• 林 春奈

林 春奈

マーチャンダイジング/アシスタントマネージャー

STARTED AT PATAGONIA

2014年

LOCATION

神奈川県横浜市

林 春奈
「1年間の育児休暇中は1回もパソコンに触りませんでした。メールも見ないし、それこそ赤ちゃんと接していただけなので、復帰直後は言葉が出なくて困ったほど(笑)。今は2年目ですが、育児のために退社時間を早めてもらっています。すべてはそうした働きやすい体制のおかげだと感謝しています。ガッツだけではどうにもなりませんからね」
 

情熱を注いでいること:
娘の育児を含めた家族の生活と、仕事の両立。

好きなアクティビティ:
トレイルランニングとヨガ。ヨガはメンタル的にも助かっており、育児中の今、とても大切な時間です。学生時代はラクロスの選手として4年間を過ごしました。スポーツって、素晴らしい!

お気に入りのパタゴニア製品:
シンチラ・スナップT・プルオーバー。軽くて温かくて可愛くて、いつでもどこでも着ていられます。

パタゴニア入社までの道のり:
入社するまではアスレチックな大手スポーツブランド2社で、新卒から一貫してマーチャンダイジング(MD)畑ひと筋でした。その後、縁があってパタゴニアに履歴書を出しました。地元に近い鎌倉や葉山でアウトドアスポーツに親しむなかでパタゴニアを深く知り、自主性や遊び心あふれた独特のカルチャーに興味を持った結果です。

マーチャンダイジングとはどんな仕事?
基本的にはセールスとブランディングのバランスをみながら、商品構成を組み立てる仕事です。パタゴニア日本支社でいえば、グローバルの製品から日本で扱う製品を選ぶことから始まります。今の自分のポジションでは、日本の市場の中でそれをどう最適化し、ブランドの価値を上げつつセールスにつなげる品揃えにできるかを考えています。その過程で、営業部とマーケティング部との間に立ってバランスの調整役にもなっています。

パタゴニアに入って驚いたことは?
会社のミッション(社是)やコアバリュー(価値)のことを、みんなが情熱を持って真剣に語ること。この規模では、そんな会社はほかにないと思います。あとは、マニュアルなんてないほうがいいのかも、という感触がパタゴニアには随所にあります。役割分担されているようでされておらず、みんなで話し合って決めていく。一見、非効率なことをマジメに取り組む人たち。前の会社は真逆でした。効率第一主義で、トップダウンですべてが進む。でも、パタゴニアでは、ひとり一人がよく考えて工夫する。そこに力点が置かれているというか、それでみんなが良くなっていく。そこがいいんですよね、とても"らしい"なと思います。

責任あるポジションと子育ての両立で大事なことは?
すべてにおいて無理しないこと、まずは自分がハッピーでいること。言うは易しですけどね。子どもがまだ小さいので病気をしがちですし、急に休まなければならないことが多いです。そんなときに、チームメイトが常にフォローしてくれる。周りのスタッフたちにストレスを与えないためにも、体制作りはとても重要です。私の場合はそれがうまくいっている。上司含めたチームと会社に感謝です。家族あっての自分ですし、ありのままの自分で働けることがとてもありがたい。スタッフにも恵まれ、気づきもたくさんあるので、毎日が新鮮でとても楽しいです。