クリーネストライン

スキー/スノーボード

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
マウント・バチェラー最高! Photo: Rip Zinger

ダークセンダービー参戦:チェアスノーボードを持って初めて海外に飛び出した

By 辰己 博実   |   2014/02/03 2014年2月3日

マウント・バチェラー最高! Photo: Rip Zinger ダークセンダービーは、世界的に知られるプロスノーボーダーのジョシュ・ダークセンが地元、オレゴン州ベンドのマウント・バチェラーでイベントを開催したいというのがはじまり。地元やスキー場の負担にならないよう大がかりな仕掛けを使わずになるべく少な… さらに読む

デブ・マクキロップいわく、最高の木は抱擁できない。「フォレスターにとっては、素晴らしい測定ツールとなる腕の長さを知っておくのは便利なことです」と彼女は言う。ブリティッシュ・コロンビア内陸のベイスギの森で、スキー中にデブの例にしたがって愛を送るリア・エヴァンス。
Photo: Garrett Grove

ツリーライン:年輪に刻まれたストーリー

By ローラ・イェール   |   2019/01/29 2019年1月29日

木は静かに、辛抱強く、耐え忍びます。地球における私たちの人生で知り合う最古の生物である木は、私たちの惑星の広大な過去への生きる橋渡しとなります。『ツリーライン』は私たちという種がずっと依存してきた森を讃える映画であり、スキーヤーやスノーボーダーの一部がその人生すべてを刻みこんできた場… さらに読む

patagonia presents BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL in JAPAN 2012開催決定

patagonia presents BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL in JAPAN 2012開催決定

2012/07/05 2012年7月5日

世界で最も優れた国際的なアウトドア映画祭が、今年も日本にやってくる。 世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル。毎年11月にカナダ・アルバータ州バンフで開催されるこの映画祭は、本年で37年目を迎えます。世界中から応募された300本以上の作品の中からグランプリ… さらに読む

「いつかジャンボ・バレーのような野生地を私の子供たちに見せたいです。彼らが自分の内に野生地を培い、私たちに委ねられた世界を気遣ってくれるように」—リア・エバンス。ブリティッシュ・コロンビアのパーセル山脈ジャンボ峠にて。Photo: Garrett Grove

ジャンボ・ワイルド:聖域と野生地

By ロビン・ダンカン   |   2017/02/03 2017年2月3日

ジャンボ・バレーのパーセル山脈のパウダーの秘められた奥地には、ちっぽけなコンクリートのスラブがあります。放棄されたジャンボ・グレーシャー・リゾートの基礎です。それは環境認可書が無効になる前にグレーシャー・リゾートが公式にスキー場の建築に着手しようとした最後の試みの名残りです。 行動を起… さらに読む

2度目のマウント・バチェラー。写真:辰己 博実

2度目のダークセンダービー:いまやっていることと、これからやりたいこと

By 辰己 博実   |   2015/03/02 2015年3月2日

2度目のマウント・バチェラー。写真:辰己 博実 昨年12月、前年に引き続き2度目の参加となるダークセンダービーに出場するためにアメリカ、オレゴン州マウント・バチェラーを訪れた。滑走日数が一番多いホームゲレンデのニセコの次に、二番目に多いのがバチェラーで、第二のホームだ。外に出ることによっ… さらに読む

大源太キャニオンから仰ぐ大源太山西面と滑降ライン。全写真:松岡祥子

大源太山西面:初滑降

By 島田 和彦   |   2017/12/28 2017年12月28日

大源太山(標高1598m)は木材を指す方言「ゲンタ」から名付けられたとされ、南北方面から見ると鋭い槍のようなそれは「上越のマッターホルン」の異名をもち、谷川連峰のなかでも際立った個性だ。首都圏からのアクセスもいいので、これまで落とされていないのは不思議な話だが、主脈縦走路から離れて標高も… さらに読む

『The Drift』よりパタゴニア・スノーボード・アンバサダー、玉井太朗へのインタビュー

『The Drift』よりパタゴニア・スノーボード・アンバサダー、玉井太朗へのインタビュー

2014/01/27 2014年1月27日

編集者記:このインタビューは、The Usualとパタゴニアの共同出版『Drift』に掲載されたもので、オンラインでもお読みいただけます。さらなる情報はthedriftmag.tumblr.comをご覧ください。 神々と山々が成すもの GENTEMSTICKのデザインについて:僕のシェイプはたんにサーフボードを真似ているのではなく、… さらに読む

闇夜に浮かび上がる大源太山東面。Photo: AO

マウンテニアリングスノーボードの深淵  大源太山東面・四ルンゼ

By 島田 和彦   |   2019/01/11 2019年1月11日

大源太山東面への歩み スノーボードを始めたころ、ひっそりと近所の山に入り、地図を見ながら、少しずつ範囲を広げていったのを思い出す。そして、いまも同じことをして、興奮している。僕は引きかえすことのできない扉を開けて、いつのまに禁断の場所に入ってしまったんだろう。 毎年冬が終わり、スノーボ… さらに読む

『THE FIRST TRACK』 – 玉井太朗

『THE FIRST TRACK』 – 玉井太朗

2012/01/10 2012年1月10日

[ PHOTO:Ryan Creary ] パラダイスとは辞書によれば天国、楽園、極楽なんてことが書いてある。しかし、そんなものはこの世に存在するのだろうか。初めてオーロラを見て、こんなに素晴らしいものは見たことがないと感激している傍を、空なんか気にもかけていない人が通りすぎていく。ヤシの木陰でビールを片… さらに読む

中千穂平ルンゼ全容。Photo: MATSUO KENJIRO

高千穂平

By 島田 和彦   |   2017/01/19 2017年1月19日

静粛と躍動へのグライド “現代は「多様な価値観」という言葉で、本当に価値のあるものが退けられる時代のように思う。価値あるものはそう多くない。やるに値することを探し当て、生を全うすることは、砂漠で針を探すほどに困難なことだ。アルピニズムとは、その数少ない価値あるものなのだ。”… さらに読む

涼むのに適した場所を選ぶエリック・ポラード。カリフォルニア州バージニア・レイクス Photo: Andrew Miller

最後の登り坂

By マックス・ハマー   |   2018/01/11 2018年1月11日

俺たちはたまに自転車を走らせる程度のサイクリストで、時速にはうるさかったが、1 日の走行距離には疎かった。 スキーをするために7日連続で自転車を走らせた俺たちには、休息日が必要だった。それには温泉療養しかない。グリーン・チャーチの温泉までは、ハイウェイを行くよりも14 キロ短い近道があるのを… さらに読む

読み込み中
エラー