気候危機

気候危機は、もはや予測ではありません。数百万の人びとにとって、頻発し、困難で、壊滅的ですらある現実です。パタゴニアのビジネスも、あらゆる段階で関与しています。私たちは、二酸化炭素排出から逃れられません:石油からのポリエステル糸製造、化石燃料で稼働する機械を使った織物、化学染料を使った布の染色やジャケットの防水処理、工場でのシャツ縫製、ある国から別の国へ、あるいはある都市から別の都市へのパンツの輸送、注文したお客様へのプラスチック製梱包資材での衣類の配送、職場への自動車通勤。

将来の地球を住みやすい環境に保つためには、私たちは慣習を変えなければなりません。「土地、エネルギー、産業、建物、運輸および都市における、急速かつ広範囲に及ぶ移行」に着手しなければならないと、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は2018年10月の報告書で述べました。さらに、災害のリスクを減少させるために、地球温暖化を1.5℃に抑えるための行動を迅速に起こさなければなりません。そのためには、人為的な二酸化炭素(CO2)排出量を、2010年の水準と比較して約45%削減し、排出量と同量のCO2を大気中から除去する「実質ゼロ」のCO2排出を、2050年までに達成する必要があります。(I)

ミッションを実践する ー「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」 パタゴニアの目標は、2025年までにサプライチェーンを含む事業全体にわたってカーボン・ニュートラルになることです。

「サプライチェーン」は、テキスタイルその他の製造業者に使用する用語で、糸を作るための作物栽培や生地を衣服にする縫製から、倉庫や店舗、あるいはお客様の玄関先への完成品輸送に至るまで、すべてのプロセスを表しています。パタゴニアのサプライチェーンは、私たちが排出する二酸化炭素の97%を占めています。「実質ゼロ」あるいは「カーボン・ニュートラル」とは、テキスタイルや衣類の完成品を作る工場や天然繊維を育てる農場から排出される分を含め、私たちが排出するすべての二酸化炭素を削減、回収、あるいはその他の方法で軽減している状態を意味します。

また、そこで終わるつもりはありません。私たちの目標は、会社を成長させながらもカーボン・ポジティブになること、つまり排出量以上の二酸化炭素を大気中から取り除くことです。どうやって?よくぞ聞いてくださいました。以下が、目標達成に向けて私たちが始めた重要なステップです。

  • 2020年までに、アメリカ国内のパタゴニアの小売店、流通センター、支社やグローバル・オフィス、本社で、再生可能電力のみを使用。日本支社においては、再生可能エネルギー発電所由来の電気に切り替えるか、パートナーシップによって使用する電気に相当する新たにクリーンな電気を生み出す。
  • 2025年までに、当社製品には再生可能(II)素材、あるいはリサイクル素材のみを使用するようにします。2018年秋時点では、重量比で素材の51%が再生可能もしくはリサイクル素材です。2019年秋までに69%にします。
  • リジェネラティブ・オーガニック認証を活用し、当社のアパレル用繊維原料、およびパタゴニア・プロビジョン用の食材の栽培法として環境再生型有機農業を拡大し、土壌を回復させ、大気中から二酸化炭素を回収します。
  • 世界中で、森林再生などの二酸化炭素回収プロジェクトに投資します。
  • Worn Wear®プログラムを拡大し、様々な取り組みをサポートする強固な事業部門にします。これにより、再利用やリペア、リサイクルを促して製品の寿命を延ばし、製品が環境に与えるフットプリントを削減します。
  • 気候変動に対する草の根活動や、私たちの惑星を守るために闘う非営利団体への支援を倍増させます。

(I)https://www.ipcc.ch/

(II)再生可能とは、毎年栽培または収穫可能な天然素材と定義されます。(例:ウール、オーガニックコットンなど)

