クリーネストライン

トレイルランニング

投稿を並べ替える
バリローチェ、フレイの山小屋から岩だらけの稜線を歩く

マイクロ・パフの真価を語る

By 寺倉 力   |   2018/11/22 2018年11月22日

編集者、あるいはライターとして日々痛感しているのは、フィールドで使うウエアの真価を伝えることの難しさだ。使う側のニーズが多様化するなかで、今のウエアは、どんなコンディションの、どのようなフィールドで、どう着用するかという視点で開発されたニッチなプロダクトが多いわけで、その持ち味を限ら… さらに読む

「2013 San Diego 100 Mile Endurance Run」で勝利への道をいくパタゴニア・アンバサダーのジェフ・ブラウニング Photo: Jeff Johnson

100マイル走ることについて知っておくべき10のこと

By ジェフ・ブラウニング   |   2013/09/13 2013年9月13日

「2013 San Diego 100 Mile Endurance Run」で勝利への道をいくパタゴニア・アンバサダーのジェフ・ブラウニング Photo: Jeff Johnson 1)100マイルのランというのは、本当に、本当に、長い。言い換えれば、精神的なゲームを同時にやっているようなもの。やろうとしていることへの精神的な準備がなされている… さらに読む

レース最高地点から景色良いトレイルを走る。
Photo: Gleen Tachiyama

旅の理由:3年目のオーカス島

By 西城 克俊   |   2018/05/18 2018年5月18日

オーカス島(Orcas Island)。アメリカ、シアトルから200キロ離れた港から船で1時間ほどのところにある島。毎年2月、私は旅に出る。島を走る100マイルレース、Orcas Island 100に出場するためだ。 なぜ毎年同じ島に行くのか?様々な国に行き、いろいろなトレイルに出会い、走りたい、そういう欲求がないわ… さらに読む

午前5:30、レースがスタート。ゴール制限時間は翌午前3:30 写真:パタゴニア日本支社

ペーサーシップの極意 – 『信越五岳トレイルランニングレース2011』を振りかえる

2011/11/07 2011年11月7日

午前5:30、レースがスタート。ゴール制限時間は翌午前3:30 写真:パタゴニア日本支社 新潟県と長野県の県境に連なる信越五岳。その美しい山並みを結ぶ全長110キロのトレイルを舞台に、今年で3回目を迎える『信越五岳トレイルランニングレース2011』が9月24日~25日に開催されました。パタゴニアのトレイ… さらに読む

瑪瑙山に向かうトレイルにつながる戸隠イースタンキャンプ場

社員による社員のためのトレイルランニング・キャンプ

2010/12/16 2010年12月16日

瑪瑙山に向かうトレイルにつながる戸隠イースタンキャンプ場 パタゴニア日本支社では社員同士がアウトドアスポーツやアクティビティを楽しめる企画を社内で募り、その資金の一部を会社が補助するプログラムを設けています。これまでに北八ヶ岳でのスノーキャンプ、伊豆でのサーフキャンプ、丹沢でのフライフ… さらに読む

2日目、アヴィレス・ノルテにルートを発見する。チームはGoogle Earthの地図とiPhoneのアプリを使い、もしこのルートに沿って永久的なトレイルを敷くことになれば、パタゴニア国立公園が利用することになるであろう位置を記録した。Photo: Weston Boyles

湖から湖へ:パタゴニア公園の偉大な湖2つをつなげる

By リック・リッジウェイ   |   2015/07/30 2015年7月30日

2日目、アヴィレス・ノルテにルートを発見する。チームはGoogle Earthの地図とiPhoneのアプリを使い、もしこのルートに沿って永久的なトレイルを敷くことになれば、パタゴニア国立公園が利用することになるであろう位置を記録した。Photo: Weston Boyles チリ南部の新しいパタゴニア国立公園の公式なオープ… さらに読む

ハニカムビュート原生地調査区域南部の断崖から撮影した日没。写真:スコット・コープランド

レッド・デザートを走る

By ケイティー・クリングスポーン   |   2020/11/24 2020年11月24日

レッド・デザートは風に削られた荒涼とした美しい場所で、ワイオミング州南西部の脇腹あたりに広がる国有地・州有地・私有地の広大なパッチワークだ。境界線は話す相手によって移動するが、概算では約600万エーカー(約243万ヘクタール)の広さがあり、ほとんどが土地管理局(BLM)の管轄地である。手つかず… さらに読む

信越五岳トレイルランニングレース。写真:藤巻 翔

信越五岳レースでトレイルランニングの伝統を築くパタゴニア・アンバサダーのクリッシー・モール

By クリッシー・モール   |   2010/11/11 2010年11月11日

信越五岳トレイルランニングレース。写真:藤巻 翔 パタゴニアのトレイルランニング・アンバサダー、クリッシー・モールが、最近開催された信越五岳トレイルランニングレース2010にて女子の部の優勝を果たしました。このレースは、同じくパタゴニアのトレイルランニング・アンバサダーである石川弘樹のビジ… さらに読む

多くの選手にとっては日の出と日の入りの中を走ることになる。

信越五岳トレイルランニングレース、これまでの10年とこれからの10年

By 根津 貴央   |   2018/12/04 2018年12月4日

2018年9月15日〜17日、『信越五岳トレイルランニングレース2018 〜パタゴニアCUP〜』が開催された。 実に今年で10年目。国内のトレイルランニングレースにおいて、10年以上続いているものはほんのわずかである。しかも、信越五岳トレイルランニングレースはトレイルランナーから圧倒的な支持を得ており、毎… さらに読む

ヴァレ・エルモソのたくさんの冷たい徒渉の一つ目。Photo: James Q Martin

マイル・フォー・マイル、パート2:ランニング

By ジェフ・ブラウニング   |   2015/04/16 2015年4月16日

マイル・フォー・マイル:パタゴニアでのトレイルランニングと環境保護についてのフィルム。Video: Rios Libresとパタゴニア提供 2日間の106マイルのストーリーを簡潔に語るにはどうすればよいのだろう? それはほぼ不可能だ。生態系を修復したり国立公園を建設するのと同じように、本当にたくさんのステ… さらに読む

大会があってもなくても、僕はトレイルを整備する

大会があってもなくても、僕はトレイルを整備する

By 千葉 弓子   |   2020/11/13 2020年11月13日

全世界が新型コロナウイルスによって揺れ動いた2020年は、日本のトレイルランニングシーンにとっても激動の一年だった。石川 弘樹を取り巻く環境も例外ではない。プロデュースする多くの大会が開催見送りとなり、トレイルランナーから熱い支持を集める「信越五岳トレイルランニングレース」も12年の歴史の中… さらに読む

読み込み中
エラー