クリーネストライン

サーフィン

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
パドリングをやっていなかったら、こうして脳手術を受けることを決心し、パドリングを通じて「無症状の疾患」への意識を喚起することはなかったかもしれない。
Photo: Luke Williams

決意のパドリング

By ジャレッド・マスカット   |   2018/06/17 2018年6月17日

昨年、ソーシャルメディアと長距離パドリングを通じて、「てんかん」に対する認知拡大に本気で取り組もうと決心した。てんかんとは米国で26人に1人が患っている病気である。僕は17マイルのパドリングに向けて練習をしながら、ロサンゼルスてんかん財団に自分に何ができるかをヒアリングして計画を立てた。自… さらに読む

「遅いは速い」イベント終了に思いを寄せて

「遅いは速い」イベント終了に思いを寄せて

By ダン・マロイ   |   2013/07/25 2013年7月25日

ダン・マロイ(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)    「34年間カリフォルニアに住んでいるが、これまでの1000回にものぼる車での旅よりも、この1か月間でより多くの人たちやこの土地について学んだ」 日本の皆さん、こんにちは。 日本に来られて、新しい本とフィルムのプロジェクトを多… さらに読む

パタゴニア・サーフィン・アンバサダーに聞きました:「パタゴニア サーフ千葉の印象は?」

パタゴニア・サーフィン・アンバサダーに聞きました:「パタゴニア サーフ千葉の印象は?」

2011/10/06 2011年10月6日

まだまだ残暑の残る9月中旬、今年6月にオープンしたパタゴニア サーフ千葉をパタゴニア・サーフィン・アンバサダーたちが訪れました。訪れたのは、ジェリー・ロペス、ウェイン・リンチ、ダン・マロイ、コール・クリステンセン、キム・ディグス、そしてフレッチャー・シュイナード。彼らに千葉ストアの印象… さらに読む

海が変えた僕の人生について

海が変えた僕の人生について

By 眞木 勇人(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2017/06/21 2017年6月21日

眞木勇人(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー) 先日、キース・マロイ監督の映画『FISHPEOPLE(フィッシュピープル)』を観る機会に恵まれました。映画はパタゴニア・アンバサダーでもあるキミ・ワーナーやタヒチのビッグウェーブサーファーのマタヒ・ドローレなど、「海」によって人生が変わった6名… さらに読む

風と海に導かれて

風と海に導かれて

2012/12/13 2012年12月13日

by  ベリンダ・バグス これまでにしてきたすべての旅を通じて、日本は私にとってはいつも特別な存在です。日本は神秘的な文化からさまざまなインスピレーションを受ける場所。日本人の親切さ、毎日の生活への真摯な姿勢から学べることはたくさんあります。私たちの息子、レイソン・コリンには4分の… さらに読む

映画『180° South』:その背後にあるインスピレーションを読む

映画『180° South』:その背後にあるインスピレーションを読む

2010/12/02 2010年12月2日

クリス・マロイ監督による待望の映画『180°South』が、2011年1月22日(土)より20日間限定で東京・渋谷 シネクイントにて上映されます。現在シネクイントおよび関東のパタゴニア直営店で前売り券(税込1,500円)を発売中。全国でも順次公開を予定しています。詳細は『180°South』ウェブサイトをご覧ください… さらに読む

素晴らしき友:トロピキャットの「アメリア」

素晴らしき友:トロピキャットの「アメリア」

2015/03/30 2015年3月30日

これまでの9年のあいだ「スウェル号」に乗船したペットは何匹かいた。そのほとんどは勝手に乗り込んできた連中だった。蓄えのバナナによく現れるヤモリなどは気にしない。ヤモリはいつも隠れているので、滅多に見ることはないし無害のうえ、夜になると可愛く咳をしたりする。数々のアリをもてなしたことも… さらに読む

来年も10年後も、僕はこのKaiwi海峡をアウトリガーカヌーで航海する

来年も10年後も、僕はこのKaiwi海峡をアウトリガーカヌーで航海する

2012/05/14 2012年5月14日

by 金子ケニー 世界各国のトップパドラーが集まる一人乗りアウトリガーカヌー世界大会「Kaiwi World Championships」は、モロカイ島のカルアコイからオアフ島のハワイカイマリーナのKaiwi海峡を横断するレースだ。この海峡はハワイで「Channel of Bones(遺骨の海峡)」と知られている海峡で、ハワイ… さらに読む

あのスウェルが来る前兆の波に挑むコール・クリステンセン。
Photo: Daniel Russo

サード・レッジの物語

By ショーン・ドハティ   |   2018/09/07 2018年9月7日

6年前のことだ。かの有名な波がクラウドブレイクのサード・レッジでブレイクした。珊瑚礁を引き剥がしながら一気に駆け抜け、その威風堂々ぶりにサーファーたちは誰も乗れずに命からがら逃げ散った。その後、ひとつの問いが海霧のように周囲に漂った。最後の波がラグーンを洗って海へ引き返し、水が泡立つ… さらに読む

『「遅いは速い」: 自転車とサーフィンでカリフォルニアの海岸線を旅する』 – ダン・マロイ来日スペシャルイベント

『「遅いは速い」: 自転車とサーフィンでカリフォルニアの海岸線を旅する』 – ダン・マロイ来日スペシャルイベント

2013/06/20 2013年6月20日

地元には人生100回分の冒険がある。僕は、サーフボード、ウェットスーツ、フィン、マイクと2台のカメラを持って、自転車に乗って海岸線をサーフィンし、友達、家族、知り合いを訪問し、必要ならお忍びでキャンプし、そしてなるべくただ飯食いをせず、カリフォルニアの海岸で良い仕事と生活をする人びとから… さらに読む

ナノグリップと私の「脱げない」関係

ナノグリップと私の「脱げない」関係

2017/06/12 2017年6月12日

私にとって水着とは、普通の服よりも多くの時間をともにする関係と言っても言い過ぎではない大切なもの。サーフトリップ、いやじつは普段から下着をつけるのはあまり好きではなく、代わりに水着を着ていることはしょっちゅう。だから脱げません。そして出掛ける用事や人と会う約束がないときなどは、海から… さらに読む

読み込み中
エラー