パタゴニアは、2025年までにすべての二酸化炭素排出量を削減または軽減するために、4つのパートからなるプロセスを採用しました。この計画の各パートは他のパートと連携して機能し、会社を成長させつつ、カーボン・フットプリントをゼロに保ちます。特にパート3と4は、二酸化炭素の排出量より除去量が多い、カーボン・ポジティブな状態にするのに有用です。

1. 影響を測定

事実に基づいた決定を下し、進展状況の追跡を可能にするために、第三者による検証済みのシステムを利用して私たちが与える影響を測定します。

2. 影響を削減

可能な場合はエネルギーの使用を避け、避けられない場合は効率性を向上させます。

3. 再生可能エネルギーに転換

行動のあらゆる面で、化石燃料からよりクリーンで再生可能なエネルギー源に移行します。

4. 二酸化炭素を回収

カーボン・インセッティング(I)・除去プログラムのような、温室効果ガスを大気中から取り除く手段に投資し、それを試します。これらの試みの違いは、散らかすのをやめることと、片づけをすることの差と同程度と考えてください。

1. 影響を測定

正確なデータは、根拠のない説を退け、事実に基づく決定をするために不可欠です。2017年に私たちは、包括的な温室効果ガスの監査を実行しました。原材料の採取から素材の製造、お客様への製品配送に至る、当社のガス排出のインベントリ作成です。光熱費の請求書や輸送報告書、さまざまな素材の寿命分析を参考にし、その後、科学者が自分の研究の査読を同僚に依頼するように、私たちの分析結果を第三者に検証してもらいました。(II)

パタゴニアの2017年度の二酸化炭素排出量は、二酸化炭素換算(CO2e)の排出量合計で141,003トンにのぼりました。(III)(CO2eはややテクニカルですが、便利です。これは、保持する熱量や残存する期間などの影響力がそれぞれに異なる、メタン、亜酸化窒素、フッ素化ガスを含む、さまざまな温室効果ガスの標準的な測定単位です。)世界資源研究所と持続可能な開発のための経済人会議が策定したプロトコルに従い、これらのCO2e排出は3つの「スコープ」の1つに属すると分類されます。(IV)スコープ1は、組織から直接排出されるもの、つまりパタゴニアが所有または賃貸する建物の暖房用に燃焼させる天然ガスです。スコープ2の排出は、パタゴニアが電力会社から購入する電力によるものです。スコープ3は、私たちが直接管理できないことも含む、その他の事業活動すべてからの排出を意味します。例えば、原材料の製造、製品の裁断と縫製、またはある場所から別の場所への製品の移動などから生じる排出量です。スコープ別の排出量内訳は次の通りです。

  • スコープ1: 3,617トンCO2e
  • スコープ2: 385トンCO2e
  • スコープ3: 137,001トンCO2e
2. 影響を削減

素材とテクノロジー

企業としての総二酸化炭素排出量のほぼ86%が、製品に使用される素材の製造から来ていることを発見した当社スタッフは衝撃を受け、可能な限りリサイクル素材を取り入れ、あらゆる機会でサーキュラー・エコノミー(循環型経済)の実践を始めました。

ポリエステルやナイロンのような合成繊維であれ、ウールやカシミヤのような天然繊維であれ、リサイクル繊維はどんなアパレル・ブランドでもカーボン・フットプリント削減のために採用可能なソリューションです。バージン・ポリエステルからリサイクル・ポリエステルに切り替えることで、二酸化炭素排出量を17%削減し、飲料用プラスチックボトルを埋め立て地行きから回避できます。しかも、当社製品の耐久性を損なうことはありません。

私たちが製造ライン全体を通して使用する推奨素材(V)は次の通りです。

リサイクルは、より良い素材を使用するための唯一のソリューションではありません。繊維の中には、安全にリサイクルできない化学物質を使用したものや、まだ開発されていない処理方法を必要とするものもあります。私たちは、サプライチェーンのパートナーを通して、新たなリサイクル方法や、漁網などの一般的ではない素材を取り入れる方法の開発をサポートしています。さらに、バイオベースかつ生物分解性で、しかもカーボン・ポジティブな未来の素材の研究に資金提供しています。

