クリーネストライン
クリス・マロイ

クリス・マロイ

カリフォルニアにある牧場で大地を身近に感じながら、妻と子供たちと一緒に暮らすクリスはマロイ3兄弟の長男であり、『180°South』をはじめ多くの高評価を得るサーフィン映画の監督をつとめる。伝統、環境保護、そして創造力が調和された人生を送っている彼は「人生で最良のことは最もシンプルであることだ」と話す。

記事

ハワイで完璧なラインをお披露目するマイク・ピーチ。Photo: Juan Luis De Heeckeren

最もクリーンなラインを追い求めて

2018/01/12 2018年1月12日

第3および第4世代のサーファーである私たちは、固定観念を持たないことへの自信があります。そしてサーフィンにふける薄汚いダートバッグである私たちも、都会という環境に戻れば、社会に変化をもたらす活動家として手腕を発揮する、いわばひとつの部族を構成するようになりました。 私たちがこれからも引き… さらに読む

夢中にさせるもの:愛することを仕事にしている人びとを特集した短編映画シリーズ

夢中にさせるもの:愛することを仕事にしている人びとを特集した短編映画シリーズ

2013/11/21 2013年11月21日

クリス・マロイ   僕はいつも気づいていた。「理想の仕事」をもつ人たちは、情熱を抱いているものに夢中で、仕事をしているということを忘れている、ということに。それが、僕らの短編映画シリーズ「preOCCUPATIONS(夢中にさせるもの)」を生み出した。登場人物はそれぞれ違っても、彼らには共通の特… さらに読む