クリーネストライン

スキー/スノーボード

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
四度目の大平山

四度目の大平山

2015/04/02 2015年4月2日

これで四度目の大平山の旅がはじまった。何度目かの長く暗いトンネル歩きも、はじめて持ち込んだブレオのスケートボードのおかげで、通過するのがいまから楽しみで仕方がない。だが今回はベースを設けてじっくりと向き合う計画なので、その分快適性を追求しすぎた大量の荷物運びに苦労している。メンバーは… さらに読む

2度目のダークセンダービー:いまやっていることと、これからやりたいこと

2度目のダークセンダービー:いまやっていることと、これからやりたいこと

By 辰己 博実   |   2015/03/02 2015年3月2日

昨年12月、前年に引き続き2度目の参加となるダークセンダービーに出場するためにアメリカ、オレゴン州マウント・バチェラーを訪れた。滑走日数が一番多いホームゲレンデのニセコの次に、二番目に多いのがバチェラーで、第二のホームだ。外に出ることによって得ることは多く、言葉の壁を感じることも少なく… さらに読む

デーブ・ローゼンバーガー 1976-2015

デーブ・ローゼンバーガー 1976-2015

2015/01/26 2015年1月26日

今日は悲しいお知らせがあります。パタゴニア・スキー・アンバサダーで、「アメリカン・デーブ」として知られていたデーブ・ローゼンバーガーが、1月23日金曜日、モンブラン山地のイタリア側をスキーで滑走中、雪崩に遭い、亡くなりました。デーブがパタゴニア・ファミリーの一員になったのは2010年でした。… さらに読む

八ヶ岳:横岳東面・北沢ルンゼ

八ヶ岳:横岳東面・北沢ルンゼ

By 島田 和彦   |   2014/12/25 2014年12月25日

島田和彦 『 危うくそのまま滑り降りてしまうくらい忽然と、最後の砦である大滝がその姿を現した。60mのロープがギリギリ20cmほど雪面に届くという宝の場所を探し当て、登り返すという最悪の選択肢は、ようやく消えていった。先ほどからうろついていた熊の親子が、僕らの帰る方向へと走り去っていく。帰路へ… さらに読む

リズ・デイリー(1985~2014)

リズ・デイリー(1985~2014)

By ジョシュ・ニールセン、キャロライン・グライク、アレックス・ヨーダー、フォレスト・シアラー(文)、ギャレット・グローブ(写真)   |   2014/10/08 2014年10月8日

ジョシュ・ニールセン、キャロライン・グライク、アレックス・ヨーダー、フォレスト・シアラー(文)、ギャレット・グローブ(写真) 先週のはじめ、元パタゴニアのスノー・アンバサダーのリズ・デイリーが、アルゼンチンのフィッツロイ山群で起きた雪崩事故で月曜日に遭難死したという悲劇的なニュースを… さらに読む

Mt Clemenceau North Face REVISIT:マウント・クレマンソー北壁再訪

Mt Clemenceau North Face REVISIT:マウント・クレマンソー北壁再訪

By 加藤 直之(パタゴニア・スノーボード・アンバサダー)   |   2014/09/22 2014年9月22日

加藤直之 『岳人9月号』 ヴァリエーションリポート「人力で挑むカナディアン・ロッキー孤高の名峰:マウント・クレマンソー北壁、登攀・滑降の軌跡」』より抜粋 日程:2014年4月28日~5月19日メンバー:加藤直之(41)、廣田勇介(36)、山木匡浩(39) われわれの遠征の目的は、昨年ジャスパー側のサンワプタフォ… さらに読む

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン 2014開催決定

2014/07/14 2014年7月14日

  世界最高のアウトドア映画祭であるバンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル。毎年11月にカナダ・アルバータ州バンフで開催されるこの映画祭は、世界有数の山岳フェスティバルのひとつとして本年で39年目を迎えます。 登山家やアウトドア愛好者が、登山シーズンとスキーシーズンのあいだに楽しめ… さらに読む

ライブストリーム:2014 ジェリー・ロペス「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」於 マウント・バチュラー

ライブストリーム:2014 ジェリー・ロペス「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」於 マウント・バチュラー

2014/05/01 2014年5月1日

  サーフ・ミーツ・スノー。先週の土曜日、マウント・バチュラーでの第4回目を迎える毎年恒例の「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」で、サーフとスノーが交わった。ホストであるジェリー・ロペスが考案したこの他に類を見ないコンテストは、一連の巨大で圧倒的なバンク・コーナーやクォーターパイプ、… さらに読む

九頭龍山に描いたライン

九頭龍山に描いたライン

By 松尾 憲二郎   |   2014/04/03 2014年4月3日

松尾憲二郎 まずは島田が最後の下見へと張り出た尾根に向かった。そのときに舞い上がった雪煙でコンディションの良さを確認できた。尾根の先端にあるマッシュラインを島田は横から観察している。だがその後ろ姿からは、あまりいい感触はつかめていないように見てとれた。狩野は島田の横を進み、自らのドロッ… さらに読む

すべての山はいまだ見ぬ山に通ず

すべての山はいまだ見ぬ山に通ず

By 狩野 恭一   |   2014/03/28 2014年3月28日

狩野恭一(パタゴニア・スキー・アンバサダー) ここは国道393号の脇にある、小さな山の斜面。2月の北海道にしてはめずらしく4日間も晴天がつづき、最高気温もプラス7℃の予報がでていた。先シーズン利尻を登った島田(パタゴニア日本支社)、松尾(カメラマン)と僕の3人で新しい山への挑戦を考えていたが… さらに読む

好きな場所で暮らし、暮らしている場所を愛す

好きな場所で暮らし、暮らしている場所を愛す

2014/02/17 2014年2月17日

自然と一体になる感覚が好きで長いあいだこの遊びに夢中になっている。ただ単純に面白くて気持ちがいいし、スキーをつづける理由はたくさんあるが、それだけで滑りつづけ、情熱を注ぎつづけることはできない。 この遊びの本質は何だろうと考えはじめたとき、ターンの仕方やスプレーの上がり方、トリックの形… さらに読む

読み込み中
エラー