クリーネストライン
ディラン・トミネ

ディラン・トミネ

パタゴニアのフライフィッシング・アンバサダー。作家でもある彼は、2人の子供(スカイラとウェストン)とその 4つ足の妹(ハロ)とともに、ワシントン州で釣りをしながら暮らす。

記事

読み込み中
エラー
グラインズ・キャニオン・ダムに描かれた「ヒビ」のメッセージは、20年後の撤去の前触れとなった。ワシントン州オリンピック国立公園。『ダムネーション』のシーンから。Photo: Mikal Jakubal

甦った川:ダム撤去後のエルワ・リバーを流れる

2014/08/12 2014年8月12日

グラインズ・キャニオン・ダムに描かれた「ヒビ」のメッセージは、20年後の撤去の前触れとなった。ワシントン州オリンピック国立公園。『ダムネーション』のシーンから。Photo: Mikal Jakubal あらたに解き放たれたエルワ・リバーを経験することは、言葉で表現しがたい。たしかなのは、ダム撤去のために努力… さらに読む

世界中の水のある場所を渡り歩いているといっても過言ではない熱心なフライフィッシャーマン、イヴォン・シュイナード。彼は今年のシーフード・サミットの出席者を前に基調講演を行った。Photo: Tim Davis

ちょっと変わったフィッシュ・レポート:シーフード・サミット2011からの報告

2011/07/19 2011年7月19日

世界中の水のある場所を渡り歩いているといっても過言ではない熱心なフライフィッシャーマン、イヴォン・シュイナード。彼は今年のシーフード・サミットの出席者を前に基調講演を行った。Photo: Tim Davis 今回はパタゴニアのフライフィッシング・アンバサダー、ディラン・トミネによる投稿です。バンクーバ… さらに読む

  • 1
  • 2