品質とWorn Wear

製品が長持ちすればするほど、その製品が与える影響は少なくなります。つまり優れた品質の製品を作ることは、私たちができる最もエコロジカルな行動の1つなのです。「衣服の寿命をさらに9カ月延ばして積極的に着用すれば、二酸化炭素、廃棄物、水に関するフットプリントを約20~30%削減可能です。」(VI)従って、耐久性の高い製品の製造は当社の最優先事項の1つであり、パタゴニアの製品保証 (VII)の基盤になっています。

2013年以来、当社のWorn Wearプログラムは、パタゴニア製品の修理やリユース、リサイクル、また製品との関係の見直しをお客様にお願いしてきました。Worn Wearを通して私たちは、直営店や巡回車、北米最大の縫製リペア施設である当社の衣類修理センターでお客様のギアを修理しています(2018年だけで55,000点を超える製品を修理しました)。また、Worn Wearは、お客様から中古のパタゴニア製品を買い戻し、それを作り直してWorn Wearで再販売しています。この「リ・コマース」事業は、これまでに80,000を超える製品の寿命を延ばしてきました。

製品の配送

パタゴニアの製品は至る所に配送されています。配送に伴うフットプリントを削減するため、配送経路を分析して移動距離を最小限にし、空輸ではなく海上輸送など、よりエネルギー消費の少ない輸送方法に転換します。また、製品を工場から地域の配送センターへ直接配送する「直送」を拡大します。2018年夏に、米国のイースト・コーストに新たな配送センターを加えました。これにより、米国内のお客様全員への陸上輸送のみを使った2日以内の配送が可能になり、炭素排出量の多い空輸の必要性が減少しました。

当社サプライチェーンのタスクフォース

多くの場合、パタゴニアは当社のサプライヤーが行うビジネスのごく一部を占めているにすぎません。繊維サプライヤーや契約縫製業者は、多くの異なる取引先向けに製品を製造します。完成した製品のそれぞれが私たちの棚に届くまでに、複数のパートナーによる作業が加えられています。さらに、当社のパートナーは、それぞれが事業を営む場所により、非常に異なる政治的、社会的、環境的な課題に直面しています。それらを考え合わせると、サプライチェーン全体への一貫した環境基準の導入は非常に複雑になります。そのため、私たちは化学薬品と環境インパクトのためのプログラム(CEIP)を創設しました。このグローバル・チームは、繊維工場から縫製工場の下請け業者に至るまで、当社のグローバルな製造サプライチェーンにおける環境への影響を管理します。

プログラムには確固とした一連の要件があり、私たちはパートナーと協力して、環境管理システム、化学薬品管理、廃棄物管理、水消費、エネルギー消費、および大気排出の5つの主要面に関して進歩的な行動計画を設定しました。CEIPにとって非常に有用なステップの1つは、ブルーサインのような既存の業界認証を採用することでした。CEIPチームはサプライヤーと協力して温室効果ガスの排出量を計算し、より効率的な方法に切り替えたり、炭素排出量の低い、あるいは全くないエネルギー源を導入したりして、温室効果ガスの削減を行います。

パタゴニアの建物

現在、世界中に75を超えるパタゴニア直営店、7つの地域支社、2つの配送センターがあります。新たな場所で事業を開始するとき、私たちは長年にわたって新しい建物ではなく既存の建物の使用を優先してきました。また、建物拡張の指標とすべき一連の持続可能な建築原則を策定しました。その中には、影響の少ない建築技術、エネルギー効率、再生可能エネルギー、パッシブ暖房と冷房、再生材、低VOC塗料が含まれます。例えば、リノ配送センターでは、敷地内に設置されたソーラーパネル(詳細は下記)に加えてナイトフラッシュ・システムを採用し、毎晩倉庫内に冷たい空気を送り込み、冷房機器の必要性を排除しています。

