クリーネストライン

サーフィン

読み込み中
エラー
テストに臨む植物ベースのバイオラバー製ウェットスーツ。チリ、プンタ・デ・ロボス Photo: SEBASTIAN MÜLLER

FROM SEED to suit:種からスーツへ

By パタゴニア    |   2014/05/08 2014年5月8日

『SURF 2014』 カタログ掲載 テストに臨む植物ベースのバイオラバー製ウェットスーツ。チリ、プンタ・デ・ロボス Photo: SEBASTIAN MÜLLER アリゾナの農地からいちばん近くのサーフポイントへはかなりの距離があります。このアメリカ屈指の乾燥地帯でパタゴニアの最も重要なサーフ製品イニシアティブのイン… さらに読む

ライブストリーム:2014 ジェリー・ロペス「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」於 マウント・バチュラー

ライブストリーム:2014 ジェリー・ロペス「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」於 マウント・バチュラー

2014/05/01 2014年5月1日

サーフ・ミーツ・スノー。先週の土曜日、マウント・バチュラーでの第4回目を迎える毎年恒例の「ビッグ・ウェーブ・チャレンジ」で、サーフとスノーが交わった。ホストであるジェリー・ロペスが考案したこの他に類を見ないコンテストは、一連の巨大で圧倒的なバンク・コーナーやクォーターパイプ、そしてサ… さらに読む

有名なサーフポイントでのサーフィン。毎日のようにいい波、そしてサイズのある波で練習ができる 写真:進士剛光

オーストラリアで手に入れたもの

By 進士 剛光(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2014/04/07 2014年4月7日

有名なサーフポイントでのサーフィン。毎日のようにいい波、そしてサイズのある波で練習ができる 写真:進士剛光 今まで感じたことのない時間を味わうこととなったオーストラリアだった。この歳になって1か月半も日本をはなれて生活するなんて、贅沢な時間の使い方だと思う。僕も「休みは週一」という生活… さらに読む

父も乗ってきた伊豆大浜でテイクオフ Photo: Yuki Shinji

サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文2:僕の知らないサーフィン

By 進士 剛光(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2014/02/10 2014年2月10日

父も乗ってきた伊豆大浜でテイクオフ Photo: Yuki Shinji ミッキー・ムニョス著『NO BAD WAVES(悪い波はない)』を読んだ。文章に写真に迫力があり、そして観たこともないような、聞いたこともないようなストーリーがちりばめられていた。本当に刺激のある時間を体験した。そして、サーフィンというもの自… さらに読む

僕とミッキーさん。七里ヶ浜正面

サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文:僕が尊敬する小さな巨人

By 木下 デイヴィッド(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2014/01/14 2014年1月14日

僕とミッキーさん。七里ヶ浜正面 僕がはじめてミッキーさんと会ったのは、高校1年生のときだった。僕らはミッキーさんを成田空港に迎えにいき、その足で千葉太東にある民宿に向かった。当時の僕はお金がなかったので、僕だけは寝袋にくるまって車のなかで寝たのを覚えている。朝起きると太東ポイントは信じ… さらに読む

今年6月21日に鎌倉で開催した『Patagonia Media Scramble 2013~40 Years of First』での今井玄さん

サーフィン・アンバサダー、今井玄を偲んで

2013/12/24 2013年12月24日

今年6月21日に鎌倉で開催した『Patagonia Media Scramble 2013~40 Years of First』での今井玄さん パタゴニアの大切な友人であるサーフィン・アンバサダーの今井玄さんが、2013年11月9日、タヒチの海で亡くなりました。彼のような若く、勇敢で、心優しいビックウェーバーを失ったことはいまだ信じられず、… さらに読む

Photo: Ben Thouard

タヒチからイアオラナ(こんにちは) – 今井 玄へのインタビュー

2013/10/28 2013年10月28日

Photo: Ben Thouard パタゴニアのサーフィン・アンバサダー、今井玄は15歳でタヒチにわたり、現在は大学に通いながら神秘的な波に挑戦する日々を送る。タヒチの海でサーフィンする魅力について尋ねました。 タヒチに移住するきっかけは? 家族とサーフィンをしに訪れたときに、タヒチの波はもちろん、環境や… さらに読む

カノアとダン。お忍びのキャンプ場と完璧な天気 写真:ケレン・キーン 

「遅いは速い」イベント終了に思いを寄せて

By パタゴニア    |   2013/07/25 2013年7月25日

「34年間カリフォルニアに住んでいるが、これまでの1000回にものぼる車での旅よりも、この1か月間でより多くの人たちやこの土地について学んだ」 日本の皆さん、こんにちは。 日本に来られて、新しい本とフィルムのプロジェクトを多くの人たちにシェアできたことをとてもうれしく思います。地元のカリフォ… さらに読む

ダン・マロイ、年一度の「ボディサーフ・クラシック」の最初の大会にて。サンフランシスコ。Photo:  Todd Glaser

『「遅いは速い」: 自転車とサーフィンでカリフォルニアの海岸線を旅する』 – ダン・マロイ来日スペシャルイベント

By パタゴニア    |   2013/06/20 2013年6月20日

ダン・マロイ、年一度の「ボディサーフ・クラシック」の最初の大会にて。サンフランシスコ。Photo:  Todd Glaser 地元には人生100回分の冒険がある。僕は、サーフボード、ウェットスーツ、フィン、マイクと2台のカメラを持って、自転車に乗って海岸線をサーフィンし、友達、家族、知り合いを訪問し、必要な… さらに読む

自分だけのエンプティーウェーブ

自分だけのエンプティーウェーブ

By 阿出川 潤(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー)   |   2013/06/13 2013年6月13日

もしあなたがストイックなサーファーだったら、風の向きや強さが毎日気になって仕方ないだろう。パーフェクトなうねりが入ってきても、波乗りに理想な波の面はそれをしっかりと整えてくれる風が吹かないかぎり成り立たない。翌日の天気予報に喜び勇んでビーチに向かっても、予報通りオフショアになるとはか… さらに読む

読み込み中
エラー