あなたの衣類はクリーンですか?

私たちが購入する衣類の隠されたコスト

  • 二酸化炭素ゼロ1760-1820 産業革命

  • 1940年代
    ポリエステル繊維がはじめて使用される

  • 1988年
    米国上院が地球温暖化についての証言を聴く

  • 1990年代
    ファストファッションの台頭

  • 1994年
    初の衣類のECサイト誕生

  • 2002年
    世界で1兆ドル相当の衣類が生産される

  • 2013年
    ラナ・プラザのビル崩落事故

  • 2015年
    衣類生産が1兆8千億ドル相当に到達

  • 二酸化炭素レベルは1850年の150倍以上に

  • 1850
  • 1890
  • 1930
  • 1970
  • 1990
  • 2010

気候危機宣言

化石燃料を燃やすことによって出る炭素の半分は、過去30年間に放出されたものです。毎年、アパレル産業は大気中に12億トンの温室効果ガスを放出しています。

浪費的な産業。そして、それはより悪化しています

買う。使う。捨てる。もっと買う。使い捨てのファストファッションは、デザイン的に無駄が多い。15年前と比較して60%以上、衣類を多く購入し、その衣類の使用期間は約半分です。*

*2000年から2014年までの個人消費と衣類生産を研究した2016年のマッキンゼー・アンド・カンパニーの報告書より

2000

2000年、米国の衣料品廃棄物は940万トン。

2014

2014年、米国の衣料品廃棄物は1,620万トン。

衣料品業界は気候危機の原因となる汚染の最大10%を占めています。

そしてその労働者は、世界で最も低賃金です。

グリーンウォッシングの問題

世界最大の衣料品ブランドは汚く無責任な慣行を隠蔽し、「持続可能性」、「グリーン」、「環境意識」などの言葉を誤用しています。

低価格、過度の消費と便利な文化

その果ては…

汚染、労働者虐待と浪費

団結すれば衣類が製造される方法を変えることができます

  • 排出量削減に向けてリサイクルを推進しています

    今シーズン、パタゴニアの生地の68%がリサイクル原料に由来します。リサイクル原料を使用することで、パタゴニアは年間の炭素排出を2万トン削減しました。これは2,300軒の家庭が1年間に使用する電力と同等です。

     

    リサイクルを求めましょう
  • オーガニックコットンを栽培します

    1996年以来、パタゴニアの製品ラインに使用されるバージン・コットン(私たちはリサイクル・コットン製の衣類も製造しています)のすべてが有害な化学薬品を使わずにオーガニックに栽培されています。オーガニックコットンを使用することにより、従来農法のコットンと比較して、水使用と二酸化炭素排出量を45%も削減します。

     

    オーガニックコットンを求めましょう
  • 食物と繊維の育て方を変えています

    私たちはリジェネラティブ・オーガニック慣行を通して、土壌の健康を向上させ、温室効果ガスの大気への排出を削減する方法に投資し、検証しています。

     

    さらに見る
  • 労働者を大切にします

    労働者の環境を改善することに献身しています。今シーズン、パタゴニア製品の3分の2がフェアトレード・サーティファイド縫製を採用し、66,000人の労働者に恩恵をもたらしています。

     

    フェアトレードを求めましょう
  • ギアの寿命を延ばします

    地球のためにできる最善のことは新しい衣類の購入を止め、すでに所有するモノをもっと利用し、消費を削減することです。パタゴニアのWorn Wearはまさにそのためのプログラムです。

自分の着る衣類がどのように作られているか知ってください

衣料業界は自ら変わりはしません。お気に入りのブランドにもっと多くを要求をすることは、衣料業界の浪費的な慣習を終結させる力があります。