3. 再生可能エネルギーへ転換

所有および運営する場所

2020年末までに、パタゴニアが世界各地で所有および運営する場所で使用する電力の100%を、再生可能エネルギーにします。この目標を達成するためには、運営効率を向上させ、一部のエネルギー供給業者を変更し、再生可能エネルギーに投資する必要があります。私たちはこの3つすべてを実行しています。

米国では、本社および配送センターの敷地内にあるソーラーパネルは、米国内での電力使用量の3%を占めるにすぎません。しかし、2018年秋時点で4基のソーラーパネルを増設中で、さらに1.6メガワットの再生可能エネルギーが敷地内で発電可能になります。これにより、米国内の電力使用量のうち、さらに52%を賄うことができます。電力需要のうち、残りの45%を対処するために、パタゴニアの社内投資部門であるティンシェッド・ベンチャーズは、米国全域で住宅用太陽光発電プロジェクトに資金を提供しています。これらのソーラーパネルは1,500を超える世帯に電力を供給し、米国内における電力消費に対しパタゴニアが充当する再生可能電力証書(RECs)をもたらします。

日本では、一部の店舗、オフィスについて再生可能エネルギー比率のより高いグリッドミックスを提供する電力会社に変更しました。また、農業生産を犠牲にすることなく土地がクリーンな電力を生成できるように、有機栽培農地の上の高い位置にソーラーパネルを設置する50KWのソーラーシェアリング・プロジェクトに投資しました。

アムステルダムにある欧州本社では、オフィスがあるビルの他のテナントと協力して、100%風力発電の電力をビル内で採用するように所有者を説得しました。

オーストラリアのオフィスとある小売店に設置されたソーラーパネルは、パタゴニア・オーストラリアによる電力需要の25%を満たしています。

これらの努力を総合すると、米国内でパタゴニアが使用する電力量の100%以上、世界中での使用量の76%を発電していることになります。(VIII)

サプライチェーンと非関連投資

膨大な量のエネルギー使用がサプライチェーンで発生していることを考慮し、私たちはサプライヤーと協力して、それぞれの施設における再生可能エネルギープロジェクトに投資しています。サプライヤーが再生可能エネルギーに移行できない地域では、その地域におけるパタゴニアのエネルギー使用量を相殺するために、大規模な再生可能エネルギー・プロジェクトへの多額の投資を検討しています。現在、国ごとの異なる方策や経済的機会、障害、そして潜在的な投資およびプロジェクト展開のパートナーについて分析中で、この方面での事業は始まったばかりです。私たちのサプライチェーンが再生可能エネルギーに移行するにつれ、敷地外での再生可能エネルギー・プロジェクトの必要性は減少すると予想されています。

4. 二酸化炭素を回収

リジェネラティブ・オーガニック農業

私たちが企業として実行でき、気候変動の危機を現実的に解決できると確信している方法が1つあるとすれば、それはリジェネラティブ・オーガニック農業です。被覆作物、輪作、堆肥、低耕起もしくは不耕起などの利用を重視する農場や牧場での実践を総称したリジェネラティブ・オーガニック農業は、雇用を生み、健康な土壌を作り、生物多様性を守って強化し、水質を向上させ、保水性を高めます。さらに、私たちが最も興奮している点は、潜在的にこれらの農法が、熱を閉じ込めて私たちの故郷である地球を熱し続けている大気中から二酸化炭素を回収し、地中深くに貯留し得る、ということです。ロデール・インスティチュートによれば、世界中の耕作地と牧草地を再生可能なオーガニック農業に移行させることにより、毎年世界中の二酸化炭素排出量の100%以上を隔離することができます。(IX)

私たちは、コットン(現在パイロットプログラムが進行中)やパタゴニア プロビジョンズ向けの食材(今年はマンゴーで開始)の供給方法として、リジェネラティブ・オーガニック農業の潜在能力を強く信じています。また、それが世界中で食品や繊維を育てる方法を向上させると信じています。ロデール・インスティチュートやドクターブロナー社、その他の主要パートナーとともに私たちは、リジェネラティブ・オーガニック認証を支援しています。この認証は、放牧を基本にした動物福祉や、農家および農場労働者への公平性、土壌の健康や土地管理に対する厳密な条件などを含む農業への包括的なアプローチをサポートするものです。私たちは、サプライチェーン全体でこの基準を広く取り入れていく予定です。

