クリーネストライン

トレイルランニング

投稿を並べ替える
読み込み中
エラー
走りゆく公園

走りゆく公園

By ケイティ・ミラー   |   2017/04/19 2017年4月19日

ケイティ・ミラー 起きぬけのボーッとした状態で寝袋に入ったまま、 足元のジッパーだけを開けてキャンプのキッチンに ヨロヨロと歩み寄り、仲間と朝の挨拶を交わした。 肌寒かったけれど、荷物を軽くするためにウェアは 最小限しか持ってきていなかった。 私は寝袋から手を出して、温かいコーヒーを握った… さらに読む

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

By ルーク・ネルソン   |   2017/04/06 2017年4月6日

ルーク・ネルソン 僕は息もたえだえに手を伸ばし、笑顔で立っている4人のボランティアとハイファイブをする。2月だというのに山頂の救護ステーションに立ってくれている彼らに、喘ぎながら感謝する。ステーションを回り込み、下の谷につづく急な雪のステップを早足で4歩か5歩目駆け下りると、雪の地面… さらに読む

最悪の発想

最悪の発想

By ルーク・ネルソン   |   2016/10/13 2016年10月13日

ルーク・ネルソン 「狂気は必要じゃないけど、助けにはなる」というのがタイの口癖だ。長年にわたる僕たちの無謀な遠征が何度この言葉で語られてきたか……は、もう数えても無駄なので止めていた。そのときは、とにかく現況を生き延びることに集中しようとしていた。 ランニングらしき行為はすでに何時間も前… さらに読む

最後の暗闇:オワイヒー・キャニオンランズの170マイルを走る

最後の暗闇:オワイヒー・キャニオンランズの170マイルを走る

By ジェフ・ブラウニング   |   2016/08/18 2016年8月18日

ジェフ・ブラウニング 足の感覚がなかった。凍るような冷たい極寒の川を数え切れないほど渡った。狭い谷底に沿って進めるルートを探すため、柳の群生を押し倒しながらはい進み幾度ともなく川をジグザグに渡る必要があった。たった6マイルを進むのに3時間も要し、僕たちの能力では持て余すことに着手して… さらに読む

愛するものを守るために、愛することをする:「マイル・フォー・マイル」キャンペーンが募金目標を上回る

愛するものを守るために、愛することをする:「マイル・フォー・マイル」キャンペーンが募金目標を上回る

By クリス・トンプキンス   |   2016/06/08 2016年6月8日

クリス・トンプキンス 「行動なき感傷は、魂の荒廃である」—エドワード.アビー 規模というのは捉えがたいものです。景観を理解しようと必死に地図を見つめたりします。しかしときとして、渓谷や山々の上を飛行機で旋回する機会があると、その地勢を真に理解しやすくなります。しかしまたときとして、自分… さらに読む

シエラ・ハイルートでの災難スタイル

シエラ・ハイルートでの災難スタイル

By ルーク・ネルソン   |   2016/01/19 2016年1月19日

ルーク・ネルソン 凍えて目覚めるというのは何か不安を掻き立てるものがある。僕は寝返りを打ち、1ダースほどの腹筋をして体を暖め、ふたたび眠りにつこうとした。僕の動きで目覚めたコーディが腕時計のライトを押した。 「もうすぐ4時だ」と僕はつぶやく。 「しばらく寒さに堪えていたよ」と彼が返事をし… さらに読む

湖から湖へ:パタゴニア公園の偉大な湖2つをつなげる

湖から湖へ:パタゴニア公園の偉大な湖2つをつなげる

By リック・リッジウェイ   |   2015/07/30 2015年7月30日

リック・リッジウェイ、パタゴニア・パブリック・エンゲージメント副社長 チリ南部の新しいパタゴニア国立公園の公式なオープンは11月末に予定されているが、すでにそれに惹きつけられている訪問者は何千もいる。パタゴニアのトレイルランニングのアンバサダー3名も1月に完成済みの100マイル以上のトレイ… さらに読む

マイル・フォー・マイル、パート2:ランニング

マイル・フォー・マイル、パート2:ランニング

By ジェフ・ブラウニング   |   2015/04/16 2015年4月16日

ジェフ・ブラウニング   2日間の106マイルのストーリーを簡潔に語るにはどうすればよいのだろう? それはほぼ不可能だ。生態系を修復したり国立公園を建設するのと同じように、本当にたくさんのステップ、そしてたくさんのストーリーがあるから。 僕らのルートは新しいパタゴニア公園を走るもので、… さらに読む

外で会おう

外で会おう

By クレイグ・ホロウェイ   |   2015/02/19 2015年2月19日

クレイグ・ホロウェイ シカゴに住んでいたころ、僕はまるで明日はないかのように走っていた。日曜日は長距離、月曜日はその2倍を走る火曜日の準備、水曜日はその週のエンドルフィンのハイライトでイリノイ大学のサークルキャンパスのトラックを脚が悲鳴を上げるまで繰り返し走った。一緒にトレーニングし… さらに読む

マイル・フォー・マイル、パート1:新しいパタゴニア公園に到着【アップデート】

マイル・フォー・マイル、パート1:新しいパタゴニア公園に到着【アップデート】

2014/12/29 2014年12月29日

突風が吹き、ヘネラル・カレーラ湖畔に打ち寄せる水がしぶきを上げる。目を閉じて立っている僕の日焼けした頬に噴霧がひんやりとする。目を開けるとパタゴニアはまだちゃんとそこにある。まるで夢のようだ。長年この場所を目にすることを夢見てきた。そしていま、僕はここですっかり圧倒されている。どんな… さらに読む

赤い脛

赤い脛

By クレイグ・ホロウェイ   |   2014/11/13 2014年11月13日

クレイグ・ホロウェイ 今年2月、僕は土地の購入と保全地役権の取得によって緑地を保護する非営利団体〈オーハイ・バレー・ランド・コンサーバンシー(OVLC)〉でボランティアをはじめた。この団体はオーハイ・バレーに数々の保護地区を有し、バレー・ビューは最新のそれだ。〈OVLC〉のボランティアはすで… さらに読む

読み込み中
エラー