サーフィンに出掛ける。Photo: Malcolm Johnson カナダ沿岸でのサーフィンについての記事を読んだことがある人は、この地域がいかに手つかずのままであるかというお決まりの文章を目にしたことがあるに違いない。クマやオオカミがキャンプ地を徘徊し、ラインアップはアザラシやクジラで活… さらに読む

ホアン・パブロ・オレゴ、パタゴニアのエル・ゴルフ店にて。Photo: Rodrigo Farias

5基の巨大ダム建設はなぜチリ領パタゴニアの中核を脅かすのか:地元チリのサンチアゴからの声

By ホアン・パブロ・オレゴ   |   2011/09/15 2011年9月15日

チリのダム建設反対運動については、パタゴニア地方を訪れた多くの人たちからの報告は聞いたものの、そこに住む人びとからの声はこれまで届いていませんでした。ですがそれも今日までです。以下はチリのサンチアゴを拠点とするNGO、<Ecosistemas>の代表でPatagonia Sin Repressas(ダムはいらない)キ… さらに読む

写真:芝田満之

Saltwater Sky

2011/09/12 2011年9月12日

写真:芝田満之 ただ、この湘南を残しておきたかった。 それは、いままで僕の記憶の中に蓄積された沢山の美しい瞬間を再現することから始まり、 ここをもう一度見直すことで、いつもの浜辺やある時間に起こるであろう新しい変化に期待した。 海は変らない、むしろ昔より美しく迎えてくれている。 冬の海、日… さらに読む

ボイス・ユア・チョイス Fall 2011:パタゴニア直営店およびウェブサイトを訪れて、環境助成金の使い道の選択に一票を

ボイス・ユア・チョイス Fall 2011:パタゴニア直営店およびウェブサイトを訪れて、環境助成金の使い道の選択に一票を

2011/09/08 2011年9月8日

素晴らしい取り組みを行っている環境団体が数多くあるなか、すべての団体に寄付をするのは不可能です。パタゴニアは私たちが環境保護団体に寄付できる額には限界があることを理解しています。またパタゴニアのお客さまは、それぞれの地元地域で起きていることについて、より知識をもっていることも知ってい… さらに読む

読み込み中
エラー