森林再生

私たちは主要なサプライヤーや非営利団体のパートナーと協力して、森林再生イニシアチブのような、他の種類のカーボン・インセッティングプロジェクトも探究しています。「カーボン・インセッティング」という用語は、企業のサプライチェーンあるいはサプライチェーン・コミュニティ内で使われ、オフセット基準によって検証されたカーボン削減プロジェクトと定義されています。(X)


(I)「カーボン・インセッティング」という用語は、企業のサプライチェーンあるいはサプライチェーン・コミュニティ内で使われ、オフセット基準によって検証されたカーボン削減プロジェクトと定義されています。

(II)当社の温室効果ガスのインベントリでは現在、原材料の製造からお客様への製品配送までの影響を対象とし、今回はアパレル事業関連のみに限っています。GHG(温室効果ガス)プロトコルに関しては、スコープ1とスコープ2における排出が含まれ、スコープ3については、「購入した製品・サービス」、「輸送、配送(上流)」および「輸送、配送(下流)」のカテゴリに関係する排出が含まれています。

当社製品の使用段階のような、バリューチェーン内の他の部分に関連した排出が存在することは認識しています。このようなその他の影響を全体的なGHGインベントリやカーボン・ニュートラル・プランに取り入れる段階的なアプローチを設定しています。第三者監査はSGS社によって行われました(2017年秋に開始し、2018年初に終了)。

(III)141,003トンのCO2eは、15,225世帯の年間エネルギー使用量、または30,193台の乗用車の年間排出量に相当します。

(IV)温室効果ガスプロトコルでは、排出を3つの「スコープ」に分類しています。スコープ1は、所有または管理している排出源からの直接排出(つまり、敷地内で燃焼される天然ガス、社用車の燃料など)が対象です。スコープ2は、購入した電力による企業自身の排出です。スコープ3は、企業のバリューチェーンで発生するその他の排出(原料製造のような上流での排出から、顧客への製品配送関係のような下流での排出まで)が対象です。

(V)サプライヤーは、以下のうち1つ以上の認証を使用して、推奨繊維と認定される必要があります。トレーサブル・ダウン・スタンダード、レスポンシブル・ウール・スタンダード、オーガニックコットン水準、グローバル・オーガニック・テキスタイル基準、FSC(森林管理協議会認証)、グローバル・リサイクルド・スタンダードあるいはリサイクル表示基準。

(VI)「衣類の価値をはかる:英国における服のデザイン、使用、処分の方法に関する真のコスト」Waste & Resources Action Programme(廃棄物・資源行動プログラム)、ページ5

(VII)パタゴニアは、製造する製品すべてを保証します。受領時に当社製品に満足いただけない場合、あるいは当社製品の機能に満足いただけない場合は、その製品を購入した店舗もしくはパタゴニアに返品し、修理、交換あるいは返金を行ってください。使用によって生じた損耗は適正価格で修理します。

(VIII)私たちは現在、Center for Resource Solutions(資源ソリューションセンター)にこれらの計算を検証依頼中です。同センターは、独自のグリーン・E・認証プログラムに基づく、再生可能エネルギーに関する評価の承認を専門とする外部企業です。

(IX)レポート: リジェネラティブ・オーガニック農業と気候変動–地球温暖化に対する現実的なソリューション(ページ2)、「簡単に言うと、世界各地で行った農業システムや牧草地試用から得られた最近のデータによると、私たちが『リジェネラティブ・オーガニック農業』と呼ぶ、広く利用可能で安価な有機管理の実践に切り替えることで、現在の年間CO2排出量の100%以上を隔離可能です。この方法は、一度土壌に戻った炭素の損失を最小限に抑えながら、炭素固定を最大化して、温室効果を逆転させます。」

