クリーネストライン

トレイルランニング

投稿を並べ替える
100マイル走ることについて知っておくべき10のこと

100マイル走ることについて知っておくべき10のこと

By ジェフ・ブラウニング   |   2013/09/13 2013年9月13日

ジェフ・ブラウニング 1)100マイルのランというのは、本当に、本当に、長い。言い換えれば、精神的なゲームを同時にやっているようなもの。やろうとしていることへの精神的な準備がなされていることが、首尾よくゴールするための最重要事項である。 2)前半におけるペース配分。エゴと自分のペースは胸にし… さらに読む

レース最高地点から景色良いトレイルを走る。
Photo: Gleen Tachiyama

旅の理由:3年目のオーカス島

By 西城 克俊   |   2018/05/18 2018年5月18日

オーカス島(Orcas Island)。アメリカ、シアトルから200キロ離れた港から船で1時間ほどのところにある島。毎年2月、私は旅に出る。島を走る100マイルレース、Orcas Island 100に出場するためだ。 なぜ毎年同じ島に行くのか?様々な国に行き、いろいろなトレイルに出会い、走りたい、そういう欲求がないわ… さらに読む

ペーサーシップの極意 – 『信越五岳トレイルランニングレース2011』を振りかえる

ペーサーシップの極意 – 『信越五岳トレイルランニングレース2011』を振りかえる

2011/11/07 2011年11月7日

新潟県と長野県の県境に連なる信越五岳。その美しい山並みを結ぶ全長110キロのトレイルを舞台に、今年で3回目を迎える『信越五岳トレイルランニングレース2011』が9月24日~25日に開催されました。パタゴニアのトレイルランニング・アンバサダーである石川弘樹がプロデュースする本大会は、580名の選手とと… さらに読む

社員による社員のためのトレイルランニング・キャンプ

社員による社員のためのトレイルランニング・キャンプ

2010/12/16 2010年12月16日

パタゴニア日本支社では社員同士がアウトドアスポーツやアクティビティを楽しめる企画を社内で募り、その資金の一部を会社が補助するプログラムを設けています。これまでに北八ヶ岳でのスノーキャンプ、伊豆でのサーフキャンプ、丹沢でのフライフィッシング、屋久島の縦走トレッキングなどが実施されました… さらに読む

走りゆく公園

走りゆく公園

By ケイティ・ミラー   |   2017/04/19 2017年4月19日

ケイティ・ミラー 起きぬけのボーッとした状態で寝袋に入ったまま、 足元のジッパーだけを開けてキャンプのキッチンに ヨロヨロと歩み寄り、仲間と朝の挨拶を交わした。 肌寒かったけれど、荷物を軽くするためにウェアは 最小限しか持ってきていなかった。 私は寝袋から手を出して、温かいコーヒーを握った… さらに読む

ホームトレイルのシングルトラックを進む。

静から動へ:僕の気持ちと共にある春のトレイル

By 石川 弘樹(パタゴニア・トレイルランニング・アンバサダー)   |   2018/04/26 2018年4月26日

朝起きる時間はだいたい決まっている。とはいっても時計の針がさす時刻ではない。東の空から日が昇り出したタイミングが起床時間だ。時としては早くても陽が高ければ僕にとって寝坊となる。 ベッドから起き顔を洗い、着替えてコップ一杯の水を飲む。決して自慢ではないが朝食を食べずに一杯の水だけで数時間… さらに読む

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

By ルーク・ネルソン   |   2017/04/06 2017年4月6日

ルーク・ネルソン 僕は息もたえだえに手を伸ばし、笑顔で立っている4人のボランティアとハイファイブをする。2月だというのに山頂の救護ステーションに立ってくれている彼らに、喘ぎながら感謝する。ステーションを回り込み、下の谷につづく急な雪のステップを早足で4歩か5歩目駆け下りると、雪の地面… さらに読む

七転び八起き:信越五岳トレイルランニングレース2012のあとで

七転び八起き:信越五岳トレイルランニングレース2012のあとで

By ジャスティン・アングル   |   2012/10/29 2012年10月29日

ジャスティン・アングル 注記: この投稿は、成田空港で書き始め、今日モンタナ州ミズーラで書き終えたものである 旅がつづくなか、そのちょっとした合間を楽しんでいる。仕事の遅れを取り戻したり、執筆に時間を費やしたりすることもできるが、浮き沈みが激しかったここ数日で、僕の頭は混乱している。少… さらに読む

最悪の発想

最悪の発想

By ルーク・ネルソン   |   2016/10/13 2016年10月13日

ルーク・ネルソン 「狂気は必要じゃないけど、助けにはなる」というのがタイの口癖だ。長年にわたる僕たちの無謀な遠征が何度この言葉で語られてきたか……は、もう数えても無駄なので止めていた。そのときは、とにかく現況を生き延びることに集中しようとしていた。 ランニングらしき行為はすでに何時間も前… さらに読む

アウトドアスポーツへの情熱と先端をいくアンバサダーたちの魅力が満載のスポーツページが登場

アウトドアスポーツへの情熱と先端をいくアンバサダーたちの魅力が満載のスポーツページが登場

2012/08/16 2012年8月16日

パタゴニアが愛するスポーツやそのフィールドで活躍するアンバサダーたちを紹介するスポーツページが新たにウェブサイトに登場しました。 [ スポーツページへ ] パタゴニアのアンバサダーは、アスリートというよりはパタゴニアというブランドの「代弁者」、もしくは「フィールドの代表者」のような存在です… さらに読む

ターカインへの入り口近くを走る、オリエンテーリングのプロであり原生地擁護者であるハニー・オールストン。
Photo:Mikey Schaefer

そこへの道:私たちが道を作り出し、 探し求める理由

By ミーガン・ブラウン   |   2018/06/27 2018年6月27日

ヘッドライトのビームとともにスタート。日の出までにまだ1時間以上あり、土砂降りの雨が降っている。ジャケットの袖に手をたくし込み、葉先の尖ったタスマニアのボタングラスのあいだを、体が冷えないように速いペースで進む。脅威にさらされた場所、行く末のわからないこのターカ… さらに読む

読み込み中
エラー