(X)「カーボン・インセッティング」という用語は、企業のサプライチェーンあるいはサプライチェーン・コミュニティ内で行われる、オフセット基準によって検証されたカーボン削減プロジェクトと定義されています。

1% for the planet

1985年以来、パタゴニアは自然環境の保護、回復のために売上の1%を利用することを誓約し、これまでに総額1億ドルを超える寄付を、米国内外のそれぞれの地域で活躍する草の根環境保護団体に行ってきました。2018年11月に私たちは、気候変動の危機に取り組んでいる複数の組織に、トランプ政権による無責任な減税政策の結果発生した予定外の現金1,000万ドルを提供すると発表しました。今日までに、持続可能なエネルギーの未来を促進する運動に取り組んだり、気候変動によって最も深刻な影響を受ける人びとの権利のために闘ったりしている数百もの組織を支援してきました。


長年にわたって私たちは、パイプラインや有害な石油精製所と闘うグループや、気候運動の新しいリーダーを募るNGOを支えてきました。昨年、世界的な資金提供に加えて、気候政策やクリーンエネルギー経済への移行、気候正義の分野の、主に州、地方および地域における取り組みを支援するために、100万ドルを寄付しました。この中には、北米で今までに提案された最大の石油輸送ターミナル計画を打ち破るのに成功したスタンド・アップ・ツー・オイル連合のようなグループが含まれます。また、カリフォルニア・エンバイロメンタル・ジャスティス・アライアンス(CEJA)などのグループに投資し、CEJAはパタゴニアの資金を利用して、クリーンで再生可能なエネルギーの100%使用達成を掲げるカリフォルニア州法、SB100のような革新的な気候変動対策の成立を後押ししました。地域の環境正義をリードする人材を組織し、力を与えるために、オンライン上でクライメート・ジャスティス・リーダーシップ・プログラムを展開するエンバイロメンタル・ヘルス・コアリションなどの気候正義グループに資金提供しました。

ティンシェッド・ベンチャーズ

2013年に私たちは、事業を通して最も困難な環境問題解決に取り組む、志を同じくする責任ある新興企業の支援を行う内部投資部門、ティンシェッド・ベンチャーズを創設しました。ティンシェッド・ベンチャーズの目標は、企業が設立当初から環境への責務に深く専念しながら、同時に事業を成功することができると示すことです。


再生可能エネルギーへの投資に加えティンシェッド・ベンチャーズは、初期段階にある革新的技術を模索しています。これは、炭素排出量の多い慣行へのパタゴニアの依存を減らすためです。当社の製品に使用できるバイオベースの素材や化学物質、あるいは一般的な工業プロセスよりも少ないエネルギーや水を使用するプロセスなどの技術です。例えば、ティンシェッド・ベンチャーズの最初の投資は、ターサス・ソリューションズに対して行われ、水ではなく液体二酸化炭素を使用して原料や衣類を洗浄、加工する循環型の産業洗浄技術の開発に使われました。ターサスの技術は、一般的な洗浄加工に比べ、約35%少ないエネルギーを消費します。今日までにターサスは、11万ポンド(50トン)を超える温室効果ガスの排出を防いでいます。

将来のビジネスリーダーへの投資

過去3年間、パタゴニアとカリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスは、米国各地の大学院生を対象としたケースコンペティションを年に1度開催し、パタゴニアや私たちの地球が直面している現実的な課題に対する取り組みを参加者に問いかけています。過去のケースでは、耐久性撥水の品質と環境への懸念や、環境再生型有機農業の採用促進をどのように行うかが取り上げられました。2018年には、パタゴニアが2025年までにカーボン・ニュートラルを達成するにはどうしたらいいかを学生たちが検討しました。

アクティビズム

パタゴニアのミッションは、私たちの故郷である地球を救うことであり、アクティビズムはパタゴニアの哲学の中心です。私たちは自社のプラットフォームとコミュニティを活用して、人類とそのコミュニティを守る環境政策の支持を訴え、指導者の責任を問い、気候危機に対する行動を支援します。私たちは、他の企業と協力して強力な気候政策を要求する「革新的な気候・エネルギー政策を求める企業グループ(BICEP)」の活動的なメンバーです。


私たちは従業員の国際的な代表団をCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)に派遣し、そこで気候変動に関するパリ協定をはっきりと支持し、トランプ政権が協定から離脱する決定を下した後、直ちに「We Are Still In(我々はパリ協定にとどまる)」キャンペーンを開始しました。州政府および連邦政府に対してロビー活動を行い、その対象となる問題は、海洋掘削からのカリフォルニア沿岸沖の保護や、北極圏国立野生生物保護区の石油やガス開発からの保護、キーストーンXLやライン3、ダコタ・アクセス・パイプラインのような化石燃料のパイプラインプロジェクトへの反対など、多岐にわたります。私たちは、より強固な気候政策を求めて闘うために、米国内および世界各地で行われたあらゆる主要な気候マーチに参加してきました。

世界中でパタゴニアの従業員は、各地域の気候に関する闘いに取り組んでいます。30を超える新たな石炭火力発電所の稼働を推進する日本政府と企業の現在の計画への反対、グレートオーストラリア湾における深海石油掘削の停止、ヨーロッパの手つかずの川で、再生可能な電力であるかのような誤った見せかけのもとで継続的に開発されている水力発電に対する抵抗などです。


米国では現在、米政府を訴えて、私たちの公有地を守り、それらの希少な場所から化石燃料採掘のための事業活動をやめさせようとしています。また私たちは、地球と気候を守る政策、規制、役人および公職への立候補者の支援を表明します。

パタゴニア・アクション・ワークス

2018年に私たちはパタゴニア・アクション・ワークスを導入しました。これは、私たちが資金提供している組織の取り組みを応援し、パタゴニアが支援する非営利団体とコミュニティをつなげるためのオンライン・プラットフォームです。この構想は、行動を起こしたい市民と、彼らの才能を生かして大きな変化を実現できる団体を結びつけることを目的としています。「私に何かできる?」と、何年もの間、問いかけてくれた多くの人たちに対する私たちの答えです。


開始以来、パタゴニア・アクション・ワークスは17万を超える活動の支援をし、私たちの環境助成先団体に、延べで9,000時間を超える熟練ボランティアの手配をサポートしてきました。その結果、より多くの署名が集まり、より多くの寄付を受け取り、より多くの人がイベントに集まり、より多くの行動が可能になりました。

従業員の参加

パタゴニアの従業員は、自分たちの会社を気候に関する運動の責任あるリーダーとするための重要な役割を果たしています。彼らが職場や個人の生活で、それぞれのフットプリントを削減するための必要なツールを提供できるように、私たちも一丸となって協力し努力を行っています。年間を通じて、気候問題に取り組む非営利団体とともに講座を開き、従業員が地域社会に参加する機会を提供し、また、当社の「バイク・トゥ・ワーク」や「ゼロ・ウェイスト・ウィーク」を通して、低インパクトな生活を促進しています。

ベストプラクティスを共有

この闘いにはすべて人の力が必要です。そこで私たちは、直接の競合会社を含む他の企業と、独自の情報やベストプラクティスを共有します。私たちの事業は、世界のアパレル業界のごく小さな一部にすぎず、私たちだけでは気候危機を解決できないと分かっているからです。すべての答えを持っているわけではないことも分かっています。サスティナブル・アパレル・コーリションテキスタイル・エクスチェンジ、オーガニック・コットン・アクセラレーターなど、さまざまな組織を通じて、私たちが導けるところは導き、そうでないところでは学び、協調し、私たちの故郷である地球を救おうという決意を共有する人びととパートナーとなり協働しています。

よく使われる検索語